« 今日のバラ⑩ | トップページ | 今日のバラ⑪ »

2012年5月24日 (木)

今だけの贅沢

12frenchenglish_02_2

午後、また風がすごく強くなってきてバラが煽られ始めたので、萎れてしまう前に早々

に切ってしまった。つぼみのまま咲かずに終わるよりいいと思う。

ナエマとイヴリン。

今季ナエマはブラインドの枝が多くて、ついたつぼみはたったふたつ。

たしかナエマは中輪くらいだったと思うけれど、この花はずいぶん大きい。

イヴリンはごくごく小さなつぼみだったのに、開いたらこんなになった。素敵ないろ。

それからこれもフレンチとイングリッシュ。

黄色にピンクの組み合わせってどうよ、と思うけれど、ジュード・ジ・オブスキュアとダ

ムドゥ・シュンノンソーには枝についた状態ではまともに咲いたことがない、というあま

り麗しくない共通点があるのでした。ビフォア・アンド・アフター、2枚続けて。

12frenchenglish_2

12frenchenglish_03_2

私の大好きなジェーン・オースティン。

このバラはステムが細いからどうしてもうつむいて咲いてしまって枝についている状態

ではお顔がよく見えないのです。シャーベット・オレンジとでも呼びたいような、色も姿

も香りも、ものすごくフレッシュな印象のバラ。

12jayne_austin_02

そして株の下のほうについていた小さな小さなシャンタル・メリュー。

小さくなっても花型は完璧!

12chantal_merieux_08

最後のバラはイングリッシュローズのスピリット・オブ・フリーダム。

すごく背の高くなるバラで、花びらの重ねが厚すぎるためか、このバラもおよそきれい

に咲いたためしがない。私のイングリッシュローズの中ではワーストに入る。それに、

どんどん伸びる勢いはあるのに、このお病気っぽい元気のない色。どうしたものでしょ

う。何がいけないのでしょう。喋れるものなら私に話してください、といいたくなる。

スピリット・オブ・フリーダム、なんて素敵な名前がついているのだから、輝くばかりの

自由さで咲いてほしいのだけれど。でもまだつぼみはいっぱい。

12spirit_of_freedom

毎年のことだけれど、この時期、朝起きたときからやることが多くて私はかなりへとへ

とです。いったんバラの開花にスイッチが入ったら、もうあとは次から次へと咲くので、

毎日の水やり、花柄摘みに支柱立て、木酢液散布、それから狭いところで服やら髪

やら帽子を棘にひっかけられながら鉢を動かしての写真撮影、撮った画像の処理。

たくさんありすぎてブログへのアップはぜんぜん間に合わないほど。

でも、お陰さまでこの時期は家の中じゅうバラだらけ。

唯一、切り花をまったく買わなくてもいい時期です。

これだけオールドローズやイングリッシュローズやフレンチローズをふんだんに飾れる

のは、バラを育てている者だけの贅沢だと思う。

1年でたった一度、5月の2週間くらいのわずかな間だけの贅沢ですけど。

私の手や腕はもうバラの棘でできた引っ掻き傷だらけでひどいことになってますけど、

「バラには棘があるから嫌!」なんていうのは、「猫は爪で引っ掻くから嫌!」というの

と同じくらい、ナンセンスってものです。

|

« 今日のバラ⑩ | トップページ | 今日のバラ⑪ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のバラ⑩ | トップページ | 今日のバラ⑪ »