« カフェ | トップページ | 今日のバラ⑨ »

2012年5月22日 (火)

イヴリンとアンブリッジローズ

12evryn_01

私のとっても好きな映画のひとつ、『セイント・オブ・ウーマン』のなかで盲目の退役軍

人のアル・パチーノは、盲目ゆえの感覚の鋭さで、自分の目の前に来た女性が使って

いる香水から、彼女が美人で優しい女かどうか、それに3サイズまでぴたりとわかって

しまうのだけれど、それがさしずめイヴリンやアンブリッジローズみたいな香りだったら

アル・パチーノじゃなくてもわかるだろうな、と思う。

先日の風が強かった日、いまや咲かんとしているイヴリンとフェアビアンカのつぼみの

上に洗濯物が落ちてきて、あろうことか花首が折れてしまった。それでしかたなく花瓶

に生けていたらいつの間にかイヴリンが咲いていた。数あるイングリッシュローズのな

かでももっとも好きな香りのひとつ。

それから先日、外出から帰って見てみたら、やっぱり折れていたアンブリッジローズ。

12ambridge_rose_09

リューカデンドロンをまんなかにはさんで、右が昨日咲いたので左が2日前に咲いたも

の。最初、なんともいえないアプリコットピンクで咲き始めたアンブリッジローズは、徐

々に退色して淡いピーチピンクになり限りなく白に近づいてゆく。その経過も美しい。

そして何よりこの素晴らしい香り!

さっき食卓で書きものをしていたらまるで薔薇園にいるようでした。

まさに一家にひと株のアンブリッジローズ。

今日は朝からずっと雨だから家のなかは暗いけど、我が家は家の中も外もバラの香り

でいっぱいです。

12rose_week_2

|

« カフェ | トップページ | 今日のバラ⑨ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カフェ | トップページ | 今日のバラ⑨ »