« 魅惑の猫ボックス | トップページ | 鎌倉ランデヴー »

2012年4月18日 (水)

いちご星人現る

12ichigo_jam

いつだったか自然食品屋のそら屋さんに行ったら、店長に「うちのホームペー

ジにそら屋◎倶楽部のことを載せていて、メンバーになるとメールでお得情報

が届くから登録したほうがぜーったいお得なのに、なんでみんな登録しないん

だろう」とぼやかれた。行こうと思えばすぐ行ける近所のお店のホームページ

なんかろくすっぽ見ないから、店長にそういわれるまで私はそんな倶楽部があ

ることすら知らなかったのだけれど、店長にそうぼやかれて家に帰ってすぐに

登録してみたら、やっぱりこれが便利なんですね。

そろそろお味噌の仕込みの時期だなあ、と思っていると大豆と米麹の入荷情

報が入ってくる。そら屋さんでは塩麹は扱わないのかなあ? と思っていると

そのメールがくる。それで先週は「加工用イチゴ1kg/500円始まりました!

今年も美味しくお買い得!」と入ってきたので、1キロ500円は安い! と

見るなり予約しました。このあいだオレンジのコンフィチュールを作って以来

次はいちごジャムを作ろうと思っていたところだったからなんてタイムリー♪

そして、月曜のお昼にダンボール箱持参で出かけて買ってきた、いちご2キ

ロとレモン2個。いちごを2キロも買ったのはこれが初めてだけど、想像以上

にすごい量です。(うちの一番大きいお鍋でぎりぎり。)

子どものころ、細くて小さくて弱くて食が細かった私は夕飯をお腹いっぱい食

べさせられた後に出てくる、ガラスの器に入って練乳ミルクがかかった山盛り

いちごが恨めしかった。できることなら、ごはんは食べずにごはん代わりに三

食いちごが食べたかった。それほどいちご好きの私だから、大きなボウルに

山盛りのいちごなんて、見てるだけでもう、しあわせな気分なのです。

さて、大量のいちごが手に入ったから、さっそくいちごジャムを作ろう♪

以下、私の覚書きのためのレシピ。

*****************************************************************

プレザーブスタイルのいちごジャムの作り方

 < 材料 >

  いちご        2キロ

  レモン        2個

  グラニュー糖    いちごの重量の50%

 < 作り方 >

 1.イチゴを洗ってヘタをとり、適宜水でゆすいできれいにする。

   傷んだ部分は取り除き、軽く水気をとっておく。

   (ヘタと傷んだところを取ったら2キロのいちごが1.7キロになった。)

 2.1のいちごの重さを量り、その半分のグラニュー糖を用意する。

   アルミ以外の鍋(あるいはボウル)にいちごを入れて、4分の1量だけ

   残して砂糖をまぶす。

   (ここでレモンの搾り汁も入れると、いちごがやわらかくなって水が上

    りやすいそうだけれど、私はペクチンの少ないいちごを固まりやすくさ

    せるために後からにした。砂糖を一気に混ぜないのも同様の理由。)

 いちごからたっぷり水が出てくるまで数時間、置く。

   (5~6時間放置しておいたけどなかなか水が上がってこなかったので

    鍋ごと冷蔵庫に入れて一晩置いたら、翌朝たっぷり水が上がっていた。

    これでOK!)

 3.鍋を火にかけたら強めの中火で煮始める。

    (この時点であたりに広がるいちごの甘い香り!!!)

    沸騰するとどんどんアクが出てくるので、丁寧にすくいとる。

    (ここで、ほんとに取っても取っても一気にどんどん泡が出てくるので

    ちょっと焦るけれど、ここで焦ってはいけない。ネットで見るとできる

    だけ強火で短時間煮るのがいちごの風味を損なわなくていいの

    最長でも20分以内、とかアクが残ると白っぽいジャムになってしまう

 とかいろいろ書いてあるけど、2キロのいちごともなれば煮詰めるの

    にはそれなりの時間はかかる。ここはじっくり落ち着いて。アクを取る

    のが間に合わなかったら火力を下げたりしながら丁寧にすくい続けれ

    ば、最後は驚くほど透明になってくる。

 残りの砂糖を入れて煮溶かし、レモンの搾り汁(種があるので茶こし

    で漉しておく)も入れて混ぜる。

  4.ある程度まで煮詰まってきたらジャムテストをする。

    水をコップに入れて、その中にジャムを一滴たらし、ぱぁーっとすぐに

    散ってしまったら固まらない。散らずに沈んでいくようならOK!

    (何度かジャムテストをして、完全ではないけどだいぶ重くなってき

 ところで火を止めた。この段階でゆるめでも、冷えると固まる。)

 5.鍋の火を止めたら、あらかじめ煮沸消毒しておいたガラス瓶などの保

    存容器にジャムが熱いうちに詰め、きっちり蓋をする。

    冷めたら冷蔵庫へ。

    (うっひゃあ~! できあがり~♪)

**************************************************************

そして、できあがったいちごジャムは、220グラムのボンヌ・ママンのジャム

6個分に、アオハタの小さいジャム瓶に半分。何やらいい感じです(^-^)

いちごがまるごとボコボコ入ったプレザーブスタイルのいちごジャム。

こんな大量に作ったのは初めてだけど、その割にはうまくいきました。

驚きなのは、いちごを煮ているあいだも煮終わった後も部屋じゅうがいちご

の匂いになったばかりか、鍋の前にずっと立っていた私まで全身いちごの

匂いになってしまったこと。もう部屋の中どこに行ってもいちごの匂い。

夜、バスルームで髪を洗おうと頭にシャワーをかけたら、ぶわっと立ち上る

いちごの匂い。すごいです。これじゃまるでいちご星人だー! ☆△○□

12ichigo_jam_01

それで、iいちごを煮ている間にアクをすくい続けると、どうしても泡だけじゃ

なくてエキスもすくえてしまうのだけれど、それも捨てるにはもったいないの

で、泡の部分だけ取って少しお湯で薄めてゼラチンで固めてみた。

ジャムを作った副産物でできたいちごのゼリー。

12ichigo_jam_04

すごくきれいな色!

そしてこれがまた、ものすごく濃厚で香り高くて、こんないちごゼリー食べ

たことない! ってくらいにおいしいんですよ。これはまたやってみたい。

すごく贅沢ないちごゼリー。

メレンゲと混ぜたらいちごのムースになる。

そして水曜の朝、さっそく出来立てのいちごジャムを食卓に。

12ichigo_jam_03

国産の有機いちごとレモンとお砂糖だけでできたいちごジャムは甘さもほど

よく、何より香りがフレッシュでおいしかったです。

「こんな贅沢ないちごジャムはないよ!」と娘。

トーストしたパンにつけても、プレーンヨーグルトにかけても。

本当は糖度30~40%くらいで作ろうと思ったけど、あんまり糖度が低いと

日持ちしないそうです。また、たいていの本やサイトには使う砂糖はグラニ

ュー糖と書いてあるけど、砂糖自体の雑味と色がなく、癖がなくキレイな色

に仕上げるにはグラニュー糖がいいけれど、そうでないなら、きび砂糖でも

なんでもいいらしい。この次は別の砂糖でトライしてみたい。

というわけで大成功のいちごジャム。

いつか友達がお母さんの家庭菜園で採れたブルーベリーでジャムを作って

持ってきてくれて、こんなのを作ると私もその友達に届けたくなってしまうけ

れど、彼女はいまアンタッチャブルだからしょうがない。

これだけあっても家で食べたり友達にあげたりして、意外とあっという間に

なくなっちゃうかもしれません。

|

« 魅惑の猫ボックス | トップページ | 鎌倉ランデヴー »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

いい感じに仕上がりましたね~♪
soukichiさんのお宅にお邪魔したい!
私は、ホームベーカリーでイチゴジャムを作っていました。
材料を入れるだけなので、簡単(笑)

今は、長男が製菓の専門学校に通っているので
ほぼ毎日ケーキの下地を作って持って帰ってきます。
デコレーションなし。家でデコレーションの練習しろってことでしょうか。
イチゴジャムを使うってのもありですよね。
サルサのイベントが終わったら、ちょっと考えてみますが
いい案があったら教えて下さい!

投稿: ノブタ | 2012年4月22日 (日) 00:52

ノブタさん、
ホームベーカリーに材料入れるだけ~?
さすがノブタさんちには文明の機器があるのね。
うちなんか超アナログですよ(^-^)
キッチン道具って買いだすとキリがないからなるべく買わないの。
広いノブタ家と違って収納場所もないし(^-^;

息子さん、製菓学校ですか。ちょっとびっくり。
私の親友の息子も料理学校に行ってましたよ。
それで、魚を三枚におろす練習をさせられてたときは常に冷蔵庫におろした魚がいっぱい! って。困ってました(^-^;
みんないろいろあるのね。

スポンジを使ったデザート、トライフルなんてどうでしょう?
スポンジをひとくち大に切ってガラスの容器に入れて、そこに生クリームとかヨーグルトとかクリームチーズなんかのベースのクリームに、果物やフルーツソース、ジャムなどを入れて作ったパフェみたいな冷たいデザートです。
イチゴジャムも使えます。
あとはティラミスに仕立てるとかね。

でも考えると、毎日のように作ってくるスポンジを消化するのにそんな高カロリーのデザートを作って食べていたら家族みんなしておデブになりそうなので、朝、焼いたソーセージとサラダと一緒に出してパン代わりに食べるとか?

投稿: soukichi | 2012年4月23日 (月) 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魅惑の猫ボックス | トップページ | 鎌倉ランデヴー »