« 花冷え | トップページ | 枝垂れ桜 »

2012年4月 8日 (日)

新しい花瓶とライラックと

12keino_glass

日々、生まれては消えてゆく色やかたち、感情 ・・・・・・

時折り、消えていかずにいつまでも滞ってしまう厄介な感情があって、

家族のあいだでぎくしゃくと気持ちが噛み合わない日。

そんな日も、いつもとおなじように花を束ねるのが仕事の花屋と

そんな日も、いつもとおなじようにごはんのしたくをするのが仕事の私と

陽はあるけれど風が強くて寒い日曜の午後の数時間を

いつもより少しぼんやりとすごす。

店の前にはまるで『スズメのなる木』とでもいいたいような木があって、

北風のなかでもたくましく元気なその小さなまるまるした姿にみとれる。

先日、娘のお祝いにいただいたkeino glass さんの花瓶。

見たときにこれには白と紫のライラックが似合うと思ったの。

それでさっそくライラックの花を2本買って、また北風のなかを自転車飛ばして帰った。

ちょうどJ-WAVEで『サウジ・サウダーヂ』の始まる時間で、ラジオから流れるブラジル

音楽を聞きながらお湯を沸かして珈琲をいれた。

新しい花瓶に生けたライラックは娘の机の上に。

シンプルなかたちのいい花瓶はいくつあってもいい。

大昔、結婚したばかりのころに渋谷の『アフタヌーン・ティー』で買った花瓶もまだ壊れ

ずに使っているし、10年以上も前にMちゃんからもらった花瓶もまだ愛用してる。

背の低い花瓶は食卓の真ん中に置くのにちょうどいいから、この花瓶は娘にときどき

貸してもらうつもり。

Rさん、ありがとう *

12keino_glasss_01

|

« 花冷え | トップページ | 枝垂れ桜 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花冷え | トップページ | 枝垂れ桜 »