« 夏のはじまり | トップページ | 眠るための石 »

2012年4月25日 (水)

MANI@ベルベットサン

12mani_2

昨日はすごく変な日だった。

おとといまでの寒さから一転、夏の始まりを感じさせるような気温になって、今日は絶

好のライブ日和♪ とハッピーな気分でいたら、完全に頭がおかしくなってしまったと

しか思えないイカレたメールが入ってきて騒然。数行メールを読むなり、これはヤバイ

と思ったけれど、人間の好奇心てヤツはどうにもならなくて、気味悪いと思ったものか

ら目が離せなくなる。しばらく息子とその話でもちきりになった。

先月だったか、ヤフーを開くたびにオセロの中島のニュースが目に飛び込んできて、

うちはほとんどテレビも見ないしお笑い芸人にもまったく興味がないにもかかわらず、

事の次第を逐一追わざるを得なかった。あれもほんとに気持ちの悪い事件で、3.11

以降、東京は長引く不況に追い打ちをかけるようなさらなる閉塞感が続いているから

これからこういう魑魅魍魎、というか、頭のおかしな人が増えるんだろうなと思ってい

たら、こんな身近なところでこういうことが起こるとは。

それほど長文ではないそのメールの途中から一気に崩れてくる混乱ぶりの激しさは

文体にも顕著で、こういう言い方がすごく不謹慎なのはわかっているけど、物書きの

視点で見るとこういう本当に頭がおかしくなってしまった人がおかしくなった直後に書

いた文章を見たのは初めてだったから、すごくリアルで、ある種、興味深かった。

とはいえ、いくら他人のこととはいっても文面からして本人はそうとう逼迫した状態に

あるようだからただ面白がっているわけにもいかなくて、仕事の合間に唯一知ってる

関係者に連絡をとったり、やりとりしているあいだにすっかり夕方になってしまった。

そのゴタゴタでライブ気分はどこかにすっ飛び、なんだか疲れてきて、いつものごとく

行くのやめようかと思ったけれど、いやいや待て待て、行くと決めからには行かねば、

と気合いを入れて家を出れば、出るときは晴れていたのが荻窪駅に着くなりひどい雨

だ。おまけに初めて行くライブハウスでなかなかたどり着けズ。


・・・・・・ というわけで、そんな変な日に行った荻窪ベルベットサン、MANIのライブ。

結果から先にいってしまうと、やっぱり行ってよかったです! (^-^)

この、前からいちど聴きに行きたいと思っていたMANIは、竹内直(sax)、市野元彦(g)

田中徳崇(ds)の3人からなるバンドで、バンド名となったMANIは直さんの提案でチベ

ット仏教のマントラ、「Om Mani Padme Hum」(オム・マニ・ペメ・フム)からとられたもの

だそう。ちなみにマニは宝珠、宝石を意味する。こんなところも直さんらしいなと思う。

昨日は悪天候だったのと、まだリニューアルしたばかりで認知度が低いライブハウス

だったためかお客さんがとても少なくて、そのせいというわけじゃないだろうけど直さん

のMCの声が小さくてほとんど聞き取れなかったので曲名なんかはわからなかった。

そのなかで私の印象に残ったのはチャーリー・ヘイデンのパッショナータという曲(こ

れも定かじゃない)と、今日初披露でまだ曲名がついてないという直さんのオリジナル

曲、それから最後にやった、これも昨日初めて聴いたオリジナルの『セラフィナイト』と

いう曲。シンプルに感想を書くと、ギターが入るとやっぱり音が複雑になって面白いよ

な、という。ギターだと点で置いても音が面となって途切れ目なく波紋みたいに幾重に

も広がっていくし、とくに市野さんの音はとても色彩豊かでイマジネーティブだから。

その複雑な色のなかでひたすら黙々と変幻自在のリズムをやすやすと叩きだす若い

田中さんのタイトな音、いつもよりフリー寄りのアプローチでじっつに自由にやっている

直さん。それを聴きながら、やっぱり直さんは自由にやりたい人なんだなあと思った。

三人三様、自由にやっててもぐちゃぐちゃにならないのはそれぞれが高度な技術を持

ってて三位一体の音になっているからだと思うけど、その入り混じった音の中から立

ちあがってくるようなサックスとギターによるユニゾンのメロディーがものすごく美しかっ

た。そして最後にやった『セラフィナイト』。

セラフィナイトって、天使の羽みたいな模様がついた深い緑色の石なのだけれど、石

の名前がついた直さんの曲はこれで何曲めになるんだろう。石の名前がついた曲は

ぜんぶいいから、私は直さんてよっぽど石が好きなんだなあ、と思うのです。

その最後の『セラフィナイト』で直さんの音は突き抜けるように気持ちよかった!

それを聴きながらものすごく直感的に、月も牡牛座に入ったことだし、これからのひと

月は気持ちよさを追求する月でもいいかもな、と思ったのでした。あるいは仕事でも

プライベートでも徹底的に気持ち悪さを排除していく月、とかね。いいと思う。

休憩のあいだに話した直さんによれば、このバンドだと、やっててどうなるかわからな

いところがスリリングだよね、と。

まだまだこれから自在に変容していきそうな未知数のMANI。

直さんのほかのバンド同様、これからも追っていきたいです。

それにしても昨日はハラヘリマシター! な夜。

知らずにバタバタ出かけて行ったのだけれど、ベルベットサンはチャージに1ドリンク

付きで後はドリンクのみのライブハウスだった (>_<)

最初にお店の若いお兄さんに聞いたら「なんだったら隣りにコンビニありますから、お

腹空いたら何か買ってきてここで食べてもいいっすよ!」だって。

ライブがハネた10時半に、そうだ荻窪商店街の入口にたしかロイヤルホストがあった

はず、と思って行けばもうすでになくなってるし。けっきょく空腹のまま、よたよたと電車

に乗って帰ってきたのでした(涙)

ここも上町63と同じく、ライブの前にごはんをすませていく店。

|

« 夏のはじまり | トップページ | 眠るための石 »

no music,no life!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏のはじまり | トップページ | 眠るための石 »