« 春の嵐 | トップページ | 春をよぶ鳥、デビュー »

2012年3月31日 (土)

コンフィチュールとオランジェット

12confitureorangette_03

おととしだったかな。

和歌山から無農薬・ノーワックスの清見オレンジを箱で買ったらとっても香りがよくて

ジューシーで甘くておいしくて、皮もきれいだったから、食べたあとの大量の皮を見な

がらただ捨てるにしのびなく、何かに使えないかと検索していてみつけたオランジェッ

トの作り方。子どものころは砂糖漬けのフルーツピールってどこがおいしいのかよくわ

からなかったけれど、いつぞや年配の女性から海外旅行の土産にオランジェットをい

ただいて、初めてそのおいしさを知った。オレンジの香りとビターなチョコが織りなす

ほろ苦い大人の味。

以来、オランジェットはある種憧れのお菓子だけれど、それが家でも作れると知って

いちど作ってみたいと思ってた。でも、さすがにけっこうな手間と時間がかかるので、

清見オレンジのときはそこまでするには至らずに、皮を天日干ししてお風呂に入れる

にとどまった。今回はちょうどタイムリーに手頃なボリュームのネーブルオレンジが手

に入ったので、実験的に作ってみることにしました。

以下、作り方。今回使ったのは小さめのネーブルオレンジ5個です。

*****************************************************************

● オレンジのコンフィチュール

≪ 材料 ≫ 

  ネーブルオレンジ 5個(の果実の部分だけ)

 グラニュー糖    果実の重さの30%

 レモン果汁     大さじ1

≪ 作り方 ≫

①まずネーブルオレンジをよく洗って拭いたら四つ割にして皮をむく。

②中身の果実の薄皮も包丁で丁寧にむき、できるだけ果実だけになるようにして

 ざく切りにしてボウルに入れて重さを量る。

③小さめの琺瑯かステンレスの鍋(アルミ鍋は避ける)に、②と果実の重さの30%

 のグラニュー糖を入れて中火にかけ、水分が出てきて沸騰してきたら弱火でかき

 混ぜながら焦がさないように約30分ほど煮詰める。(煮詰めているあいだに薄皮

 がはがれて白く浮いてくるので私は食感重視で取り除きました。)

④好みの濃度になったら火を止め、レモン果汁を入れてかきまぜる。

 冷めたら消毒済みの保存容器に入れて、できあがり!

*****************************************************************

オランジェット

≪ 材料 ≫

 ネーブルオレンジ    5個(の皮の部分だけ)

 グラニュー糖       皮の重量と同じ量

 ブラックチョコレート   適宜(今回は明治の板チョコ2枚分)

 (あれば)ブランデー   少々

≪ 作り方 ≫

①コンフィチュールを作ったときよりは大きめのステンレス鍋にオレンジの皮とたっぷ

 りの水を入れ、火にかけて沸騰したらザルにあげる。

 これを3回繰り返してアクをとる。

②皮の重量を量り、同量のグラニュー糖を用意する。

③鍋にオレンジの皮と3分の1量のグラニュー糖を入れ、ひたひたになるくらいの水を

 入れて火にかけ、砂糖を完全にとかす。

④③が沸騰したら20分くらい煮て火を止め、2時間冷ます。

⑤2時間たったら、さらに3分の1量のグラニュー糖を入れて20分煮て2時間冷ます。

   だんだん水分がとんで煮詰まってくるので鍋をゆすって焦がさないように。

12orangette

⑥また2時間たったら残りの砂糖をぜんぶ入れ、焦がさないように煮詰め、白く砂糖の

 粉がふいてくるまで鍋をゆすりながら水分をとばす。

12orangette_01

⑦できあがったらバットなどに移して冷ます。

 何度も分けて砂糖を加えるのは、一気に入れると浸透圧で皮が固くなってしまうそう

 で、面倒でも丁寧に少しづつ砂糖を加えればやわらかく仕上がるそうです。

 これはバットに移して翌朝の図。

12orangette_02

レシピによってはここから3日間かけて天日干しにする、というのもあったのだけれど、

うちの場合ベランダに出しておくとありんこが来そうだったのでやめてこのまましばらく

置いておきました。ここまででオレンジピールのできあがり!

オレンジの皮を煮たあとは部屋じゅうオレンジのいい香り!

そしてオレンジピールはこのまま食べてもすごくおいしくてびっくり!

レシピを書いてくださった方が的確だったせいで、初めての私にもとてもうまく作れま

した。白く砂糖のこびりついた鍋は、今朝それでお湯を沸かして朝の紅茶を入れまし

た。ほのかにオレンジのフレーバーのするあまーい紅茶。

そして、ここからがオランジェットの作り方。

⑧できあがったオレンジピールを食べやすい細さに切る。

⑨ブラックチョコレートを細かく刻み、小さいボウルなどに入れて湯せんでとかしたら

 好みでブランデー少々を混ぜる。

⑩オレンジピールを⑨のとかしたチョコレートにつけてラップかオーブンペーパーなど

 に並べて、固まるまで待つ。冷めて固まったらオランジェットのできあがり!

12orangette_03

できあがったオランジェットは想像以上のおいしさで(わたくし、お菓子作りの才能は

あまりないほうだと思っておりまして)、またまたびっくり!

もちろん、サダハル・アオキのオランジェットなどとはくらべようもないでしょうけれど、

近所のパティスリーで買うくらいだったら自分の作ったのでいいやと思えるくらいのお

いしさなのでした。珈琲にも紅茶にも合う味。しかも、かなり廉価で大量にできる!

きれいにラッピングしたら甘いもの好きの友達へのちょっとしたプレゼントにもよさそ

う。それなりに手間と時間はかかるけれど根気以外はとくにテクニックもいらない(な

んたって私にもできる!)から、一度はトライしてみる価値ありのオランジェットです。

|

« 春の嵐 | トップページ | 春をよぶ鳥、デビュー »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の嵐 | トップページ | 春をよぶ鳥、デビュー »