« 鳥カゴの中の鳥は? | トップページ | はじめの一歩! »

2012年3月23日 (金)

新月の夜にシリコンスチーマーでマフィンを作った。

12silicone_steamer

私の友達はトレンドウォッチャーでスノッブな人が多いから、どこの何かおいしいとか、

そういった情報にとても詳しい。

かくいう私は、トレンドに疎いほうでもないし、おいしいものを食べるのも好きだけれど

どちらかというと食べることは二義的なことだから、仕事上でもプライベートでも誰かと

食事をするということになって初めてどこにしようかと考えるタイプ。だから、それがス

ウィーツのことだったりパンのことだったりすると全然しらないし、わざわざどこかに買

いに行ってまで食べたいという欲求もない。並ぶのも嫌いだし。

そんな私がなぜたまに家でお菓子を作るのかといえば、それはもう子どものころから

の好奇心とチャレンジ精神でしかない。お菓子が食べたいからというよりも、『とにかく

見たい・知りたい』のドナルド・キーンさんじゃないけれど、『とにかくやってみたい・作

ってみたい』の。ある種こどもみたいな実験精神のみ。

それで、いつも突然思い立って始めるので失敗もするのだけれど、あんまり凝りない。

それも仕事じゃなくて遊びだからっていうのもあるけれど、そうそう最初からうまくいく

わけないよね、とも思ってるので。娘には「こういうおかあさんがいてよかったね。なん

でも一発でうまくやっちゃうおかあさんだったら、自分でやって失敗したとき落ちこむじ

ゃない。こういうおかあさんだったら自分が失敗したときも「おかあさんだって失敗して

たんだし」って思えるしね」などといってみる。いやいや、これは詭弁でもなんでもなく

て、私自身の経験からです(^-^;

それで、保存食のカゴの中にずいぶん前から気になっている消費期限切れ(ただし、

粉類に限っては未開封ならたいていの場合OKとのこと)の上新粉があって、そこに

パスコのシリコンスチーマーが届いたから、もう夜も新月に突入しようというころに思

い立ってマフィンを作ることにした。

まず、パスコでもらったリサとガスパールのシリコンスチーマーはこんなの。

12silicone_steamer_02

真っ赤で、小さなお鍋みたいなかわいいかたち。

私はポイント貯めたりシール集めたりするのも実は苦手なんだけれど、なぜかパスコ

のプレゼントキャンペーンだけは毎度のように応募する。で、いままではエコバッグだ

ったけれど、このキャンペーンのときばかりはひたすら朝食にパスコのパンばかり食

べて最低3つはもらう。もちろん、そんなにしても自分で3つは使わないのでどうするか

というと、友達にあげるんですね。朝食がパンじゃなかったり、もっとリッチなベーカリー

のパンを食べてる友達には喜ばれる。 ただそれだけのために馬鹿じゃないの、と自

分でも思うけれど、ま、自分にはそんなことが楽しい近所の気のいいおばちゃん的な

ところがあるわけで。

上の図が折りただんであるのをのばしたところで、A4の封筒にはこんなふうにコンパ

クトにたたんだ状態でレシピとともに送られてくる。

いわく、good morning なジャムのレシピ3種とおかずのレシピ2品。

12silicone_steamer_03

でも、このレシピはあくまで参考までにすぎない内容だったので、さっそくネット検索で

探したレシピを少しアレンジして作ったのが一番上の写真のブルーベリー・マフィン。

実はこれ、参考にしたレシピの分量が多すぎて、2回に分けてもレンジだと膨張しすぎ

になりそうだったのでレンジはあきらめて蓋を開けたまま180度のオーブンで焼いて

みた。冷蔵庫で冷やして食べたほうがおいしいというので、これは一晩たって今朝、

切り分けたところ。

12silicone_steamer_01

上新粉は小麦粉ほどふくらまないということだったけれど、どっしりした感じ。

作りながらこのレシピのバターは多すぎるんじゃないかなあと思ったとおり、バターた

っぷりでこれはこれでおいしいけれど、ちょっとバターが多すぎて重い感じ。

ちょっと粉っぽい感じもするし、すごーくおいしいという感じではない。

・・・・・・ というわけで、まだまだ試行錯誤が必要なよう。

今回のレシピはここにアップするまでにはいたらず、お蔵入りになりました。

ま、新月パワーをいただいたってことで。

そして新月といえば今朝のんだとっておきのお茶はこれ!

これ前にも載せました。

観音蓮の花茶。

12kannonhasu_01

見てるだけでも不思議だけれど、このお茶を作るために蓮の花が咲くころにだけ沼に

舟を漕いで行って、ひとつひとつ手摘みで収穫してくる人がいると思うと不思議です。

私の頭に浮かぶ風景は中国というよりはベトナムなんですけど。

こんな干からびたような蕾がお湯を注ぐと開いてちゃんと蓮の花になる。

12kannonhasu

そのお味は「おいしい」というのでもないけれど、滋味あふれる味とでもいうのか。

やっぱり不思議な味。

そして不思議といえば、この花はお茶をだした後もパワーがあるというので、数年前

に元気のないバラ(コンスタンス・スプライ)の根元に埋めたら、ほんとにその春から

もりもり新芽が出てきて元気に葉が茂ったのでした。びっくり。

エネルギー的なことは信じない、という人は別にそれでいいんですけれど、私は些細

なことでも日常的にその凄さを感じているし、信じる。

ということで、今年はこの花はガン病になったヘリテージの根元に埋めました。

ヘリテージよ、観音パワーで元気になあれ!

|

« 鳥カゴの中の鳥は? | トップページ | はじめの一歩! »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥カゴの中の鳥は? | トップページ | はじめの一歩! »