« 根頭癌腫病 | トップページ | 龍年最初の新月の夜に☆ »

2012年2月21日 (火)

貴重な晴れの日にコガネムシの幼虫と遭遇!

12jude_the_obscure

昨日に引き続きバラの病虫害の話。

今日は貴重な晴れの日だというから、今日も仕事の合間を縫って、たくさんあるバラ

鉢の中からパッと見てこれはどうしても植え替えが必要だと思うものだけ数鉢を植え

替えしようと、ジュード・ジ・オブスキュアの根元を引っぱったら、力を入れて引っぱる

間もなく簡単にずるっと抜けて驚いた。

下は植え替えして1年経ったラ・フランスを鉢から引っこ抜いたものだけれど、1年間

順調に成長するとこんなふうに鉢底までいっぱいに根がまわって、鉢のかたちに土が

抜けるのがふつうなのです。

12la_france_2

それがジュードは上の状態!

根はすっかり食害されて、もはや風前の灯。

これは、と思って引っこ抜いた後の鉢を見れば、丸まったコガネムシの幼虫がうじゃう

じゃいるではないか!!!

キャー! と思わず叫んだら飛んできた下の子、パッと見るなり「うわっ!」と後ろに飛

びのいた。うちの人たち、このハハよりずっとヤワで大の虫嫌いなのだった。

あー、昨日に引き続きショックだー! と嘆くことしきり。

バラを二十年近くやっていて、コガネムシの被害に遭うのもこれが初めて。

でもショックだといってばかりいてもしかたがないので、うじゃうじゃ虫のいる培養土は

ビニール袋にぜんぶ捨て、気を取りなおしてジュードは昨日同様スペシャルな土に植

え替えた。そしてさらに。

もうひとつ元気がなくてあやしいダム・ドゥ・シュノンソーを鉢から引っぱりだしたら、ジ

ュードほど根が食害されてはなかったものの、やっぱりコガネムシの幼虫がゴロゴロ。

ああっ、それであんなに花つきも葉の状態も悪かったのね ・・・・・・・ (涙)

と思いつつ、たまたま勘だけでチョイスした両方の鉢からコガネムシが出たってことは

他の鉢もなんじゃないの? もしかして全部? すでに癌腫病に汚染された別の鉢も

あるとか ・・・・・・・ と、考えだしたらキリがなく、バラどころか私のほうが一気に元気

がなくなったのでした。

こんなこともあるから、やっぱり年に1度の植え替えはどんなに大変でも必須かなあ?

|

« 根頭癌腫病 | トップページ | 龍年最初の新月の夜に☆ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

そうきち様
 姿かたちは可愛いがいたずらが過ぎるコガネムシ君にはこの際、静かに眠りに就いてもらいましょう。
大事にしているバラの花を住み家にするコガネムシ君、覚悟したまえ。

不法侵入罪で処罰するには鉢の土の部分を覆う等の方法が有るみたいですよ。(http://www5a.biglobe.ne.jp/~unyako/koganemusi.htm)

我が家の無花果がカミキリ虫軍団の襲撃を受け枝がボキボキと折れ(まぁ適当に剪定が出来て風通しがよくなったと妻は喜んでいましたけれどね)無残な姿に
その上、木の中に住み家を作って無花果そのものを占拠。
対策は、地上からカミキリが木の上に登れないように虫よけ金網の取り付けと飛来してくるカミキリ軍団には老眼を光らせ鋏片手にでカミキリを見つけてはチョッキと処罰。
木の中の幼虫は千枚通しでホリホリ退治です。まぁ、コガネムシとカミキリは違いますが・・・・(農薬の使用は嫌ですからね)

そうきちさん
綺麗なバラの花がアップされる日を楽しみに待っていますヨ~

投稿: 味噌部員3号(ユキさん) | 2012年2月23日 (木) 22:09

そうきちさん
 
鉢を水につけて土の中に眠るコガネムシ君たちを静かに眠らせる方法もあるそうですよ。この方法なら植え替えは必要ないと思います。

投稿: 味噌部員3号(ユキさん) | 2012年2月23日 (木) 22:14

ユキさん、ありがとう!
実は幼虫を見つけたときはてっきりカミキリムシだと勘違いした私ですが、そうだ、カミキリムシの幼虫は茎のなかにいるんだった! と思い直したのでした。
なんたって去年の夏にバラの木にでっかいカミキリムシがいるのを見つけて思わず悲鳴をあげたものですから。
そのカミキリムシはすぐに割り箸でつまんで4階のベランダから外へポイしましたけど。
カミキリムシも久しぶりに見ると迫力の風貌でちょっとビビリますね(^-^;

う~ん、コガネムシの幼虫、私も対策はいろいろ見たけど、どうしようかなあ。。。
とりあえず今年は鉢の上にオルトランを撒くのが1番簡単かなとか思ってます。
撒いとくだけで土の表面に上がってきて死ぬそうです。
想像するとちょっと気持ち悪いですけど。

鉢ごと水に漬けるのは、いまの時期は根ぐされしそうでやらないかな。
1年に1回、いい土なら2年に1回でもいいそうですけど、やっぱり鉢植えの場合は植え替えて養土を新しくするのがベストなんだとは思います。

投稿: soukichi | 2012年2月25日 (土) 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 根頭癌腫病 | トップページ | 龍年最初の新月の夜に☆ »