« 通院日記② | トップページ | 祝 ♡ 成人 »

2012年1月 7日 (土)

新年最初の逢瀬はTetosioで。

12tetosio

昨日、電車に乗っているときに電話をくれたのはTeruちゃんだった。

去年の暮れに私に送ってくれると言っていたものがあるのだけれど、彼女がやっぱり

直接会って渡したいと思って、と言うので、だったら会おうよ、ということになった。

なんたっていつでも忙しい人なので、こんなに立て続けに彼女に会えるのはめずらし

いこと。こいつぁ、春から縁起がいい♪

場所は彼女の最近のお気に入り、ルミネのTetoshioで。

ここ、前からTeruちゃんから聞いていて一度来たいと思っていたのだけれど、店の雰

囲気はおよそデパートの中とは思えない、落ち着いた高級和食店のようなムード。

といって、堅苦しさはまるでなくていたってカジュアルな雰囲気だ。

Teruちゃんの希望で通されたのは、奥の靴を脱いで上がる座敷のコーナー。

黒塗りの板座敷、それに4人掛けの四角いローテーブルに座椅子、というスタイリッシ

ュな空間。またこの座椅子が、背もたれの傾斜のし具合とか、すごく座り心地がいい

んですね。一気にくつろいでしまった。

前に『美の壺』の『昭和のモダン家具』で、和室、畳の部屋に合う椅子のことをやって

いてとても素敵だったのだけれど、年をとって足腰が弱くなったら畳に正座、よりも洋

室に椅子、よりもこの低い座椅子がいちばん楽ちんでいいんじゃないかなあ、なんて

思った。これは父にもいいかもしれない。

そして今日、私たちが頼んだのは海鮮丼のランチ。

12tetosio_01_2

何を食べても上品な薄味でとてもおいしかったけれど、中でもおいしかったのが、お膳

の右上にある小鉢で、これ、ゆでて裏ごししたカボチャにクリームチーズとマカデミアナ

ッツが入っていて、すごく新鮮な味。これはちょっと自分でもやってみたいなあ、と思っ

た。それから、その隣りの小鉢はデザートで、お豆腐のブラマンジェ、黒蜜がけ。

この和のスイーツも甘すぎず淡白過ぎず、コーヒーに合う味。

これに食後の飲み物がついて1260円。

量的にも味のバランス的にもちょうどいい、充実のランチでした。

このところ友達とする食事にまったくハズレがなくて、毎回おいしいのが嬉しい。それ

も志向と嗜好が合った友達ならではと思う。いつもひとりで出かけるとたいてい私はか

なりの早足で息つく間もなく目的から目的へ移動するだけで、お一人様どころかお茶

もしないで帰ってきてしまうから、友達とのこんな時間ほどありがたいものはない。とく

にこのTeruちゃんはまったく人目を気にするタイプじゃないので、私が今日はいつも以

上に首こり・肩こりが酷いと言ったら、首・肩を指圧してくれるわヘッド・マッサージをや

ってくれるわ、お座敷をいいことに立ちあがって体操を教えてくれるわですごかった。

私も少々髪がめちゃくちゃになろうが気にせずやってもらった。最後にしばらく手を揉

んでくれたのだけれど、そういえばこの人は母の危篤のときにも病院にやってきて母

の足揉みをしてくれたんだよなぁ、と思いだした。自分だって疲れて目が充血してたり

するのにね。なんというか、すごい人です。

今年は彼女との仕事が成ることを祈る!

・・・・・ というわけで、しばしてるてるパワーを充電したあと、寒風吹きすさぶなか副都

心のビルの間を歩いて私はまた病院へ。

今日は父はTVをつけて片耳にイヤホンをしたまま眠っていた。

私が行くとすぐに気がついて目を覚ましたけれど、なんだかまだ眠そうであった。

今日は朝からちゃんとごはんも食べられたらしい。

ごはんがちゃんと食べられたらひとまず安心だ。

私が行ってほどなくしたら妹が来たので、Teruちゃんからもらった『めでたし玄米麺』を

渡した。父が早く家に帰っておいしいごはんを食べられますように!

|

« 通院日記② | トップページ | 祝 ♡ 成人 »

今日のおいしいもの♪」カテゴリの記事

コメント

おやまあ、soukichiさんも病院通いですか 
私の方は、父が脳梗塞で11月に危ない状態まで行きましたが回復し、
今はリハビリ病院で頑張っています 
高次脳機能障害で言葉を失って、少し両方の手足に麻痺があります。
主治医の先生の話では、どこまでが脳梗塞の後遺症か認知症かの区別が難しいとのことです。
それでも、毎日できることが増えているのが救いです。
2カ月経って病院通いの生活が日常として定着し、気持ちにゆとりが出てきました 

投稿: elm | 2012年1月 9日 (月) 03:05

elmさん、
なんていうか、生きてるとみんなほんとにいろいろあるね。
そんななかでお父さんの看護をしながらこの拙ブログを読んでくれて、ウィンクマークを付けられるelmさんはすごい!
私なんかとりあえず今回の入院は期限があるからやれることで、無期限になったらやれるかどうかわかりません。
これから出張はあるし、プレゼンは書かにゃならんし、仕事の資料は読まなきゃならないし、こどものこともあるしで、いくら自分の父でも父ひとりのことだけ考えてるわけにはいかない。退院後の療養生活のことを考えると、いったいどうしたもんかなぁ、と今から悩めるところなのにね。えらいなあ!

でもここにもいつも書いてる通り、女はひたすらまわりにエネルギーを放出するだけの存在だから、自分がエネルギー切れしないように、たまには自分にもエネルギーをチャージすることをしてください。
おいしいものでも、仲のいい友達との束の間の時間でも、なんでもいいから。
私の家族を見ていると、病人の家族の看護をしているうちに看護してる本人が病気になる、というのがパターンなのね。
elmさんもくれぐれもそうならないように!
お父様の病状に光が見えてくることを心からお祈りします

投稿: soukichi | 2012年1月10日 (火) 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通院日記② | トップページ | 祝 ♡ 成人 »