« Julia | トップページ | アンドルー・ワイルの『癒す心、治る力』 »

2012年1月 3日 (火)

めでたし玄米麺と発芽玄米もち

11genmaimen_01

去年の暮れに10年ぶりに家に来てくれたTeruちゃんが、レインボータルとともに持っ

て来てくれたのは『めでたし玄米麺』。

一見、太い輪ゴムみたいに見えるけれど、栄養豊富な玄米を使った米麺で、小麦粉

をぜんぜん使用していないので小麦アレルギーの人にも食べられて、ふつうの玄米

が食べられないという人にもおいしく食べられるという。

特徴は、同じ米麺のビーフンやフォーと違ってコシが強くてもちもちした食感があるの

と、ゆで伸びしないこと。半生麺なので調理時間が短いこと、などなど。ただ、玄米独

特の風味があるため、人によってはそれが駄目だということもあるから、とりあえず試

しに食べてみて、ということだった。

さっそくいただいた日の夜に2食をおかめ蕎麦にして食べたところ、ふつうのお蕎麦と

違ってすごく弾力があってもちもち・つるつるしている。たしかに時間が経ってもぜんぜ

ん伸びない。麺自体にはちょっと珈琲のような、ほうじ茶のような独特な風味があって

私はそれもおいしいと思った。ただ、Teruちゃんは玄米を食べない私の父にいいんじ

ゃないかと言って持ってきてくれたのだけれど、麺の袋にゆで時間が書いてなかった

ので適当にゆでたら私のゆでかたはお蕎麦としては気持ちアルデンテ過ぎて、80の

父が食べるにはちょっと固いかな、という感じだった。翌日、こんどは余った1食で蕎

麦のペペロンチーノを作ってみたら、これはすごくおいしかった! 

ペペロンチーノはゆで汁を入れてソースを作るから麺の風味が生きるし、昨日より麺が

やわらかくて食べやすい。もしかしたらこれはパスタで作るよりおいしいかも。

麺のやわらかさは微妙なゆで時間しだいなのだと思う。

11genmaimen

この玄米麺、原料の玄米には福島県いわき産の玄米を使っている。

先日のレインボータオルはコストと手間がかかりすぎるため再生産は不可能でほとん

ど利益の出ない仕事ということだったけれど、これはこれで商売というよりは福島の支

援のためにやっていることらしい。おいしくてからだに良くて、食べて支援になるとすれ

ば、そんなにいいことはない。私がもらったのはビニール袋に入った実用的なものだっ

たけれど、実際のめでたし玄米麺はきれいにラッピングされたギフトに最適なもの。

Teruちゃんによれば、「MEDETASHI」(めでたしとは、不安な気持ちを明るくハッピ

ーにさせてくれる「めでたし」という音の響きとともに、めでたい気持ちになってほしい

という想いがこもったブランド名、とのこと。

今の日本で、新しい年が明けたからといってノー天気に「めでたい」という人もそうそう

いないだろうし、先行き不安が何もないという人のほうが少ないだろうけど、でもいま

無事にあることを心から感謝して、新年くらい素直にそのことを寿ぐのもいいのではな

いかと私は思う。

・・・・・ というわけで、そんな新年のささやかなお福分けに、この『めでたし玄米麺』は

いかがでしょう?

そして、下はいつか国連大学前のファーマーズ・マーケットで買った発芽玄米もち。

11genmai_mochi

2回前を通ってどうしても気になって買ったのだけれど、「フライパンで、オリーブオイル

で焼いて天然塩をかけて食べるとおいしいよ!」という店のおばさんの言葉どおりにや

ってみたら、これまたすごくおいしかった!

なんていうか、和食を超えた味。

これは、おもちピザにもいいかもしれない。

11genmai_mochi_01

|

« Julia | トップページ | アンドルー・ワイルの『癒す心、治る力』 »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Julia | トップページ | アンドルー・ワイルの『癒す心、治る力』 »