« 砂糖菓子みたい | トップページ | 小さいドア@だがしカンパニー »

2011年12月 7日 (水)

冬のバラはゆっくりゆっくり

11nahema_07

昨日、ずっとつぼみのままだった大輪のラ・パリジェンヌがやっと咲き始めたと思ったら

今朝はナエマがやっぱりとても大きなつぼみをゆっくり開き始めていました。

日に日に気温が下がり、日照時間が短くなるのとともに冬のバラの開花はとてもゆっ

くりになっていきます。それにくらべて人間のほうは、師走の声を聞いたと思ったら何

やら一気にわさわさしてきて気ぜわしいったらありゃしない。

昔、私がまだ子どもだったころ、母がこの時期になるとよく『東京脱出!』と言っていた

けれど、たしかにこの暮れの慌ただしい都会から抜け出して、山の奥の鄙びた温泉宿

で過ごす年末年始はなんと長閑で非日常だったことか。

浴衣の上にあったかい丹前を着て、下駄を鳴らしながらした散歩。温泉で温まって部

屋に戻ると上げ膳据え膳で出てくるご馳走。夜、ふとんに入ると枕もとまで聴こえてく

る川のせせらぎ、除夜の鐘 ・・・・・・

子どものころは退屈なだけでよくわからなかったけど、あれって実にらくちんで贅沢だ

ったとなあ、と今さらになって思うのです。とくに一家の主婦となった今ではなおさら。

先日、父の肝臓ガンが発覚して、でももう80で進行が遅いからそんなに慌てて何か

することもなかろうと悠長にかまえていたら、医師の画像所見でかなり大きなガンが

あって放っておくと破裂する可能性があるからということで、初めて病院に行った日に

来年のお正月明け早々の入院と手術が決まり。と同時にそれと一日違いで予定され

ていた私の大阪出張が延期になり。

なんだかますますバタバタしてきて日常からエスケイプしたい気分。

でも、急いては事をし損じる、の諺にもあるように、わさわさバタバタとイライラはつき

ものだから、鄙びた温泉宿に行かないまでもたまには頭を日常からかっ飛ばして、自

分のペースを保たなきゃなあ、とも思うのです。

それこそ冬のバラのように、『ゆっくりゆっくり』とおまじないのように唱えながら。

|

« 砂糖菓子みたい | トップページ | 小さいドア@だがしカンパニー »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

ご自分のリズムで
がんばってくださいshine

投稿: あたしベイベー | 2011年12月 9日 (金) 13:18

あたしベイベーさん、お久しぶり♪
そうそう、いつかあのままになっちゃったけど、実はあのあと何度もメールしたの。
でも何度やってもエラーになっちゃって、息子いわくホットメイルではよくそういうことあるって。(ネットにもいっぱいそういう書きこみあるって)
なので、残念ながら返事が行かなかっただす。
ま、たいしたこと書いてないんですけど・・・smile

あたしベイベーさんもこれから忘年会シーズンで忙しいんでしょ!
(いったいなんど年忘れるんだよ! ってくらい忘年会でしょ!)
お互い身体壊さないようにマイペースで行きませう。
ついでにコンタクトも飛ばさないようにいたしませう bleah

投稿: soukichi | 2011年12月10日 (土) 00:03

ああ~~、
きれいなピンクですね。

投稿: elm | 2011年12月11日 (日) 15:46

elmさん、
冬の朝の陽射しってけっこう写真撮るの難しいです。
デジカメってそれぞれ癖があるでしょう?
私のはFUJIだからこういうときどうしても黄味がかる。
実際はもっとピュアな透明感のあるピンクです。
でも、とにかく驚いたのはその花の大きさ!
ナエマとも思えないでっかさなの!
これって放射能のせいじゃないでしょうねえ~、なんて家では話してます。

投稿: soukichi | 2011年12月12日 (月) 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 砂糖菓子みたい | トップページ | 小さいドア@だがしカンパニー »