« 夢みるフェアビアンカ | トップページ | キラキラ ☆ »

2011年10月26日 (水)

浄化パワー

11himaraya

さっき大量のヒマラヤブラックソルトとホワイトセージの葉が届いた。

ヒマラヤ岩塩は特にこれからの寒い季節のお風呂には欠かせないし、セージの葉っ

ぱは掃除をした後の場の浄化とパワーストーンの浄化に欠かせない、もはや必需品。

ヒマラヤ岩塩もセージもいろいろなところで買ってみて、岩塩はあそこが1番いいとか

セージはここのがいいとかあるのだけれど、ヒマラヤ岩塩は冬は毎日のように使うの

で、コストパフォーマンスのことも考えて最近はずっとここで買っている。

1キロ1030円はかなり安いし、使ってみたら品質的にも悪くないので。

今回、初めてホワイトセージも一緒に買ってみたけれど、とても良いセージが来た。

どう良いかというと、まず葉っぱが大きいし、よく燃える。香りがいい。

セージを炊いて、その煙にクリスタルをくぐらせるようにかざしていると、見る間にクリ

スタルの輝きが変わってくるのがわかる。透明なクリスタルの中に赤い針状の線が走

っているルチルクォーツだったり、赤い点の入ったレピドクロサイドだったり、色のつい

たクリスタルだと一気に色が鮮やかになってくるから、その変化はもっとわかりやす

い。それはいつやっても思わず目を見張ってしまう光景だけれど、そういうのを日常的

に見ている人にとってはそれは信じるとか信じないとかではなくただの事実に過ぎな

いけれど、エネルギーワークをしているような人でもそういうことに全く理解がない、と

いうか、ぜんぜん感性がない人がいる。

いつか、一緒に仕事をしている友人を介してエハン・デラヴィさんと七田チャイルド・ア

カデミーの方々と話しているときに、エハンさんが「すみませんが、ちょっと失礼して煙

草を吸っていいですか?」と訊いたことがあった。エハンさんはみんなの了承を得てか

ら胸のポケットから小さな紙を1枚取り出すと、そこにちょうどお茶っぱみたいなものを

少しのせて、器用にくるくるっと巻いて紙巻き煙草を作った。私は目の前で紙巻き煙草

を作るところを初めて見た。エハンさんはそれに火を点けてうまそうに吸った。紙巻き

煙草はいい匂いがした。私がそう言うとエハンさんは、これは煙草といってもそこら辺

で売ってる煙草とは全然違うからね。オーガニックなハーブでできた、すごくパワーの

あるものですよ」と言った。エハンさんがそれを実感したのはペルーで断食をしたとき

のことで、断食を始めて2日めか3日め(正確なところは忘れたけれど)についに体力

的な限界がやってきて意識が朦朧とし始めたとき、内ポケットにまだ煙草が1本分残

っていたことを思い出して吸ってみたところ、一気に頭がクリアーになってなんとか持

ちこたえることができたそうだ。そのとき、『煙草にこんなすごいパワーがあるとは! 

それでシャーマンは儀式のときに煙草を吸うのか』と思ったのだそうだ。シャーマンは

煙草がないと儀式をしてくれないのだとか。

ホワイトセージも古来からネイティブインディアンが浄化に使ってきたもの。

私は家の中をひととおり掃除し終わって最後にセージを炊くと、なんていうか心底ホッ

とする。そして、ヒマラヤ岩塩はお風呂に入れるととにかくあったまるし、からだの悪い

ものをぜんぶ外へ出してくれるような気がする。

場の浄化と自分自身の浄化。

誰でも(やらないより)やったほうがいいことだし、その方法は別になんでもいいのだけ

れど、少なくともエネルギーワークをする人にはそれをしっかりやってもらいたいと思う

のです。

|

« 夢みるフェアビアンカ | トップページ | キラキラ ☆ »

不思議大好き☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢みるフェアビアンカ | トップページ | キラキラ ☆ »