« 塩の花と新月の花 | トップページ | 二百十日の夕空 »

2011年8月31日 (水)

ローマの休日

Rome

朝早く携帯のメールの着信音が鳴って誰かと思えば妹で、件名は『渡航します』だっ

た。いきなり何かと思えば、前職の有給休暇消化期間中に急きょローマへ一人旅に

行くことにした。いま成田へ向かっている途中、とのことだった。メールは相変わらず

一方的な内容で、飛行機の予定表と保険証のコピーは父に渡してあるとか帰りはい

つだからそれまで父をよろしくとか、最後に「免税店で何か買うものはありますか」とあ

ったから、お土産なんていいから楽しんでらっしゃい、とだけ返事を返した。

日曜日に実家に行くとき電話をしたら「自分はこれから留守にするけど」と言っていた

のだけれど、どうやらその日に旅行代理店に行って急きょ決まったことらしい。それに

しても行くなら行くで月・火と2日あったのだし、日曜はあれだけ電話で話したのだから

その時点で行き先が決まってなくとも「旅行に行くつもり」くらいの前振りをしておけば

いいのになぁ、と思うのだけれど、どうもこのあたり、私とは感覚が全然違うらしい。

前に医者の友人から、親子はかなりの割合で同じDNAを共有しているけれど、きょう

だいとなるとそれはごくわずかで他人とそう変わらないから違って当たり前なんですよ

という(彼なりの)慰めとも気休めともいえることを言われたことがあったけれど、これは

もう彼女はそういう人なんだと割り切ってしまうに限る。

父に電話をすると、どこに行くか父に話したのでさえなんと昨日の夜になってからだと

いうから、それじゃあ私へは行きの電車の中でで当然か、と思った。例によって父は

父で格安チケット航空会社のことや、イタリアなんて治安の悪いところへ1人旅なんて

と心配していたけれど、「イタリアより治安の悪い国なんていくらだってあるんだから

心配したってしょうがないぜ」と言っておいた。(なんたって私が行きたいのはブラジル

だから。)

仕事仲間との朝のメールのやりとりでそのことをチラッと書くと、同僚からは『妹さん、

素晴らしい行動力で、素敵です!!』と返ってきて、なるほど、身内以外はそういう反

応をするのかと思った。たしかに父も私も、彼女にまだそういう元気があるとは思って

なかったからちょっと驚きだった。新しい職場に行けばまたゼロからのやり直しでとう

ぶん長期休暇などもらえないだろうし、父を気遣ってばかりいたところでダイナミズム

に欠けるつまらない人生になってしまだろうし、妹にとってもこれは滅多にないチャンス

だったのかもしれない。であれば、たかが数日のローマ滞在でマジカルな奇跡が起き

るとも人生がリセットされるとも思わないけれど、せいぜいローマの休日を楽しんでも

らいたいな、と思う。

ともあれ、8月最後の今日は朝から雨にならなくてよかった。

毎日、外に出るたびに言ってるけれど、蝉よ、がんばれ!

今日は雨が降る前にと思い立って、昼の買い物のついでに自転車飛ばしてコトリさん

に本を届けに行った。彼女が「台風がくるんだって」と言うから「うん、だから雨が降る

前にと思って」と言ったら、「わくわくするね!」という言葉が返ってきて、思わず顔がほ

ころんでしまった。彼女のそういうところが私は好きなのかもしれない。

雨が降りそうで降らない午後の暗いベランダ。

バラのつぼみが開く前のニュアンスがとても好きだ。

何か起こりそうな予感を微かにはらんでいて ・・・・・・

11cafe_08

11la_parisienne_07 

|

« 塩の花と新月の花 | トップページ | 二百十日の夕空 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

おっ、ローマの休日ですか、とタイトルに飛びつきましたが、
そうきちさんでなくて、残念(笑)

ヴェネツィアは素晴らしいけれど、フィレンツェもいいけれど、
ローマもとても良かった。
ローマの街は、ハプニングが起きて当然な感じ。
小さな美術館に入ったら、地元の高校生が団体で来ていて、
その自由奔放さ、元気あふれるおおらかさ・・・・・
美術品より、そっちに見とれていましたね(笑)

さあ、妹さんにはどんなハプニングが・・・・・

それはさておき、絶妙な色の薔薇ですね。
いいなあ。

投稿: 四季歩 | 2011年9月 2日 (金) 20:12

四季歩さま、
はい、ほんとにね(^-^)
そう、そして私もその台詞を思い出していたんです。
ヴェネツィアは素晴らしいけれど、フィレンツェもいいけれど、
でも、でも、ローマです!っていう・・・
ローマの休日、ほんとによかったですよね。
初めて見たのはまだ子どもの頃だったけど、ものすごく鮮烈な
印象が残ってます。
ものすごくロマンチックなんだけど、最後には胸の痛くなるような
現実の苦さがある。
でも、何もない人生よりやっぱり恋があったほうがいい!

妹もいっそ、青い目の恋人でも連れて帰ってくれればアッパレ
なんですけどね wink

バラ、じきにまた秋バラのシーズンですね。
秋バラには春にはないしっとり感があって
また好きです。

投稿: soukichi | 2011年9月 2日 (金) 23:13

はじめまして、水井です。
すてきな薔薇のつぼみの写真をイラストの資料として使わせていただきたいです。
完成しましたらブログにて公開すると思います。

投稿: 水井はるか | 2011年9月11日 (日) 21:45

水井さん、はじめまして!
水井さんはイラストを描く方なんですね。
どーぞ、どーぞ使ってください。
素敵なイラストが描けますように!

投稿: soukichi | 2011年9月12日 (月) 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩の花と新月の花 | トップページ | 二百十日の夕空 »