« 夏の盛り | トップページ | 北村太郎のふたつの詩/『死の死**』『秋のうた』 »

2011年8月10日 (水)

夏草

11natsukusa

もう夕方ずいぶん遅くなってしまってから「そうだ!そら屋さんのセール今日までだっ

たっけ」と思いだした。先日行ったときにもらったOSORA PAPERに書いてあったのだ。

もう夕飯の買い物は済んでいたし外はまだ暑かったから少々面倒だったけれど、それ

から自転車に乗って出かけた。

途中、そらやさんのすぐ近くにある原っぱの横を通ったら、夕日を浴びて夏草がきれ

いだった。これがエノコログサっていうのは知っているけど、私にとってはやっぱり猫

じゃらしだな。夕日を浴びて輝く大量の猫じゃらし! 猫が見たら狂喜乱舞の光景だろ

うか。それとも、初めてデパートのおもちゃ売り場に連れて行かれた3歳の娘みたいに

目が点になって「もう帰ろう」って感じだろうか。・・・・・ 猫じゃないからわからない。

11natsukusa_01

そら屋さんでは、死海の塩にラベンダーとベルガモットとマンダリンとクラリセージのエ

ッセンシャルオイルが入ったバスソルトと、合成界面活性剤の入ってない塩歯みがき

とアブドゥール石鹸と、先日ここでも紹介したエコナッツを買った。

アブドゥール石鹸は、このあいだ行ったときに「アレッポの石鹸はないですか?」と聞

いたら店長が一瞬ムッとしたから何かと思ったら、アレッポというのは日本が販売目

的に商標を買い取った名前で、アレッポには洗浄力を上げるためにオリーブオイル

以外の添加物が入っているけれど、シリアで石鹸といったらこのアブドゥールのことで

完全無農薬オリーブオイルのみを使って最も伝統的な工程で作られているのはこちら

のアブドゥールのほうなのだと説明されてしまった。それで買ったその日に使ったら、

デコルテから胸のあたりにできていた汗疹が一晩で治ってしまった。洗浄力があまり

高くないのが肌にはやさしくて良いらしい。

そら屋さんはこのセールの後、明日から4日間夏休みで家族と北海道の山中牧場に

行くそうだ。完全プライベートの遊び、というわけじゃなくて、いつものことながら生産者

めぐりで勉強もかねて小さな子どもを遊ばせに、ということらしい。なんて勉強家で仕

事熱心なんでしょう。

私もあさってから4日間休みだけれど特に予定はない。

たぶん、いつもよりゆっくりごはんを作ったり、こんな暑い季節だというのに肩こり・首

こり・背中の痛みがひどいから、少々熱心にストレッチをしたり半身浴をしたり、音楽

を聴いたり本を読んだり、そして一日の終わりにいい匂いのするバスソルトを入れた

お風呂にゆっくりつかったりして、あっという間に4日間なんて過ぎてしまうと思う。

この時期プールで泳ぎたいのは山々だけど、クラブは夏季休暇だし市民プールは改

装工事中だし、といってよその市の市民プールまでは行かないだろうな。

せいぜい出かけたとして、のんびり珈琲が飲めるカフェでも探して散歩とか?

・・・・・・ それくらいだ。

でも休日の何がいいって、ふだんの日みたいに何をするんでも時間に追い立てられな

くていいところ。息を詰めて何かをするようなことはこの4日間はやめておこうと思う。

風に吹かれる夏草みたいにゆらゆらしていたい。

11soraya

|

« 夏の盛り | トップページ | 北村太郎のふたつの詩/『死の死**』『秋のうた』 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん、こんばんはwink
ねこじゃらしの原っぱの写真、きれいですねwink
輝く草原 という感じです。

私もバスソルト、好きです。
Kneippのグーテナハトがお気に入りですshine
湯が濃いブルーになるのがよいんです。

投稿: elm | 2011年8月13日 (土) 23:34

elmさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

そう原っぱ、きれいでした♪
夏って光がいっぱいで、1番輝く季節じゃないですか?
こんな季節が嫌いだなんていう人、もったいないなあと思います。
私はすごく暑くてもすごく寒くても「ああ、生きてるって感じ!」と思う(アホな)
タイプです。
むしろ中途半端な眠くなっちゃうような季節(たとえば春とか)のほうがだめだなあ・・・

クナイプ、私も好きですよ。
冬はよくユーカリを愛用してました。
風邪のひきはじめとかにもいい。
グーテナハトはまだ使ったことがないので今度試してみます。
青い月夜の夜にでもshine

投稿: soukichi | 2011年8月15日 (月) 17:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の盛り | トップページ | 北村太郎のふたつの詩/『死の死**』『秋のうた』 »