« 真夏のヴィヴィッド | トップページ | タンドリーチキン別バージョン »

2011年7月17日 (日)

白熱の夏ごはん②/枝豆のドライカレーとタンドリーチキン

11tandoori_chicken

今日も外は呆れるくらい熱風の灼熱地獄。

思わずオリジナルラブのニュー・アルバム『白熱』をかける。

どこかレトロで懐かしいサウンドのこのアルバム。

『東京飛行』からなんと5年ぶりの『白熱』は、なんていうかお陽さまサンサンなハッピ

ー・サウンド。懐古趣味とかじゃなくてジャケットの写真といい、田島さんまるで若返っ

ちゃったみたいだ。あちこちに美メロが顔を覗かせて胸キュン。初めて聴いたときは

4曲めの『カミングスーン』で思わず吹いてしまった(ごめんなさい)。何もかも自分で

やったアルバムだっていうから田島さん、ついにラップまで自分でやっちゃったかと思

って。もちろん、そんなことはなくて、これはスチャダラパーとのコラボでした。

個人的には私はラップってどうでもよくて、こういうスタイル自体もうやり尽くされててち

っとも面白くないと思うから、この曲はできることならラップなしの別アレンジで聴きた

いと思ってしまう、すごくいい曲だからなおさら。でもこの曲はまさしくラブソングの王道

的気持ちよさ。で、5曲めの『春のラブバラッド』になると、ほんとにこの人のコーラスっ

てもう鉄板だな、と思う。昔はコーラスっていうと山下達朗の専売特許だったけど今や

田島貴男が完全にそれを超えた感じだ。ちなみにアルバム中うちの息子が1番好き

なのが『ふたりのギター』。たしかにこの曲のグルーヴは最高かもしれない。なんとい

ってもサビの部分の歌詞、”ふたりのギターが/間違いだらけの和音を/かきならした

あの頃/音楽がすべてだったあの頃”っていうところのメロがめちゃめちゃよくて、それ

を支えるバックのキーボードの音がロストの光でいっぱいで苦しいくらい。そして私の

1番はやっぱりなんといっても『好運なツアー』。これはそのまま去年のツアーのタイト

ルチューンで、去年渋谷AXでも聴いたけど、アルバムになってこんなに良くなるとは

思わなかった。出だしのギター弾き語りのところはちょっと忌野清志郎の『スロー・バ

ラード』を思い出してしまう感じで、全体としては田島貴男的ジョン・レノンの『Starting

Over』って感じのロックンロール。ノスタルジックとロマンチックとパッションがいい感じ

に融合されてます。間違いなくこの曲は『東京飛行』以来の名曲。すごくよくできてる。

これは忌野清志郎が生きてたら好きだったろうなあ! 

もしかしたらカヴァーしたかもしれない。そう思って聴いているともちろん、この田島貴

男の歌だけでもじゅうぶん泣けちゃうんだけど、頭のなかで勝手に忌野清志郎がこれ

を歌ってるところ、さらにはキヨシローと田島貴男が2人で歌ってるところを想像して、

もう2人がどんな声で、どんな動きで歌うかまでがありありと見えて聴こえてきちゃって

これが泣けるんだよなぁ ・・・・・・。(ほんとに泣く。)

そして、この田島貴男のグルーヴとテンション!!!

これが1人でスタジオでやったこととはとうてい思えない。ほとんどクレイジーですね。

音楽バカ。で、その音楽バカが人を魅了しちゃうんだと思う。こうじゃなきゃ音楽なんて

やれない。これだもん、ファンは大いに期待しちゃうよね、ライブに。今夜もきっと渋谷

AXのLIVEではみんな死ぬほど盛り上がることでしょう!

で、私は今日みたいな灼熱のお昼には白熱を聴きながら白熱の夏ごはんだ。

今日のランチは枝豆のドライカレーとタンドリーチキン。

このドライカレーはオリーブオイルで炒めたニンニク、たまねぎ、発芽玄米にカレー粉

ガラムマサラ、クミンシード、ターメリックなどのスパイスを加えて、あらかじめ茹でで鞘

から出しておいた枝豆とチキンスープを炊飯器に投入して炊いてしまったので枝豆の

色が悪くなっちゃったんだけど、ただ炒めて仕上げればもっときれいなグリーンになる

と思います。以下、タンドリーチキンのレシピ。

*****************************************************************

 ≪ 材料 ≫ 4人分

 鶏もも肉    400グラム 

 バター     20グラム

 サラダ油   少々 

 ●漬けだれ 

 プレーンヨーグルト(うちの場合はカスピイ海ヨーグルト) 400グラム

 ターメリック、クミン、ガラムマサラ、各大さじ1   カレー粉 大さじ2

 おろしショウガ  大さじ1

 おろしニンニク  大さじ2

 牛乳  180CC

 ホワイトペッパー、塩 少々 

 ≪ 作り方 ≫

鶏もも肉は両面をフォークでプツプツと刺しておく。

ボウルに漬けだれの材料をぜんぶ入れてよく混ぜる

②に鶏もも肉を入れて2時間、冷蔵庫へ。

③で漬けこんだ鶏もも肉を取り出して、漬けだれをなるべく取ってから薄くサラダ油

 をひいて熱したフライパンに皮のほうから入れて強火で焼く。焼き色がついたらひっ

 くり返して片面も同じように焼き色がつくまで焼く。

④の火をいったん止めて余分な脂を取り除き、漬けだれをぜんぶ入れたらバター

 を入れて火をつける。沸いてきたら蓋をして、強火で5分煮込んだらできあがり!

****************************************************************

そして、できあがりは写真のとおり。

今までタンドリーチキンというと私はパリッと焼いたのしか食べたことなかったけれど、

これは煮込んであるのでとってもやわらかくてジューシー。漬けだれはちょうどまろや

かなヨーグルトカレーって感じで、これはふつうのカレーみたいにごはんにかけてもよ

さそう。思いつきで作った枝豆のドライカレーは豆の甘さとごはんの辛さがいい感じ。

作ってる間は暑いし時間もかかるけど、こんなことをしていられるのも休日ならではっ

てことで、充実のランチ・タイムでした。

さて、次の白熱の夏ごはんは何作ろう?

また白熱聴きながら考えよう♪(^-^)

2011hakunetsu

 白熱 ORIGINAL LOVE

|

« 真夏のヴィヴィッド | トップページ | タンドリーチキン別バージョン »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏のヴィヴィッド | トップページ | タンドリーチキン別バージョン »