« 真夏の陽射し | トップページ | 7月のあさ »

2011年7月12日 (火)

ブルックリン・パーラーで

11brooklyn_parlor

昨日1時に布団に入ったものの暑さでなかなか寝つけずにいたら、枕もとに置いた携

帯の着信音が鳴った。いつもだったらそんな時間にメールがきても朝まで見ることは

ないのだけれど、なんとなく気になって眠れないついでに見てみると『わしじゃ!』とい

う文字が目に飛び込んできて、広島のTだった。

急なんだけど明日仕事の研修会で東京に行くので、夕方に着ければそれから飯でも

行ける? ってな内容だった。いったん閉じて寝ようとしてから思い直して「オーケー。

また明日ね!」とだけ返信した。それが夜中の2時。それから、あれえ、この人がこん

な時間に思い立って急にメールしてきて飯でも行こうかってことは、なんかあったかな

なんてちょっと考えだしたら、ますます眠れなくなってしまった。

ま、そんなのも今日になって電話で話してみればただの私の考えすぎで、単に向こう

も暑くて眠れなかっただけということらしい。何もなくてよかったけれど、まったく人騒

がせなヤツだ。

それで待ち合わせは本が見たいから新宿のジュンク堂でと言うので、新宿にジュンク

堂なんてあったっけ、最近ジュンクって人気なんですね、と思いながら調べてから夕方

家を出た。ちょっと予定より家を出るのが遅くなってしまったので「いま、電車乗ったと

こ」とメールすると、とっくにジュンクで本でも見てるかと思ったTは、ホテルに着いたら

ドッと疲れが出ていま電車に乗るところだと言う。場所変更してもいいよと言われたけ

れど、そう言われてももうこっちは新宿に着くところだし、じゃあ、私が先に着いたら丸

井の地下にあるブルックリン・パーラーにいるね、と返信した。

ブルックリン・パーラー

あのブルーノートがやってるカフェで、前から一度行ってみようと思っていたところだ。

丸井アネックスビルの脇にある階段から地下に降りてドアを押すと、そこにはなかな

か素敵な空間が広がっていた。昔、南青山のイデーの地下にあった隠れ家みたいな

レストランにもほんの少し似てるけど、向こうのほうがもっとインティメートな大人の雰

囲気で、こっちはもっとカジュアル。今日も外はすごい暑さだし、こんなところに入ると

思わずきれいなカクテルでも飲みたくなるなるけれど、ノンアルコールのドリンクをオ

ーダーした。

11brooklyn_parlor_01

ジンジャーとミントとライムをソーダで割ったジンジャー・モヒート。

ミントのフレイバーがすっごく爽やか。

モヒートってたしかキューバのカクテルのことじゃなかったっけ。麗しのハバナ。

サルサ・ミュージックのことなんかを思い出してぼおっとしてたら、Tがやってきた。

いつもは仕事で東京に来ると真夏でも長袖シャツにかっちりスーツを着てるのに、今

日はスーパー・クールビズだ。ポロシャツを着たTの後ろにはブック・カフェよろしく壁

面いっぱいに本棚が並び、なんだか似合うな。この人は若いころはハードロック狂だ

ったけれど、見た目的にはJAZZが似合う。そう思っていたらiPodを取り出して今のラ

インナップを見せてくれた。私があげた竹内直にバート・シーガーにケニー・ドリューに

ビル・エヴァンスにユーライア・ヒープにツェッペリン? めちゃくちゃ。

ふるい馴染みの友人に会って話していると、私はときどき時間の感覚がわからなくな

ってしまう。もう気の遠くなるほど時間が過ぎ去ってしまった気がするけれど、といって

私たちの中身はルックスほどには何も変わってない気がするし・・・・・・

いつも書いていることだけれど、人の縁って不思議なものだ。

もう何十年とつきあっている親友の男友達のうち1人は高校生のときのペンパル(!)

の生き残りだし、この人とは19歳のときにたまたま行きつけの喫茶店の男の子に紹

介してもらって初対面で「おまえ気に入った!」と珈琲をゴチしてもらって以来、やっぱ

り何十年のつきあいだし、今やその2人と一緒に仕事しているとはね。しかもそれが

医者と税理士とは。人生ってほんとにわからない。

そして親友が女友達だけじゃないことで私の人生は豊かになった、たぶん。私は自

分の(女の)頭だけではわからないことを彼らの頭を借りて考えることができたから。

私は結婚には失敗したけれど男友達には恵まれた。そしてこの先も恵まれるだろう

というような気がしている。これまたわからないけれど。

ある時間がきたら店内の照明がグッと落ちてBGMのヴォリュームがいきなり上がり

うるさくて話せなくなったのでブルックリン・パーラーを出て伊太利亜市場に行った。

ものすごく久しぶりに行ったのだけれど、ピッツァもパスタもカプレーゼも、何を食べ

てもおいしかった。特にナスとアンチョビとオリーブの辛いピッツァが絶品! 

ここではまたもやお互い仕事の話ばかりしていたけれど、最近は一緒にごはんを食

べておいしいと感じられる関係が良い関係だと確信している私。もはやこれは人間関

係を計るバロメーターみたいなもん。

で、それは絶対に当たってる!!

11brooklyn_parlor_02

|

« 真夏の陽射し | トップページ | 7月のあさ »

今日のおいしいもの♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の陽射し | トップページ | 7月のあさ »