« 反原発派も推進派も等しく考えなければならない問題 | トップページ | いにしえのバラが咲いた。 »

2011年5月12日 (木)

雨のグラミス

11glamis_castle

今日も朝から雨。

5月の習慣は天気がどうでも朝おきたらすぐにベランダに出てバラをチェックすること。

今日はグラミス・キャッスルが咲いていた。

もともとイングリッシュローズの中ではひときわか細いグラミス。

去年、あまりの樹勢のなさに10号鉢から8号鉢にサイズダウンしたのだけれど、今年

は天候不順と気温の寒暖差の激しさに多くのバラがウドンコにやられるなか、グラミス

はウドンコにやられることもなくきれいに咲いてくれた。格別に好きなバラだけに樹勢を

取り戻して大きくなって、たくさんの花を咲かせてほしい。

そして、カフェ。

このバラは開ききると蕊がきれい、金いろの蕊!

11cafe_04_2

昼前、ゴールデンウィーク中に送信したメールにずっと返事がこないから、もしかした

ら被災地支援にでも行ったかな、と思っていたYちゃんからメールの返事。メールの最

後に『原発の方は、爆発とかないから普通の人は少し安心しているみたいだけれど、

どんどん深刻な事態となっているね。こんななかで、庭をつくったり、野菜をつくったり

しているのって、どう? って、自分でつっこみいれてます』とあって、たしかにそうだけ

れど、そうは言っても日常を生きてかなけりゃならないもんなぁ、と思う。

夜は夜で、ときどき利用している京都のエコ商品通販ショップからのメルマガに原発

関連の情報が載っていて、またまた熟読。今は(なのか、原発が動いている限り、な

のかはわからないけれど)、どうやってもこの問題から離れることはできないらしい。

以下に一部抜粋して添付。

*****************************************************************

 そもそも原発の必要度は、電力会社から発表される
 あの「発電量分布グラフ」の割合そのままで判断してはいけません。

 原発は一度動かすと発電量の調整が出来ない為に発電量が多くなって
 いるだけであり、実際その為に多くの火力発電を止めているのです。

 これまでいくつかの原発が不具合や調査の為、稼働停止になっていても、
 計画停電になんかなっていませんよね。

 しかも、電力も含め、化石燃料など様々なエネルギーの、
 事業所や運輸部門、家庭などでの最終消費エネルギーに占める
 原発の生産量の割合は、約7.5%に過ぎないんだとか。

 とてもわかりやすい解説がこちらのPDFにありますので、
 よろしければどうぞ。
 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf


 という訳で、
 原発を全て止めても、その他の発電可能量は原発の発電量を
 大幅に超えている為に、利権が邪魔さえしなければ電力には困りませんが、
 仮に電力が足りないとなったとしても、
 計画停電をしてまでも、何としてでも原発は止めるべき代物です。

 それはその安全性とコスト高過ぎて税金の無駄遣いであるという
 観点から。


 最近知ったこちらの二つ、是非読んでみてください。

 20年間原発で働いてこられた1級プラント配管技能士の方が
 書かれた原発についての解説
 http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

 「原発が札束をばらまきながらやってくる」
 http://www.yochomachi.com/2011/04/blog-post.html


 国と電力会社の嘘を大目に見るのはもうやめにしましょう。

|

« 反原発派も推進派も等しく考えなければならない問題 | トップページ | いにしえのバラが咲いた。 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反原発派も推進派も等しく考えなければならない問題 | トップページ | いにしえのバラが咲いた。 »