« カフェ、という名のバラ | トップページ | 反原発派も推進派も等しく考えなければならない問題 »

2011年5月11日 (水)

カフェが咲いた

11cafe_03

最高気温27.2度の昨日から一転、今朝は15度を下回る肌寒い朝。

私のまわりにも体調を崩している人が何人かいるけれど、これだけ気温の寒暖差が

あったら体調を崩してもおかしくないと思う。

それでも窓を開けると昨日とどいたばかりのカフェが咲いていた。

アプリコットにビターなブラウンが混じった渋い色あい。

イングリッシュローズやオールドにくらべたら花びらの感じや咲き方が気持ち大味な感

じがしないでもないけれど悪くない。

それからジェーン・オースティン。

11jayne_austin_01

この咲き方といい花いろといい香りといい、イヴリンと間違えそうなほどそっくりだけれ

ど、ジェーン・オースティン。細くてしなやかなステムには大きな頭が重すぎてすぐにし

なだれてしまう。ティーのいい香り。

昨日から降り続いている雨が、今日はいちだんとひどくなった。

11jayne_austin

|

« カフェ、という名のバラ | トップページ | 反原発派も推進派も等しく考えなければならない問題 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カフェ、という名のバラ | トップページ | 反原発派も推進派も等しく考えなければならない問題 »