« ヘリテージとローズマリー | トップページ | かいじゅう屋さんのパン »

2011年5月20日 (金)

ふたつめのフェア・ビアンカ

11fair_bianca_06 

最初に咲いたフェア・ビアンカは不整形で立体感がなく、それはまだ株が成熟してな

いからだろうと思っていたのだけれど、ふたつめに咲いたのはその印象がかなり払拭

されたフェア・ビアンカらしい花になった。このバラがカップ咲きであることがわかる花

容。光を浴びると自然にソフトフォーカスされるような、わずかにクリームがかった純白

の花びらは、灰緑の葉っぱとの映りもとてもきれいですごく清潔な印象。

このバラがブライダルに使われるのがよくわかる。

けれど、バラ好きのどなたかのホームページにも書いてあった、その香りは複雑にし

て濃厚で、清純と言うよりは官能的。

そんなミスマッチのところもかえってこのバラのいいところかなと思う。

人もバラも謎が多いほうが魅力的。

11fair_bianca_07_2

|

« ヘリテージとローズマリー | トップページ | かいじゅう屋さんのパン »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘリテージとローズマリー | トップページ | かいじゅう屋さんのパン »