« 台風2号接近 | トップページ | 休日のブランチ/オニオングラタンスープ »

2011年5月28日 (土)

枯れいろダム・ドゥ・シュノンソー

11dames_de_chenonceau_01_2 

先日、去年の夏の強い陽射しの下で咲いたのとはまったく趣きの違う花が咲いたと

書いたダム・ドゥ・シュンンソーだけれど、ひとつめがなんとかきれいに咲いたと思っ

たら、その後はなんだか変なことになってきた。去年の濃いピンクとは違う優雅なグ

レイッシュ・ピンクの蕾が、咲く前から灰色に枯れてきたのだ。

触ったら手に黄色いものがついたから、これが『べと病』ってやつだろうか。

うちではまだ出たことはないけれど、調べると『低温多湿のときによく出る』とある。

ひどいウドンコの次はこれか。だから長雨は嫌なんだ。

たくさんついた蕾のうちほとんどがその状態。

しかもメインの太い枝は枝枯れが始まっている。

11dames_de_chenonceau_02

こうなると、切ってしまうべきか咲かせるべきか悩む。

バラにも早咲き種と遅咲き種があるけれど、思うに蕾をつけてから咲くまでに時間が

かかるバラほどきれいに咲かない傾向にある。このバラもそうだし、スピリット・オブ・

フリーダムもそう、今年はセント・セシリアもその部類に入ってしまった。カーディナル

ドゥ・リシュリュー、ペルル・ド・パナッシェはウドンコまみれになって咲かないケース。

どれも好きで手に入れたバラだからワーストなんて言いたくないけれど、中でもワー

ストなのが粉粧楼とフレンチ・ローズのオルソラ・スピノーラ。今までまともに咲いたた

めしがない。たまたまうちにきたのが弱いだけなのか環境が合わないだけなのか、

それとも他に原因があるのか、難しいところだけれど。

咲き終わった花に肥料をあげるにしても梅雨のこの環境だとかえって病気を呼ぶこと

になるから、まず何はともあれ消毒用の薬剤散布と、早急に切らしているバイタルを

買ってこなければ。

台風2号が上陸して暴風雨が吹き荒れませんように!

11dames_de_chenonceau_03

|

« 台風2号接近 | トップページ | 休日のブランチ/オニオングラタンスープ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
緑の5月、にしては青空も少なく...とか思ってるうちに梅雨入りまでしてしまいましたね。せっかくのバラの季節なのに。
雨に打たれてちっとも綺麗に咲きません。

それにしても、いっそう季節の巡りが狂ってきてる気がしますね。
この時期に梅雨入り、台風接近...
ちゃんと真夏の太陽はやって来るでしょうかねぇ。。。

投稿: みーまりぽん | 2011年5月29日 (日) 08:51

こんにちわ。綺麗に咲いてるお花もその過程で大変な苦労があるようですね。
何事も同じですがその苦労は当事者でしか解りっこないですね。
台風がそちらの方に向かっていますね。原発にどんな影響を及ぼすのか
とても心配です。

投稿: うー | 2011年5月29日 (日) 15:39

みーまりぽんさん、
ほんとですね。
電力不足で節電モードを考えると、今年の夏はあんまり暑くならないほうがいいのかなあとも思うけど、かといって冷夏も味気ないしねぇ・・・
お花見に続いて今年の夏の花火も自粛、そして海は津波の影響と放射能の問題で危険すぎて海開きできないというし、このうえもしかしたら国産のスイカも危ないかも、なんてことになったら今年は全然夏らしくないつまんない夏になりそうですね。
大人がこうなんだから、子どもは制限されたらもっとつまらないだろうなあ。
ほんとに震災前と以後では何もかも変わってしまった。
本当は私たちが知らなかっただけで、脅威はすぐ後ろにあったのかも知れないけれど。

投稿: soukichi | 2011年5月29日 (日) 23:49

うーさん、
何でもそうですよね。
きれいなもの、完成されたものは手がかかってる。
でも植物についてはどれだけ手がかかってもやってる方はたぶん苦労とは思ってないんじゃないかな。
生きもの全てそうでしょうけれど、こちらが一方的に愛情をかけてるだけじゃない、植物からもヒーリングエネルギーが出ていて、それをたくさんもらってますから(^-^)

う~ん、台風と原発・・・・・・
もう何が安全で何が安全でないのか、わからなくなってきちゃってますもんね。
願わくは徐々にパワーダウンして大したことなく通り過ぎてほしいもんです。

投稿: soukichi | 2011年5月29日 (日) 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風2号接近 | トップページ | 休日のブランチ/オニオングラタンスープ »