« 100,000年後の安全?! | トップページ | カフェが咲いた »

2011年5月10日 (火)

カフェ、という名のバラ

11cafe_3

朝からどんよりとした空。予報では昼から雨で、今日の予想最高気温27度!

いきなり蒸し暑い。

いきおい靴を履く気がしなくなって、下駄を履いて買い物に行く。

2年前、夏じゅう下駄を愛用している私を見て息子が「ぼくも下駄でも履いて散歩する

かな」というので渋いのを買ってあげたのに、いっこうに履く気配がないからその男下

駄を履いて。いつもMBTを履いて歩いてるのにくらべるとそれだけでノンシャランな風

情。・・・・・・ と、行きはまだよかったけれど、いかんせん男下駄の鼻緒は硬過ぎて、

帰る頃には指の間を擦りむいていた。なんていう、おまぬけな。


午後、母の日に息子が買ってくれたバラが届いた。

カフェ、という名のバラ。

このあいだコトリさんに行ったら、彼女は店の庭に『つるジュリア』を植えたといって見

せてくれた。去年の秋にジュリアにつるがあるのを初めて知って、この春手に入れた

のだとか。「咲き方もジュリアとは少し違うの♪」と嬉しそうだった。

私もジュリアは大好きだけど、いかんせん花が大きすぎるし、強健すぎるハイブリッド

ティーはもうこりごりだし、といってツルはこのベランダでは無理だし。

・・・・・・ ということで、色の系統は少し違うけれど、同じように渋い色で素敵な咲き方

のバラをみつけた。

届いた苗は大きなつぼみがいっぱいついたとても立派な苗。

11cafe_01

このバラ、香りもとってもいいらしい。

アニバーサリーのバラがまたもう1本増えた。

息子からだと思うとますますこれは枯らせられません。

11cafe_02 

そして今季2等賞はデュセス・ドゥ・ブラバン。

ずっと1本松状態だったのを去年の冬に思い切ってゲンコツ剪定して、出てきた3本の

枝。まだ枝も葉も新苗みたいに脆弱な感じ。でも花は去年より大きくなった。

11duchesse_de_brabant

この写真を見ていたらミア・ファローを思い出した。

それからミア・ファローみたいな髪をしていた亡くなった叔母のことを。

予報通り、午後から雨になった。

|

« 100,000年後の安全?! | トップページ | カフェが咲いた »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ♪よく降りますね。こちらは昨夜からずっと降り続いてます。
お百姓さんには恵みの雨になるでしょうがもう少しだけ小分けして降ってくれれば
いいのに~~!息子さんからのプレゼント、良いですね。
絶対に枯らせられないですね。
バラの名前に「カフェ」ていうのがあるんですね。
ちょっとびっくりです。

投稿: うー | 2011年5月11日 (水) 16:14

カフェ、いいですよね。うちにもありますよ(´∀`)
ジュリアも瀕死だったんだけど、ゲンコツしたら生き返りました。
ああよかったー!
このあたりの種類は、咲き始めのすごいニュアンスのある色合いがたまらんですよね。
最近はうちの日陰の方でもがんばれる原種の方にも興味を持ち始めちゃいました。
実がかわいいのも気に入ってます。
相変わらずそうきちさんのお話には、いつも心動かされてます^^

投稿: カフェオレ | 2011年5月11日 (水) 18:56

こんばんは!
息子さんからのプレゼント、素敵ですね~
シックな色合いがいいですよね!


うちの薔薇も、何本か瀕死の状態になっているのがあって、連休中に鉢に植え替えて様子をみてるんです。
こういうときって、やっぱり思い切ってきり戻すのがいいのでしょうね。

投稿: qharada | 2011年5月12日 (木) 20:52

うーさん、こんにちは!
東京も昨日からやっと爽やかな五月晴れになりました。
ほんとに数日間の雨が長かった!

で、バラの名前って面白いですよね。
昔は貴族の趣味だったから貴族の名前がついてるのが多い。
それから作出家の妻とか娘とか家族の名前。
女の人の名前ばかりじゃなくて男の人の名前がついてるのもあります。
それで、珈琲系の名前がついてるのもけっこうあるんですよね。
ブラウンがかったオレンジから黄色のバラに多い。
私はとにかく珈琲が好きなので、珈琲の名前がついてると弱いです(^-^)
いまの時期、ジャングル状態になったベランダで、バラの間にはさまって珈琲飲んでるとなごみます~♪

投稿: soukichi | 2011年5月15日 (日) 11:58

カフェオレさん、
カフェオレさんの庭にはカフェもジュリアもあるんだ。
いいなあ~
そう、ニュアンスのあるバラ!
わたし、人でも(男でも女でも)ニュアンスのある人が好きです。
美容院ではいつも美容師さんにおまかせだけど、「ニュアンスのある髪にして」とだけ言います。(それが1番難しかったりして・・・^^;)

原種もいいよね、可憐で。
私も狭くても自分の庭があったらやるだろうなあ・・・
秋のバラの実の競演とか、素敵でしょうね。
ぜひぜひまた見せてくださいませ♪

投稿: soukichi | 2011年5月15日 (日) 12:10

harada さん、
うん、カフェ、いいですよ(^-^)
咲き始めから満開まで、ずっといい感じです。
満開になってしまったら花もちはよくないけれど、渋い色なのに華やかな雰囲気もあって・・・・・・
直立型のブッシュでコンパクトなので場所もとらないし、病虫害にも強そうです。
ぜひharadaさんのお庭にもひと鉢♪(^-^)

ゲンコツ剪定するのは勇気がいりますね。
やるときはほんとにイチかバチかって賭けですけれど、バラって思った以上に強い。
その木が持ってるポテンシャルを信じてやってみるのはいいかもしれない。
ただし、できるのは冬剪定のときだけ!
これからはもうできるだけ切らないほうがいいです。
何気なく切った枯れ枝から枯れちゃった、なんてこと何度も経験してますから。
暑い間は枝も根もいじらないほうがいいと思います。

投稿: soukichi | 2011年5月15日 (日) 12:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100,000年後の安全?! | トップページ | カフェが咲いた »