« 私の愛用品 | トップページ | ふたつめのフェア・ビアンカ »

2011年5月19日 (木)

ヘリテージとローズマリー

11hr

ヘリテージとローズマリーの関係を喩えて言うなら双子の姉妹のようなもの。

ピンクのヘリテージがいわゆる『枝変わり』(という特別変異を起こ)してできたのが白

のローズマリーだから、もう似ていて当然なのだけれど、このふたつ、色が違うだけで

ぐるぐる巻き巻き・ふわふわころころの咲き方もシフォンのような弁質もまったく同じ。

ただヘリテージのほうが少し花が大きめで、香りはヘリテージのほうがずっといい。

でもバラ好きっておかしなもので、ひとつのバラが気に入って、それに枝変わりの色違

いが出たとなると、どうしても育ててみたくなるものらしい。

そんなわけで、このふたつはいつも仲良く並んでいる。

そして同時に咲いたところを眺めていると、それは私にいちごとミルクの関係を連想さ

せる。5月も第3週となったいま、大好きないちごの季節もそろそろ終わりですね。

下は2枚ともヘリテージ。

11heritage_02

11heritage_03

そして、このバラを見るとつい『Hey Jude』を歌わないではいられない。

ジュード・ディ・オブスキュア。

うちにきて2年めでまだよくわかっていないものの、咲き始めはディープカップ型のた

めか春バラはボール化してきちんと咲かない傾向あり。

日陰のジュードくん、ちっちゃく固まらないで大らかに咲いてください。

私はあなたが生き生きと輝いて咲いているのが好きなんだ。

香りは『非常に強いめずらしい香りで、そのフルーティーな香りはグアバと甘口の白ワ

インのよう』だとか。もうこうなるとワインのソムリエのよう。

11jude_the_obscure

|

« 私の愛用品 | トップページ | ふたつめのフェア・ビアンカ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の愛用品 | トップページ | ふたつめのフェア・ビアンカ »