« Peace of Mind 春の光のなかで | トップページ | 移ろう春 »

2011年4月15日 (金)

これからだよ、日本は!

Power_vs_force_2

親友の友人、という縁で、エハンさんには何度か会ったことがある。

そのどれが最初だったかもう忘れてしまったけれど、たしかあれはある夏の終わりの

まだ暑いころ、当時エハンさんが住んでいた広尾のマンション近くのアイリッシュパブ

で待ち合わせたのが、たぶん最初じゃなかったかと思う。

「僕の友人で、エハン・デラヴィっていう、世界中の秘境を旅してるインディ・ジョーンズ

みたいな人がいるんだけど、こんど東京で会うとき、あなたも join しない?」

なんて言われて、「オーライ!」と出かけて行ったのだった。

広尾といったら東京でもかなりアッパーな雰囲気の街だと思うけど、初めて会ったエハ

ンさんはランニングに短パン、という非常にラフな恰好でビールを飲んでいた。

そして初めて会ったにもかかわらず、すごく気さくなビッグ・スマイルで迎えてくれた。

なんて気取らない気さくな人なんだろう! というのが最初の印象だった。

それから我々は代官山まで歩いて行って、当時トレンドだったブッダ・カフェで生春巻

きやら大根餅やらの無国籍料理を食べたのだった。その間、エハンさんは大きなジョ

ッキでビールをガブガブ飲んでいた。たぶんビールをしこたま飲むせいで、当時のエハ

ンさんのお腹は今よりずっとファットだった。

流暢な丁寧で美しい日本語に関西弁が混じる面白い喋り方。手振り身振りに豊かな

表情、擬音をまじえながら、膨大な知識と記憶力でありとあらゆることについて時に真

剣に、時に面白おかしくユーモアたっぷりに話すエハンさんはサイコーに面白かった。

たぶん、エハンさんが話している動画をちょっと見ただけでもわかると思うけど、天性

の話術師なのだ。たぶんエハンさんのセミナーなら、少々長くても退屈することはない

んじゃないかと思う。

そして、そのときだったか別のときだったか名前を聞かれて私が答えると、エハンさん

は「シンクロニシティだ」と言った。単純にエハンさんの奥さんと私のファーストネーム

が同じだったのだ。私の名前は特にめずらしい名前じゃないけれど、かといってそれ

ほどたくさんいるわけでもないから、たしかに少しは意味というか縁があるのかもしれ

ない。それから少し後に友人が立ち上げた会社に私が入ることになって、そのころ出

版されたのがエハンさんが翻訳したこの『パワーか、フォースか』という本。それをもと

にセミナーを企画した。私がしたのは人と場のセッティングと事務局程度だけれど。

そのときエハンさんにサインをしてもらった446ページにも及ぶ、人間の意識レベルに

ついて書かれた『パワーか、フォースか』についてはまた機会があったら書きたいと思

う。・・・ というより、私が何か書くまでもなくすごく面白い本なので、ぜひ読んでみてく

ださい。ちょうど意識のシフトを迎えたいま読むのにも最適な本だと思います。

そして以前会ったときにエハンさんは、本当はカナダの豊かな自然の中にいるほうが

あんな劣悪な環境の大阪にいるより自分としてはずっといいのだけれど、神の啓示が

あって「お前は日本に行け!」と言われたので(日本に自分のミッションがあるような

ので)また日本に来た、と言っていたのだけれど、そのエハンさんが今また日本に来

ている。

なんと震災後、この日本の窮地にいてもたってもいられずにカナダから駆けつけたの

だそうだ。日本の4ヶ所でセミナーを行い、そこでみんなから集めたメッセージ(Hope

Book)と、義援金で必要な物資を調達し、自ら4トントラックを運転してついに昨日、被

災地の女川町に到着した様子がライブでPPP(Pray、Pride、Power)プロジェクトのブ

ログにアップされている。エハンさん、すごい行動力!

このプロジェクトのスローガンが『これからだよ、日本は!』なのだ。

私には『がんばろうニッポン』より力強く感じます(^-^)

よかったらぜひチェックして応援してください。

 PPPプロジェクトブログ →  これからだよ、日本は!

そして、今日のこのニュースもすごかった!

久々の朗報!!

<放射性物質>顔料使ってセシウム汚染水浄化 東工大が開発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000023-mai-soci

ほんと、まだまだこれからです。日本 。

|

« Peace of Mind 春の光のなかで | トップページ | 移ろう春 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ♪地震、原発問題は治まる気配がないですね。このような事態でほんとに日本人は試されてるんでしょうね。政治家も官僚も科学者もそして原発に携わっている人、そして国民一人一人が。批判することはたやすい、でも批判しなくてほっておくことはできない。かといって素人にはわからない。歯がゆい毎日です!

投稿: うー | 2011年4月16日 (土) 15:48

うーさん、
そうですね。
今日の3時からの東電の会見も見たけれど、目標の羅列ばかりで現状を明らかにする様子がないので途中でTVを消しました。
ただ今はネット社会で、知ろうとさえ思えば情報はいくらでも手に入るわけだから、いつまでも『素人にはわからない』とは言ってられないと思うの。
もちろん、学者のような頭にはなれなくても、理解する努力はしないとね。
私は震災直後から息子が見ている中部大学の武田邦彦教授のブログをときどき見ています。たぶんご存知かもしれないけれど、ここです。 ↓

                           http://takedanet.com/

そして私が本当に信じるのは、実際に行動する人だけですね。
言うだけの人はいっぱいいるから。

それについてエハンさんはこんな風に言っています。

スコットランドでは面白い表現があります。
「闇を呪うより、ろうそくに火をつけたほうがいい」と云うのです。
つまり悪い状況に対して文句を言うのではなくその状態をよくする
努力をするといい。。。

それしかないですよね。

 

投稿: soukichi | 2011年4月17日 (日) 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Peace of Mind 春の光のなかで | トップページ | 移ろう春 »