« 花ふぶき・紙ふぶき | トップページ | 花粉症と気管支炎 »

2011年4月19日 (火)

春はデトックス

11detox

外は久しぶりに雨。

また冬に逆戻りのような冷たい雨だ。

でも、いつも書いているように、雨は浄化。

大気中や地上の埃や汚れを洗い流してくれる。

そして春は1年のうちでも最もデトックスの必要な季節ですね。

実は私、絶不調です。

先週の中ごろから、なんだかめずらしく喉がイガイガするなぁ~と思っていて、ここ数

年、寝込むどころかまったく風邪をひくこともなかったので、きっと風が強かったから

埃でも吸いこんだんだろう、と思っていたのですが ・・・・・・

どうやらこれ、ヒノキ花粉らしいです。

折しも先日ヒノキ花粉のピークのときに埃っぽい野川を歩いたのについで、土曜プー

ルの後すごい強風のなか自転車をこいできたのと、日曜朝にやった定期清掃の草む

しりと木の伐採の片づけをしたのがよくなかったのだと思う。

『自然界においての大きな法則として、あらゆる反応が起きるときには”臨界値”とい

うものが存在する』というのが医者の友人の口癖だけど、ついに私の中でヒノキ花粉

が臨界値を迎えたらしい。

昨日、劇的に発症しました。

今までは花粉症と言っても春先に目がかゆい・くしゃみが出るって程度だったのに、

昨日からずっと、くしゃみ・鼻水・涙がとまらない!!

おまけに喉はイガイガ、肌はボロッボロ、そして今朝は頭ボーッ ・・・・・・

けっきょく昨日1日でティッシュ1箱使い果たしました。

おかげで夜お風呂に入ったら鼻のまわりがヒリヒリ。

自分がヒノキ花粉にここまで反応するとはびっくり!

昨日の午後、それを仕事ついでに同僚へのメールに書いたところ、なんたってお医者

さんと仕事してるもんですから、「先生に言ってお薬出してもらいましょうか?」などと言

ってくださる。でもなんたって医者嫌い・薬嫌いの私なので、そのときはそこまでしてい

ただかなくってもだいじょーぶ、なんて思っていたのだけれど、やっぱりこれはもう駄目

みたいです。今朝早々に涙ぽろぽろでお願いしました。

こんなんじゃ家で仕事してたってぜんぜん仕事にならないのに、クライアントのところに

なんか行けるわけないもんね。

それで、ここまで劇的に発症するということはそうとう免疫力が落ちていたわけで、考

えてみればいくつか思い当たる節がある。まず震災後のストレス。揺れで夜中に何度

も目覚めるので眠りが浅かったのと、それに直後は計画停電があったり物不足だった

りして添加物の多いインスタントばかり食べていたこと。野菜不足。それと今月はやた

らと珈琲がおいしくて珈琲をたくさん飲んだ。珈琲がおいしく飲めるってことは私にとっ

ては体調がいいってことなのでそれ自体は悪くないのだけれど、私のばあい問題は

珈琲に入れる砂糖ですね。それと、お昼にパンばかり食べていた。これも良くない。

というわけで、まず自分で今すぐできるデトックスを考えた。

①まず浄化槽である肝臓と腎臓を温める。

 詳しいことは東城百合子『食生活が人生を変える』に書いてあります。

②足踏みマットを踏んで、膝上20センチまで揉み上げ、大きなマグカップに

 1杯の白湯を飲む。官足法のHP参照 → 官足法

③デトックス・ティーを飲む。

 デトックスに水分は欠かせない。良い水を飲むことはもちろんだけど、有効成分の入

 ったお茶も効果的。一般にデトックスに効果があるのは、ショウガ、シナモン、ペパー

 ミント、レモンなどで、これにオリゴ糖、はちみつを加えるとさらに飲みやすく効果的。

④デトックス食材を使った食事。

 デトックスと言ったらファイバー。究極のデトックスフードと言われているのは玄米で、

 これはうちは常食なのでOKとして、ゴボウ、レンコン、大根などの根菜類を始めと

 する野菜全般。抗菌・滅菌作用のある梅干し。抗酸化、免疫力アップ、体内浄化に

 効果のあるゴマ、にんにく、生姜、ネギ、豆類、海藻類、納豆、味噌 ・・・・・・(書き始

 めたらキリがないけど)などをバランスよく積極的にとる。

⑤ラストはヒマラヤ岩塩のお風呂に入る! ですね。

 これはもっとも簡単で気持ちがよくて即効性があるかも。

 ヒマラヤ岩塩のお風呂にのんびり浸かっていると心身ともに余分なもの・ネガティ

 ブなものがぬけていくのがわかります。

・・・・・・ ということで、とりあえず手持ちのウィートヒート(オーガニックの小麦を麻の

袋に入れた、レンジでチンして使うカイロいたいなもの。これ、すごく優れものなのだ

けれど輸入元の都倉インターナショナルが倒産してしまったらしくて手に入らなくなっ

てしまって残念)で肝をあっためてみたのだけれど、思った以上に効きそうです。

何より、肝臓のあたりを温めるとホッとやすらぐ。

そしてお昼に買い物に行ったついでにスーパーで目に入ったお茶を買ってみた。

『べにふうき』。屋久島産の有機栽培茶で、花粉症に効くことで有名らしい。

夕方にはポンパドールのミントティーとジンジャー&レモン・ハーブティーも買った。

このジンジャー&レモン、すごくいいです。ティーバッグとは思えないほど生姜が効い

ていて、からだが温まる。はちみつを入れるとおいしくて喉にもいい。

こころなし少し良くなったような気がします。

こんなんで私はしばらくデトックス、続けます。

早くすっきりしたい!!!

11teahoney

|

« 花ふぶき・紙ふぶき | トップページ | 花粉症と気管支炎 »

Health&Beauty !」カテゴリの記事

コメント

こういう健康法、とても詳しいんで
いつも感服しちゃいます。すごい。

私は、秋にも花粉症になるほど花粉症に
ぞっこんです(笑)
ところが、テニス大好き、外で歩き廻るの大好きなので、
マスク以下の予防はいっさいしません。
目薬鼻薬の対処だけ、その薬も10年同じもの。

ヒケツは「気にしない」こと。
こう思い込んでます。

さすがに泣きたいときありますが・・・・・・
オトコは泣かないのだ・・・・・と(汗)

そんな無知なヤツ、許せん!
と教えに押しかけてこないでね(笑)

投稿: 四季歩 | 2011年4月24日 (日) 21:36

四季歩さま、
教えに押しかけてゆくほど、あたしは暇じゃありません
私が詳しいのは、病気しても私の代わりに働いて家事やってくれる人がいないからで、その状況で病気するとツライだけだから(実際ツライ目に何度もあってきたから)、病気したくないってだけです。
ある人のサイトを読んだところ、免疫力の弱い人(病気になる人)っていうのは依存できる相手がいるからで、依存できない過酷な状況にある人ほど免疫力が高いそうです。
なるほど、と思って読んだ記憶があります。

私は今までマスクもしたことないし、花粉を気にしたこともないです。
っていうか、自分がこんなにヒノキ花粉にやられるとは驚きでした~
私がするのは気にすることじゃなくて日頃から免疫力をアップするほうです。
何もしなければ年々歳をとるほど筋肉量も免疫力も落ちて行く一方ですから・・・

そうそう、テニスする人に気をつけてほしいのは紫外線ですね。
目と肌。それと熱中症。
できるだけ真夏の屋外でのテニスはサングラスして、男の人でもUVケアクリーム塗って、首の後ろを冷やして、まめに水分を摂ることです!
くれぐれも真夏のテニスコートでぶっ倒れないように!
何度も見てますから。わたし・・・

投稿: soukichi | 2011年4月25日 (月) 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花ふぶき・紙ふぶき | トップページ | 花粉症と気管支炎 »