« そしてLIVEはずっと続いてゆく | トップページ | 震災後初のプール »

2011年3月25日 (金)

イヴァン・リンスの『上を向いて歩こう!』

Ivan_lins_4   

昨日、ライブ帰りの電車の中で友人に教えてもらった。

YouTubeにイヴァン・リンスが震災に遭った日本のために『上を向いて歩こう!』を歌

った動画がアップされてるらしいよ、って。

帰宅してからさっそく検索すると ・・・・・・ ありました

日本を愛してやまない、そして日本人が愛してやまないイヴァン・リンスが、日本語で

『上を向いて歩こう!』を歌ってます。

check it out!

 Ivan Lins presents    上を向いて歩こう!

*****************************************************************

そして、これは昨日、友人にもらった小鳥のイラスト本。

11the_bird_book

娘さんが最近ボランティアで入り浸っている原宿のギャラリーで本の交換会をしても

ったものだそうで、色鉛筆で描いたラフスケッチなのだけれど、これがかわいいの。

11the_bird_book01

いま問題になっている原発のことも、人への影響や水や食料のことばかりだけれど、

鳥や小動物や虫や魚や植物や、大きくいうと地球の生態系への影響なんかも気にな

っていたりしますよね。原発のある周辺ではどこまで汚染が進み、どれだけ被害が出

ているのか。なかなか本当のことはわからないので。

願わくは最小限にとどまってほしいけれども。

11the_bird_book02

そして川越成田山のお供物。

11okumotsu01_2

子どもの頃、なぜか父方の親族と会うというとたいてい誰かのお葬式か法要か何か

で、よくお寺に集まった。田舎のお寺ではあるけれど由緒正しいお寺らしく、お寺の

作りもお坊さんの着ている袈裟もとても立派で、お経の声も素晴らしかった。子ども

ながらに朗々たるお経を聴きながら、ゆっくり立ち上る線香の煙の先に天女の羽衣

を重ね合わせてうっとりしたこともあったけれど、基本子どもなので、たいていは妹と

お坊さんの禿げ頭と木魚を見くらべては笑いをこらえるのが大変だった。

でも、そんなこと露とも知らないお坊様は、お経が終わると私たちのほうを向いて「小

さいのによく長いお経を静かに聴いていられたねえ」と言って、お供えしてあったピン

クや白の立派なお供物(干菓子)をご褒美にくださるのです。母には変わってると言わ

れたけれど私はそれが大好きで、いつもひとりで食べていた。それをいつか友人に話

したら、あたしゃお供物は嫌いなんだよ、と言って、機会あるごとにくれるようになった

のでした。母は、これを食べると一年、無病息災でいられるのだと言っていた。

私は未だにそれを信じていたりします。

なので、今年も子どもと分けて食べました。

11okumotsu

|

« そしてLIVEはずっと続いてゆく | トップページ | 震災後初のプール »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そしてLIVEはずっと続いてゆく | トップページ | 震災後初のプール »