« 春は黄色から* | トップページ | 「塩の男はこう語った」 »

2011年3月 2日 (水)

ヒマラヤソルトを買って『国境のない医師団』に寄付をしよう!

11himalayan_salt

おとといの夜、ちょこっと追記したクロージョーアイズさんの『ニュージーランド地震救

援金チャリティ品』のローズ・シリシャス・シストのブレスは、あっという間に完売しちゃ

いましたね。石好きには絶大な人気と信頼のあるクロアイさんだから、私がここに書

くまでもなく売れてしまうことはわかっていたのだけれど、あのお知らせを見たときは

「すごい!」と思って、何かせずにはいられませんでした。

それに、あのブレスもとてもよかった。

ローズ・シリシャス・シストは比較的最近出てきた石だそうで、グリーンとかピンク系の

石はたいてい第4チャクラであるハートに作用する石が多いのだけれど、ハートの中

でもあの石は胸の真ん中の反対側、つまり肩甲骨の間に作用する石らしく、肩甲骨と

言ったら上半身の免疫の要なので、私はそこに興味をひかれました。

私のローズ・シリシャス・シストは今朝届いて、娘が持っていきました。

『石の意味』を読んだら今の自分に必要だと思ったみたいです。

私自身はもうできるだけ自分には石は買わないと思っているので、いま必要な人のと

ころに行ってよかったです(^-^)

そして。

このお知らせが届いたのと同じ日に、もうひとつ別のメールが届いてました。

私がよくヒマラヤソルトを買っているフェアリーブルーさんのオーナー、福本いずみさ

んの誕生月が今月ということで、birth にちなんで何か命に関わることがしたいと考

えて、このイベントを思いついたのだそうです。それは、今月3月に売れた塩関係の

商品の売り上げの5%を、もともと寄付先のひとつであった『国境なき医師団に寄

付しよう! というもの。

というわけで、いまフェアリーブルーさんのヒマラヤ岩塩のコーナーに行くと、通常

価格にプラス100円の寄付つきカートが設けられています。もちろん、寄付は強制

ではないので通常価格のカートもあってどちらか選べるようになっていますが、でき

ましたらあなたのお気持ちをください というところですね。

それで、上の写真で左がヒマラヤ紫ソルト(ブラックソルトとも言う)、右がヒマラヤピ

ンクソルトの塊です。紫ソルトのほうは独特の硫黄臭があって、これをお風呂に入れ

ると上等の天然温泉になります。からだがものすごく温まって冷え症の解消になる。

浄化にもなる。食べると温泉卵みたいな味がしておいしいです。

ピンクのほうは紫ソルトほどの癖がなく使いやすい。

そして、その両方のいいとこどりをしてできたのが、このヒマラヤ岩塩ブレンドソルト

です。

11himalayan_salt_02

もうここでも何回も紹介しているけれど、これ、めっちゃウマウマです♪

最初の頃はもったいないのでゲランドのお徳用袋の塩を安く仕入れてきてそれと併用

していたのだけれど、今はこれだけ。

これなしにはもう我が家のごはんはありえない! ってほどの愛用品です。

初めて使った日から、「あれ、私の料理の腕あがった?」と思うこと間違いなしです。

料理に使うほか、花を生ける水にちょっと入れると花が長持ちします。

また岩塩の塊を部屋のあちこちに置いておくと部屋の浄化になります。

ヒマラヤ岩塩コーナーに行くと、食用のほか浴用、それから岩塩を使ったいろいろな

商品、それにヒマラヤソルト以外の塩も売っています。

良い塩は身体にいい! 何より美味しい! 封を開けなきゃ買いだめもできる!

しかも、いつも以上に良いエネルギーがもらえる!

・・・ というわけでヒマラヤソルト、ぜひお試しください。

|

« 春は黄色から* | トップページ | 「塩の男はこう語った」 »

@お知らせ !」カテゴリの記事

コメント

こんな風にご紹介頂いて嬉しいです。
そして、寄付したいんだけど、どこにしようか、
どうしようかと思われていらっしゃる方が多いことに
驚いています。
ありがとうございます。

投稿: ノブタ | 2011年3月 3日 (木) 07:36

国境なき医師団については、昔から素晴らしいと
思っていました。
私のように行動力が無い人間には、
とうてい出来そうにないことなので、一層です。
ナショナルグラフィックスを読んでると、けっこう国境なき医師団への
寄付の依頼があって、昔からしてました。

今回のニュージーランドでも、こういう活動を志望していた
何名かの方が犠牲に合われていて、
ほんとにお気の毒でしたね。

投稿: 四季歩 | 2011年3月 3日 (木) 19:46

ノブタさん、こんにちは!
いずみさんの野望もどうやら今日中に達成しそうですね!
私も今月中には塩買わせていただきま~す♪
それまで寄付付きカート、残しておいてくださいね(^-^)

いまはイージーに情報があふれすぎていて、どれが信じられる情報なんだか
わからなくなった時代なのかもしれませんね。
か、または自分でちゃんと考えることをしなくなったか。
そのどちらもなんだと思います。
医者にかかるにしても、いまは患者が賢くならないといけない時代なのにね。
そういう、どうしていいかわからない人たちの導き手の1人がいずみさんなんだろうな
と思います。
私もある部分では導いてもらってます。
感謝ですね。

投稿: soukichi | 2011年3月 6日 (日) 19:00

四季歩さま、
世界のどこにだって行ってしまえる四季歩さんが行動力の無い人間だったら、
行動力のある人なんていなくなっちゃいますよ。

でも、本当にああいうことができる人はすごいですね。
まず日本では医師になるまでが大変だし、医師になったとして技術とともに
必ずしも人格がともなっているかどうかは難しいところだし、全部がそろって
いたってややもすれば自分の命さえ危ないところに行くわけですから。
よっぽどのビジョンと強い意思がない限り、できないことだと思います。

でも、今や海外どころか、日本は子どもを産める産婦人科の病院がない、
子どもを診てくれる小児科医がいない、
救急救命に携わる医師が圧倒的に足りない、というのが現状なんです。
ほんとに深刻な問題です。
過疎地はもちろん、都市部、東京でも。
それにつけても都知事をやってくれる、もっとまっとうな候補者はいないものかと
思います。

投稿: soukichi | 2011年3月 6日 (日) 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春は黄色から* | トップページ | 「塩の男はこう語った」 »