« あたらしい芽 | トップページ | 沈黙よりいいもの。 »

2011年3月19日 (土)

スイセンとクリスマスローズ

11suisen

部屋のなかでいい匂いをさせているスイセン。

これはきっとOさんの庭で咲いたものだ。

昨日とどいた大きな荷物のいちばん上に載っていた。

東京では手に入らない懐中電灯の代わりに、会社の経理をやっているOさんの旦那

様が地元神戸の電気屋さんをいくつも回ってやっと手に入れたという、懐中電灯にも

なるセンサーライトというのを送ってくださった。それにしてはやけに大きい紙袋だと思

ったら、中にはティッシュペーパーやら切り餅やら竹の子ご飯の素やらいろいろ ・・・

ひとつひとつ出しているうちに、昔こんなふうにいろいろ送ってくれた義理の母のことを

思い出してしみじみしてしまう。母となった人のすることはみんな似ている、と思う。

たぶん、私のすることも彼女たちとそんなに変わりないだろうと思う。

けれど素朴な花束には小さなカードがついていて、そこに書いてある言葉には私には

とても使えない言葉が書いてあって、ハッとする。Oさんはすごく純粋な、育ちの良い

方なんだろうなと思ってしまう。

11card_2 

この花はやっぱりOさんの家の庭に咲いたものだった。

今年初めて咲いたクリスマスローズだそうだ。

11chiristmas_rose

おとといは別便でOさんと会社の同僚のHさんから佃煮の詰め合わせとお菓子が届い

た。生まれて初めて大きな地震にあって、何かと不自由な思いをしているだろうから、

という職場の方々の心遣い。ほんとにありがたいし、自分は仕事仲間に恵まれたと思

って感謝でいっぱいになる。でも一方で、毎日1000人単位で増えて行く震災による

死者や、「1週間ぶりで温かいものを口にしました。本当にありがたいです。全国の皆

さんに感謝です」と言いながら泣いている被災者の男の人を見たりすると、自分なん

て震災にあったといっても『遭った』という表現が憚られるほど、今のところは家のなか

の物がちょっと壊れたのと物不足なのとたまに停電になるくらいのことで、人に何かし

てもらうレベルではないんじゃないかと思ってしまう。でも、そう思うのも私がだいぶ落

ち着いてきたからか。

今日のプールはスイミングクラブから事前に葉書がきて中止になった。

地震の最中にプールにいた人たちはきっとすごく恐い思いをしただろうけど、その後

プールは安全点検と確認をした後、15日から営業していたという。今回の臨時休館

は計画停電によるもの。でも、それも昨日の夕方になって中止になった。

夕方、一日じゅう家にいたので娘と買い物に出て、帰りの道すがら暗闇で誰もいない

のをいいことにクロールのプルをしながら歩いた。娘は他人のふりをして離れて歩いて

いたけれど、腕を振り回すのは肩こりにとてもいいのよ。

夜空の雲のなかをクロールで泳ぎたいという私の幻想 ・・・

ポストを見ると同僚からカードが届いていた。

11bird01_2 

|

« あたらしい芽 | トップページ | 沈黙よりいいもの。 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あたらしい芽 | トップページ | 沈黙よりいいもの。 »