« 節分・福豆・一陽来福 | トップページ | 花ふきん »

2011年2月 4日 (金)

立春

11rissyun

立春。

今年も毎年恒例、明治神宮に行く。

いつもだと、ここへ来ると瑞々しい森の息吹を感じて思わず深呼吸するのが、今年は

去年の暮れ以来まったく雨が降らないせいでカラッカラに乾燥して、おまけに砂利道

を整備している人が大量に砂埃を舞い上げているせいで少々埃っぽくはあるけれど、

それでもここは特別に浄まった気を感じる場所。

11rissyun01

長い参道を歩いて、本殿の鳥居をくぐる前に、その手前にある手洗い所で神道の友

人に教えてもらった手順で手を洗い、お賽銭を洗ってお参りをする。

11rissyun02

立春の日はいつも人が多く、今日の意味を知ってか知らずか外国人参拝客も多い。

鳥居をくぐってすぐのところで韓国人の女の子の三人組に写真を頼まれた。

そして南神門をくぐった横の広場では、今日の佳き日に神前結婚式を挙げた新郎新

婦とその一族が記念写真を撮っていて、たくさんの人だかり。

参拝を終えて出てくると、絵馬を書いている人が目に入る。

それにしても、まるで絵馬を守るように、180度傘のように枝を広げたこの御神木も

いつ見てもすごい!

11rissyun03

そして、ここへ来るとなぜか鳥居ばかり撮ってしまうのは何故なんだろう。

11rissyun04

大気の澄みかたとか、光の見えかたとか、木々の間から射してくる木漏れ日とか、

すべてここ特有のもののように思う。

帰り道の、緩い坂の上から見下ろす参道の眺めも好きだ。

11rissyun05

昨日、節分にここへ来た友人も「来てよかった」とメールに書いていたけれど、いつ来

てもそう思えるのがここだ。東京人にとっての1番の聖地じゃないかと思う。

私も今年も立春に参拝に来られてなんだかほっとした。

それにしても、数年前の立春に来たときは樹木の足もとに分厚い霜が降りていて、緑

の多いここは一段と冷えてダウンを着ていても寒いくらいだったのに、今日のなんと暖

かいことか。まさしく春だ。

一の鳥居を出ると表参道には日の丸の旗が翻っていて。

11rissyun06

街路樹のこぶしも、なんともうほころびかけていた。

11rissyun07

11rissyun08

私もアルパカのマフラーなんかして歩いていたらもう暑いくらいで、帰りはしないで帰っ

た。そうしたら、今日の最高気温は13.8度もあったそうだ。どおりで。

立春の今日は、2月頭にして3月下旬の春の陽気。

11rissyun09

|

« 節分・福豆・一陽来福 | トップページ | 花ふきん »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節分・福豆・一陽来福 | トップページ | 花ふきん »