« グレイッシュ・トーン | トップページ | リンゴでパリを驚かせてやる »

2011年1月18日 (火)

今年最初のオラクル

11mokuren

今日、夢の中に懐かしい人が出てきた。

以前の職場の、会社の社長。

夢の中でも彼女はすごく大胆で、クリエイティブで、相変わらず魅力的だった。

あれから何年過ぎたのか。

私がこれだけ年をとったということは、彼女も年をとったということだけど、今でも家庭

画報に載ったりしているんだろうか。

かつて私は彼女に気に入られていたようだけれど、でも夢の中では私は彼女に否定

されていて、今の私がどこか、何か、本来の自分とは違っているような、それがなんな

のか、あともうちょっとでわかりそうで、わからない、もどかしい感じで夢から覚めた。

それが何なのか考えていたら、午後に届いた荷物の中に入っていたカードにはこんな

言葉が書いてあった。


   怖れとは否定的な現実を『選択』することである。

   人生を本当にコントロールできている状態とは

   全くの努力不要な状態である。

   あなたが一番ワクワクするものを行動に移すとき、

   望む現実を起こすことができる。

   あなたがあなた自身でいるとき、

   宇宙は一番ラクにあなたをサポートできる。

                                  バシャール


今年最初のオラクルはタイムリーにやってきた。

この言葉の感じはすごくよくわかる。

こういう波はときどきやってきて、今にもその波に乗れそうな気がするけれど、それよ

り先に私はすぐにハイになってしまって無駄にエネルギーを使い果たしてしまい、うま

く乗れたためしがない。

でも、何をどうしたらいいのか、その感じはちょっとわかる。

これも夢と同じようだ。

外に出ると今日も空は青く晴れていて、白いウールモッサのコートを着たような木蓮

の芽がすごくかわいらしかった。

|

« グレイッシュ・トーン | トップページ | リンゴでパリを驚かせてやる »

season colors」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

人生を本当にコントロールできている状態とは。。。

どういう状況で、こういう境地に至るのでしょうかね~

僕なんか、あまり後ろを振り向かないんですよね。

その時々を楽しいと思って、生きてるので、落ち込むことも少ないんです。

先週一週間は、インドネシアに出張してたんですけど、現地の人たちは生き生きしていて、話していて楽しかったですよ~

投稿: qharada | 2011年1月24日 (月) 20:30

haradaさん、
そういう状態ってすごく長い状態ではないんじゃないかと思います。
で、ふだんから自分を取り巻く気とか、自分自身の気とか、相手の気とかに敏感じゃないとわからないかもしれませんね。
でも、ありませんか?
あ、風向きが変わったな、とか、いまスイッチが入った、と感じるような瞬間が。
何かに夢中になってるときの、まるで両手放しで自転車に乗っても平気なときみたいな感じとか・・・

で、haradaさんにとっては『後ろを振り向くこと』はネガティブだという認識なのでしょうけど、私にとってはそれはイコールじゃないんですよね。
『考える』ということと『落ち込む』こともイコールじゃない。
それよか失踪したワンちゃん、見つかりました?

投稿: soukichi | 2011年1月28日 (金) 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グレイッシュ・トーン | トップページ | リンゴでパリを驚かせてやる »