« 認知症について考える | トップページ | せいさんの思い出 »

2010年12月12日 (日)

Winter Sky

10winter_sky_3

A Time For Love を口笛で吹きながら買い物に行った。

これを歌うときの翠ちゃんの声の切実さと、哀愁を帯びて朗々たる直さんのフレージン

グを思い出しながら。

たしか夏空の下でも同じことをした。

でもこの旋律はいま、この季節になってこそいっそう胸にしみる気がする。


ハチドリや蝶がやさしく愛の言葉をささやく夏の空もいいけれど

落ち葉の舞う季節もいいけれど

でも、1番いいのは、愛の時間 ・・・


 As time goes drifting by

  Time willow bends and so do I

  But oh my friends, whatever sky above

  I've known a time spring

  A time for fall

  But best of all

  A time for love


ときどき、このブログの検索ワード・ランキングを見ると、『A Time For Love 歌詞』と

いうのが入ってることがよくあるから、それだけ人の心をとらえる曲なんだろう、と思

う。清水翠の歌を聴くまでは、この曲は私にはビル・エヴァンスの演奏でお馴染みだ

った。どのアルバムに入ってたか、すぐには思い出せないけれど ・・・

|

« 認知症について考える | トップページ | せいさんの思い出 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 認知症について考える | トップページ | せいさんの思い出 »