« ハンドメイドのブローチ* | トップページ | 心の糸 »

2010年11月27日 (土)

プール日和♪

Flying_bird

今日も気持ちよく晴れた!

11月も終わりだというのに窓際にいるととっても暖かい。

水着の上にチュニック丈のフーテッド・パーカとデニムを着ただけの薄着で自転車を

飛ばしながら、今日も元気で泳ぎに行けることを「しあわせだー!」と思う。

そう思っただけで大げさじゃなく全身に生きる歓びが湧いてくる。

北村太郎の詩のどこかに『死ぬまで続けよう、一人暮らし』というのがあったけれど、

私の場合は『元気で泳げる限り続けよう、スイミング』だ。

残念ながら先週はプールに行けなかった。

そして今週はもうSコーチじゃなくてちょっとがっかりしたけれど、今日の若い女の子の

コーチも悪くなかった。

アフター・プールのジャクジーで、顔見知りのフォトグラファーと会って話す。

いつだったかプールの中を歩いていて、1番下のクラスのレーンを次元の違うバックで

泳いでいる人がいると思って見たら彼だった。

とてもなめらかでスムースなきれいな泳ぎだった。

彼は数年前、私の後から入ってきて、あっという間にやすやすと私を抜かして最上級

クラスに行ってしまった人だ。もともと泳げる人だったのだと思う。

その彼が何故いま1番下のクラスで泳いでいるかというと、体調を崩して入院したこと

が原因なのだった。詳しい病名は聞かなかったけれど、なんでも朝起きたら全身が動

かなくなっていたのだそうだ。それが去年のこと。

それから退院してスイミングクラブにもまた来ていたのだけれど、今年また調子が悪く

なって入院をしたりしたらしい。やっぱり、ふだんどんなに健康そうな人でも、ひとたび

思い切り体調を崩したりするとなかなか元通りには戻すのは大変なんだな、と思う。

それで、2度の入院ですっかり筋肉が落ちて思うように身体が動かなくなってしまった

ので、1番下のクラスで様子を見ながら無理せず体力回復をはかっているらしい。

とてもおっとりした優しい雰囲気の人で、目が合うといつも静かな微笑を見せてくれ

る。たまにジャクジーで一緒になると、お喋りするくらいの知り合い。

その彼からジャグジーの中で、「来年5月に出る僕の3冊目の写真集が新人賞をとっ

て、その縁から来年、フランスで個展ができそうなんです」と聞いてびっくりした。

うわあ、すごいじゃないですか、おめでとう!と、ひとしきり祝福してから「その写真集

ってAmazonでも買えるの? なんて検索したらいいのかな。お名前は ・・・」と言いか

けたら、「出たら1冊さしあげますよ」なんて言うじゃーありませんか。

ほんとに?! う、嬉しい ・・・ !

いま新しく名刺も作ってるところだから、それもできたらさしあげます、とおっしゃる。

彼には前にお勧めのカメラを聞いたことがあったのだけれど、そのときの彼のお勧め

はオリンパスだった。そうしたら、オリンパスのサイトにも、オリンパスの製品を使って

いるフォトグラファーということで僕の名前も載ってますよ、と言うので、えー? そんな

に有名なフォトグラファーだったんですかあ? なんで早く言わないの、などと言ってし

まったのでした(^-^) 今まで名前すら知らなかった。

それで、家に帰って調べたらこの方でした → 中田総一郎さん

ちなみに、4泳法の中で好きな種目は? と聞かれたら私はバックです。

とりあえずブレスを気にしなくていい。同じクラスの人からもキレイに楽に泳いでると言

われる。バックが上手かったらクロールも上手く泳げるはずなんだけど、私はブレスに

どうも問題がある。クロールもバッタもハッと気づくと息を止めて泳いでたりして。さらに

バッタと平はプルとキックのタイミングの問題があるし。シンプルに見えてじっつに奥が

深いスポーツです、スイミングって。ゆえに飽きない。

というわけで、私のスイミング・ライフは続く ・・・ じゃなくて、中田総一郎さんの写真集

をいただいたら、またここにアップしたいと思います。

すごく楽しみ!

|

« ハンドメイドのブローチ* | トップページ | 心の糸 »

Good Swim♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンドメイドのブローチ* | トップページ | 心の糸 »