« 朝のバラ | トップページ | 黄砂を洗う雨 »

2010年11月14日 (日)

病気の匂い

10himaraya01

いつだったかもうずいぶん前のことになるけれど、本気で自分が乳ガンなんじゃない

かと疑って、考えた末に前に一度だけかかったことのある女医のところに行ったこと

があった。その女医はものすごくはっきりものを言う、男みたいにサバサバしたひとで

でも面白いひとだったから好きだった。

彼女は私の主訴を聞くと、「で、あなたは自分がガンじゃないかって思うのね?」と言

った。それから私の顔を見て、「でも、あなたはたぶんガンじゃないと思うよ。身体に

炎症がありそうな顔してないから」と言った。

私は声にこそ出さなかったけれど「え、顔ですか?」と思った。

「でも、心配で来たんでしょうから、血液検査だけでもしてみる? 血液だけでもずいぶ

んわかることあるわよ」と言うので、私は「お願いします」と言った。

採血した血を検査にまわしてから彼女は、「で、どこにしこりがあるの? 検査結果を

待つ間、一応触診もしてみましょう。そのほうが安心でしょ? そこのベッドに寝て」。

それから触診をしながら「余分な脂肪は全然ついてないのね」と言い、私が太りたい

のだけれど太れない、というようなことを言うとカルテをチラッと見てから「もう子どもも

2人産んでるのね。ならもういいじゃない。あなたの年齢から太ってもいいことなし!」

と言った。

そして、触診した結果は異状なしだった。

そうしているうちに診察室のドアをノックする音がして、今度は採血した検査結果がき

た。彼女はその細長い紙きれを見ながら「あ、やっぱりね。腫瘍マーカー異常なし。貧

血があるかと思ったけれどそれもないみたいね」と言った。

それから少し話をしたけれど、何を話したか忘れてしまった。ただ私が過労とストレス

で消耗していること、神経がちょっと繊細すぎるんじゃないの、と言われた後に、少々

励まされたことくらいしか記憶にない。

あっけないくらいだった。

でも私は灰色だった疑惑から解放されて、すっきりして帰った。


それから、また別の日。

仕事を終えて食事をしようと、満席のレストランの店先で仕事仲間の医者と2人並んで

椅子に腰掛けて順番を待っているときだった。友人(耳鼻咽喉科医で音声医学の研究

者)が、人の声を聞いただけでも身体のどこいらへんに悪いところがあるか、心のどこ

にブロックがあるかわかる、と言うので、「じゃあ、ちなみに私は?」と聞いたら、彼は

ろくすっぽ人のことを見もしないで、「あなたは病気じゃないよ!」と言った。

「なんでそんなに簡単に言えるのさ」(いい加減だな!と思いながら)私が言うと、彼は

笑って「だって、病気の匂いがしないもの!」と言った。

「匂い? 病気の匂い? 匂いで病気かわかるの?」と言うと、彼はいつもの言い方で

「そりゃ、あーた、まじめにまっとうに20年以上も良い医者やってればわかりますよ」と

言った。で、私は「ほんと? 信じていいのね? だったら私、その言葉を信じてガン検

診には行きませんから。ガン検診に行こうと思っただけでストレスでガンになりそうな

のよ。阿保先生もそう言ってるよ」と言い、友人は「まあ、そういうのもあるかもね」と淡

白に言った。


その言葉を思い出したのは今年の春のことだ。

朝、いつも1番最後に起きてくる息子が自分の部屋の襖を開けたとたん、まるでよそ

の家のドアを開けたときのような匂いがした。そう、つまり、うちじゃない匂い。

その匂いは息子の部屋からわぁーっとこちらの部屋に押し寄せた。

びっくりした。そして母の病院に見舞いに行ったときの病室の匂いを思い出した。

そうか、この子はほんとに病気なのか、とそのとき悟ったのだった。

それから息子の病気が少しでも良くなればと、息子が寝るときに着るTシャツと下着を

竹布にした。ずっと以前から竹布の良さをTちゃんから聞いて知っていたからだ。竹布

は遠赤外線を発するから身体が温まって着るだけで身体が楽になるし、何より肌触り

がよくて気持ちがいい。絹にくらべても高い抗菌力があって、汗をかいても臭くならな

い。実際、竹布のTシャツを着るようになってから息子からは変な匂いがしなくなった。

恐るべき竹パワー。以来ずっと愛用している。

そして、さらにびっくりしたのは浴用・紫ソルトを入れてお風呂に入ったときだった。

以前にもヒマラヤピンクソルトの塊を入れてお風呂に入れて入浴したことはあったか

らそのパワーは知っていたけれど、この紫ソルトは酸化還元電位-380mvというだ

あってすごかった。息子の次にお風呂に入ったら、お湯が臭いこと! 

・・・ つまり身体の悪いものが出たのだった。『病の気』のようなものだろうか。ひどい

ときには、息子は湯あがりに戻したりしていたほどだった。別にのぼせるほどお湯に

浸かっていたわけじゃないと言うのに。それで、最初は馬鹿にしていた息子も何かを

体感したのか、「お風呂に岩塩入れて」というようになった。別に病気じゃなくてもヒマ

ラヤ岩塩を入れたお風呂はとにかく温まるし、疲れもとれて肌にもいい。

そしてさらに、空間浄化のためにヒマラヤソルトランプを買った。

これが家に届いて初めて点けたときには、そのエネルギーの強さと広がりに驚いた。

大量のマイナスイオンを発生しているせいで、空気が澄んでくるのがわかる。

それに何より温かなこのオレンジの灯り。点けるとホッとする。

今やヒマラヤ岩塩は毎日量料理に使い、お風呂に入れて使い、岩塩ランプのエネル

ギーを浴びて暮らしている。なくてはならない必需品。

お陰で今は家の中に嫌な匂いはない。

玄米がよかったのかヒマラヤ岩塩がよかったのか自社のサプリメントがよかったのか

はわからないけれど(たぶん全部よかったんでしょう)息子の病気は徐々に良くなりつ

つあり、先週久しぶりに病院に入って量ったら、いっときは50キロを割っていた体重が

54キロになって、なんと背も伸びていたそうだ。よかった、よかった。


いつも夕方、暗くなってくるとヒマラヤソルトランプを点ける。

今日みたいに曇り空で1日どんよりした暗い日は1日中点けている。

家族であんまり気に入ったものだから、今年、身近な大切な人へのプレゼントはみん

なこれになってしまった。たいていの場合、すごく喜んでもらえたと思う。

・・・ と書いたら、なんとシンクロにもクロージョーアイズさんの今夜のUPはヒマラヤソ

ルトランプだったのでリンクしておこう♪ → クロージョーアイズ

これからの寒い時期には必須の灯り。

10himaraya

|

« 朝のバラ | トップページ | 黄砂を洗う雨 »

Health&Beauty !」カテゴリの記事

コメント

息子さん、快方に向かってて良かったですね。
そうきちさんも、お身体大丈夫そうでなによりです。

ヒマラヤソルトとか、そういうもの知りませんでした。
ということは健康なので、そういうものを求める必要が
なかったということなので、有難いことだと感謝。

ただ、最近眼に元気なくて、テニスやってても、
おいおい・・・・・と焦ることもあります。
メガネを作り直すというより、元気にしたいなあ、
と思いはじめています

投稿: 四季歩 | 2010年11月15日 (月) 00:24

四季歩さま、
ありがとうございます(^-^)
風邪は身体の大掃除って言うからたまに熱でも出したいところなんですけど、私ここ数年風邪もひきません(^-^;
真冬に雪の降るなかスイミング帰りに濡れた髪のまま自転車で走っても平気なの。
なんなんでしょうね~(@@)

ヒマラヤ岩塩は別に病気じゃなくても食べておいしく身体によく、お風呂に入れてあったまり、灯りにして空間浄化でこころ休まる優れものですよ~

そして、目、ということであれば私はブルーベリーアイです。
あれをずっと飲んでます。
もはやパソコン仕事の友!
なんたって近眼で宇宙飛行士目指した人がブルーベリーで視力回復したくらいですから。サプリメントなんか、と馬鹿にしないでぜひお試しください。
わかさ生活さんのサプリは安くて良心的だと思います♪

投稿: soukichi | 2010年11月16日 (火) 00:14

こんにちは!秋バラがキレイに咲いてますね。うちはほんとーにぽつぽつです。
時々見かけた岩塩ランプ、気になっていたんです。そんな効用があるのですね。
温かい光とごつごつした素朴さがいいなー。部屋のあちこちに小さいランプをつけるのも好きなので、そうきちさんのデスクにときめきました。
クロージョーアイズさんで買おうと思います^^
息子さんもいい方向にむいてるのですね。うれしくなりました!

投稿: カフェオレ | 2010年11月16日 (火) 06:58

私も以前病気になった時、そういう匂いを発して
いたんでしょうか(^^;
色々と勉強になりました。

そして、紫ソルトのこと書いて頂けてとても
嬉しいです。ありがとうございます。


投稿: ノブタ | 2010年11月16日 (火) 09:04

カフェオレさま、
お久しぶりです。どうもありがとう!(^-^)
カフェオレさんもお元気そうで何よりです。
私も家の中に小さいランプやキャンドルがあるの、好きです。
特にこれからの寒い季節はそんな温かい灯りに心なごみますよね
ヒマラヤソルトランプを売っているショップは他にもいっぱいあると思うけど、
ひとつひとつの写真が載ってて、好きな形を選べるのはクロージョーアイズさん
だけじゃないかと思います。けっこう個体差があるので。
カフェオレさんの家にも届いたら、また写真でもアップしてくださいね~♪

投稿: soukichi | 2010年11月16日 (火) 23:30

ノブタさま、
いつもコメントありがとうございます。
友人が言った『匂い』というのは言葉のニュアンス的な部分もあると思います。
よくある刑事もののドラマ(笑)で、刑事が「なんか匂う」と言うのに近いというか。
でも実際にガン細胞なんかは匂うというし、それをペットが飼い主に吠えて知らせたお陰で早期発見につながって助かった、なんて実際の話もあるくらいだから、病気の匂いというのはきっとあるんだと思います。
主に言うと免疫力が下がっての酸化臭なんでしょうけれど、病院の病室に行くと顕著ですよね。

で、ヒマラヤ岩塩・浴用ソルトの威力はすごいです。
ほんとに病気だけじゃない、悪い気が抜ける感じですよね~
いまや食用も浴用も必需品なので、良いものは人にも伝えなきゃ! って感じです。
ありがとうなんてとんでもない、こちらこそ良いものを提供してくださってありがとう!
です(^-^)
梅干しも手前味噌もヒマラヤ岩塩ブレンドソルトでいい味になりました♪


投稿: soukichi | 2010年11月16日 (火) 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のバラ | トップページ | 黄砂を洗う雨 »