« kusu kusu&コトリ花店 | トップページ | またまた栗ごはん♪ »

2010年11月 7日 (日)

秋のラ・フランス

10la_france_07

娘が高校生のときに学校で接いできたラ・フランスが今までで最高の花を咲かせた。

か細いステムの先についた大輪のバラ。

くるくるとめくれあがった繊細な花びらと、たった一輪であたりがバラの香りに染まって

しまうような、素晴らしい香り。

「ほら、あなたのバラがこんなにきれいに咲いたよ!」

と娘に言うと、「うわあー、ほんとだ。このバラ、学校にあったときもすごく弱そうだった

のに、よくそんな風に咲いたね」と言っている。

「そりゃ、あなた。育ててる人がいいんだもの」と笑った。

ま、そうかどうかは別として、私が愛情たっぷりのことは確かだと思う。

石だって、たいていの石は届いたときよりもきれいになってるから。

そして下は粉粧楼。

10funshourou_03

これもとても弱いバラなのに、今年の猛暑でよくもったと思う。

この花が弱いのは夏の強烈な陽射しよりむしろ、春先の雨と梅雨時の湿度のようだ。

夏の宵だったか、この花の前を通ったとき、ふわっと白粉(おしろい)のようないい匂

いがして、なるほど、それで粉粧楼か、と思ったものだった。

秋バラはどれも春バラよりも色が濃くなるようだ。

秋バラ、と書いたけれど今日はもう、立冬。

|

« kusu kusu&コトリ花店 | トップページ | またまた栗ごはん♪ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« kusu kusu&コトリ花店 | トップページ | またまた栗ごはん♪ »