« Chiva Cafe/シヴァ カフェ | トップページ | 近所の雑貨屋さんで* »

2010年10月20日 (水)

Windows

10window

Windows


Though what's happening

is quite simple,

the underlying reason is complex


and the sunlight

pouring through the window

does not reach the heart's center.


This afternoon

rats are scuttling about

in the roof-space.


Open windows

overlapping endlessly

on a flat liquid crystal screen -


I can't

see your eyes

there.

(英訳:Wiliam.I.Elliot / 川村和夫)

*****************************************************************

今朝、朝1で友達からきたメールを見たときの気分はこんなだった。

これは谷川俊太郎の詩集『minimal』(ミニマル)からの引用。

自身の三行一連からなる詩に英訳をつけて出版した詩集で、帯には『世間知シラズ』

から10年ぶりの詩集、とあって、そんなことや本のディレクションが気に入って買った

のだと思う。

谷川俊太郎さん自体、そうとうな英語の使い手だろうと思うのに、自分の詩を英訳する

にあたってはやっぱり専門の翻訳家が必要だったのか、それほど詩の言語って英語

においても違うのだろうか、と思う。

昨夜『シヴァ カフェ』の記事をアップした直後に英語のコメントが入って、ライター名も

なければコメントもタイプミスしていたのでスパムかと思ってすぐに消してしまったのだ

けれど、後でメーラーに入ったコメント通知をよくよく見て、ちょっとハッとしました。

いくら私が直感人間だからってまさかとは思うけれど、英語がだめな私でも一応コメン

トの内容はわかりました、とここで言っておきます、誰にともなく。

以下は元の日本語の詩。

この詩集を出版するより何年か前、谷川さんは詩から遠ざかりたいと思ったことがあっ

たのだそうだ。書けない、ということではなく、むしろイージーに詩を書いてしまう自分、

詩の視点でしか現実を見られなくなってしまった自分に嫌気がさして。

『沈黙したい、もう一度沈黙に帰って新しく書き始めたいという意識下の欲求が、私に

とっては未知のものであるこんな短い詩形を選ばせたのだと思う』と、あとがきには書

いてある。そういえば、ジョアン・ジルベルトの『声とギター』のCDの帯には、『これより

いいものがあるとしたら、沈黙しかない』と書いてありましたっけ。

静寂が際立つ季節になってきましたね。

秋だなあ ・・・

*****************************************************************



起こってることは

こんなに単純なのに

その訳はこんぐらがって


窓からの陽射しが

心の中まで

射してこない


天井裏を

鼠が走る

午後


平たい液晶に

限りなく重なって

開いている窓


そこからは

見えない

君の目


(谷川俊太郎『minimal』より『窓』/思潮社)

Minimal_2

* 思潮社 / minimal 谷川俊太郎

|

« Chiva Cafe/シヴァ カフェ | トップページ | 近所の雑貨屋さんで* »

日常のなかの詩/詩のある日常」カテゴリの記事

コメント

谷川俊太郎さんの「沈黙」の話、
いいですね。

私がちょうど高校生三年のときに、その高校の校歌を
新しくするということで、谷川さんの詩で出来ました。
前の校歌が染みついていて、谷川さんの校歌、
今では歌えないのが残念です。

でも、それからずっと谷川さんの詩は好きです。

投稿: 四季歩 | 2010年10月20日 (水) 19:26

四季歩さま、
まあ、そうですか。
昔懐かしい鉄腕アトムのテーマソングの作詞をしてるのも谷川俊太郎ですよね。
あの歌詞はいい。
『心やさし、ラララ、科学の子』ですから(^-^)

私、実家は比較的谷川さんの家の近くで、昔よく行ってた喫茶店には谷川さんも来るって、当時オーナーが言ってました。
残念ながら私は一度もその店で谷川さんに会うことはありませんでしたけど。

投稿: soukichi | 2010年10月23日 (土) 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Chiva Cafe/シヴァ カフェ | トップページ | 近所の雑貨屋さんで* »