« トチノキを探して | トップページ | 墓地の眺め »

2010年10月10日 (日)

トチノキを探して②

10tochinoki_13

狭山公園でトチノキ林を見つけた上に、帰りにスイミングのコーチに、もっと近所にも

トチノキの街路樹があることを知ってさっそく sumigon さんにメールでそう知らせると

メールには『いいなぁ。これはもう、来年拾いに行かなくちゃなりませんね。今年でもま

だ間に合うかもしれませんよー』とあって、それを読んで『う~むむむ・・・』となった私

今度は自転車飛ばしてそっちを検証しに行きました。

さて、コーチに教えてもらったとおり、件の体育館脇に行くと ・・・

うわ、ほんとだ! 立派なトチノキの木があるじゃないですか。

しかも街路樹ぜーんぶトチノキ!

10tochinoki_14

あいにく見てのとおり建物前はきれいに整備・清掃がされていて、もはやトチノミの姿

はまったくなかったのだけれど、でもよ~く植え込みの根元を見ると、ところどころに

トチノミが割れたこんな破片が落ちています。

10tochinoki_15_2

ということはやっぱりこの辺はその時期になればトチノミがぼこぼこ落ちてるっていう

わけで ・・・ 俄かに来年への期待が高まります。

来年は8月の終わり頃、台風が来て、強風が吹いた後にでも来てみよう。

大きな袋持って! 近所の人にはちょっと怪しまれるかもしれないけれど ・・・

そして、さらに私が興奮してしまったのは、鋭い人だったら最初の写真で気づかれた

かもしれないけれど、トチノキの横で、この建物の屋上まで届く巨大な木は ・・・ と思

ったら、ヒマラヤスギでした。ここの街路樹、トチノキ以外はなんと全部ヒマラヤスギだ

ったのです。しかも、ずーっと先まで! これにはびっくり!

10himarayasugi

ヒマラヤスギなんて、昭和記念公園か神代植物園にでも行かないとないだろうと思っ

ていたのに、こんな近所にあったとは。しかもこんなにたくさん。

灯台もと暗しとはまさにこのこと。

10himarayasugi_01

スギという名前を持ちながらマツ科の常緑樹であるヒマラヤスギ。

葉ももちろん松の葉っぱです。

10himarayasugi_02

そして、ヒマラヤスギといったら、なんといっても巨大な松ぼっくり!

それは地上に落下して乾燥するとパラパラと壊れて、ほんの先端だけになってしまう

のだけれど、それがまるでバラの花のように見えることから、シダーローズと言って木

の実マニアやリースを作る人たちにはとても珍重されていて、いつか私も拾いたいと

思っていたのでした。つまり、ここはトチノミとシダーローズ、両方とも拾える可能性の

ある環境である、ということ。

いやあ~、すごい発見でした。

10himarayasugi_03

sumigon さんには、「もうこれは来年、拾いに来たほうがいいんじゃないですか?」

なんて言ってしまったのだけれど、なんなら本当にいらっしゃいませんか?

ランチでもご用意してお待ちしています。

・・・ と、ネット上オファーでした wink

10himarayasugi_05

|

« トチノキを探して | トップページ | 墓地の眺め »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トチノキを探して | トップページ | 墓地の眺め »