« 小さなクレア・オースティン | トップページ | Windows »

2010年10月18日 (月)

Chiva Cafe/シヴァ カフェ

10chiva_cafe_2

世田谷で小さいながらも個性的な洋服屋さんをオープンして以来、滅多に会えなくな

ってしまった友達から、思い切って店を休むから会えないかとメールがきた。

少し前にやっぱりメールで『このところ落ち込むことがあって』と言っていたので気にな

ってはいたのだけれど、そういうことは本人が話してくれるまではあえてこちらからは

聞かないようにしているので、気になりながらもそのままになっていた。

その友達から、店を休んでまで時間を作ると言われたら会わないわけにはいかないか

ら、私も午後、時間をとって出かける。

シヴァ カフェ

先日買ったムック本、『吉祥寺カフェ』をさんざん眺めた末に私が選んだ店。

本には全部で51もの店が載っていたのだけれど、けっきょく私が本当に行ってみよう

と思った店はわずか数店だった。いつだって好きなものはそんなにはないのだ。

この店は路面にあって外光が入るから、今日みたいに晴れた日がいいのだった。

待ち合わせたパルコ前で元気そうな友達の顔を見て、シヴァ カフェに向かう。

それは五日市街道沿い、第一小学校をちょっと過ぎたあたりにあった。

通り越しに店を見ると、想像していた以上に小さくてかわいい店。

でも中に入ると、そこは天井が高くて窓の多い開放的な空間で、それほど狭さは感じ

ない。通りに面した木の机には燦々と陽射しが降り注ぎ、その前にはかわいらしい観

葉植物の鉢が並び、どこか懐かさを感じるような温もりのある空間で、私はすぐにここ

が気に入った。何より使い古したような木のテーブルの感触が落ち着く。

気のおけない友達に会うには、こんな自宅のリヴィングの延長のような落ち着く空間

が1番だと思う。

10chiva_cafe_01

10chiva_cafe_02

まずは席に着いて、いささか遅くなったランチをオーダー。

友達はぜんぜん辛くないというカレーを注文し、私がオーダーしたのは玄米ごはんプレ

ートセット。

10chiva_cafe_08

右から玄米ごはん、とろっとろの半熟オムレツ、サラダ、半月の形をしたのはネパール

の煎餅のようなものだというパパル、まんなかにあるのは豆腐とお豆のトマトスパイス

煮、小さな器に入っているのはチリソース。これをタコライスみたいに全部混ぜて食べ

るのだけれど、全体的にかなり味が薄め ・・・ と思ったら、それはこのパパルも割っ

て入れるんだったのを私が忘れたせいらしくて、が~ん ・・・ ! まあ、それは次にトラ

イ・アゲインってことで、なかなかヘルシーでおいしいご飯でした。

食事の後は、ランチについてくるチャイを飲みながらお喋り。

10chiva_cafe_03

なんたって高校時代の同級生、同じ歳の友達ともなれば話すことはいくらでもあるわ

けで。すっかりくつろいで、いつもは聞き役の私が聞かれるままに自分の近況など話

しているうちに気づけば1時間くらいはあっという間に過ぎ。そういえば、今日は何か

話したいことがあったんじゃないのと聞けば、「もういい、自分の中では終わったこと

だから」なんて言うのだ。彼女はいつもそーだ。まぁ、結局せっかく会ったので聞いた

けれど、この歳になって友達からちょっと話があるなんて言われてすぐに思い浮かぶ

のは健康問題か家庭問題で、たいていどちらもシリアスだから、そのどちらでもなくて

よかったと思う。

ただ久しぶりの友達に会って思うのは人ってつくづく不思議なもので、これまでのつき

あいからこの話はこの友達にしてもわかってもらえないだろうと思っていたことが、久し

ぶりに会ったら知らない間に友達も精神的変化を遂げていて、意外にもあっさり理解

してもらえたり、もっと理解してくれているんだろうと思っていた友達が実は半分も自分

のことをわかってくれていなかったり、ということがあって。そんなことから、『短い言葉

なんかではぜったいに要約できないことがある』と誰かも言っているように、親しい友

達でさえ日頃何気なくかわしている短いメールのやりとりなんかでは到底わかりあえ

ないことがあって、それは関係に少しずつズレのようなものまで生じさせていて、人と

人との関係において、つくづく直接会うことに勝るものは無し、と思うのです。

10chiva_cafe_06

そんなことを思っているうちに秋の日はつるべ落とし。

黄昏も近づいてきたので店を出る。

そして、シヴァ カフェ。

シヴァ カフェにはまた行くと思う。1人でも誰かとでも。

吉祥寺の駅からちょっと遠いのが私にはかえっていいし、外光が入るのもこの空間も

好き。ちょっと人に教えたくないくらい。

10chiva_cafe_05_5

そしてこのカフェから出てからの帰り道、裏道にある素敵なお宅を拝見しながら歩いて

いたら、かわいいカフェ発見! その名も『健康豆乳カフェ はらっぱ』ですって。

10harappa

なんと、このカフェの前には本当に緑の雑草のはえた原っぱがあって、町のど真ん中

(紀伊国屋の裏手)だというのに、けっこうな広さなのです。そして、このカフェの路面

側にまわったところには豆乳ドリンクと豆乳ソフトクリームのテイクアウトのコーナーも

あって、友達が「あ、はらドーナッツだ!」と言うので見れば、さらにその横にはかわい

いドーナツ屋さんが。

10hara_donuts

スウィーツ系にうとい私は知らなかったのだけれど、ここって有名なんですね。

豆乳、おから、全粒粉を使ったドーナツは見るからにヘルシーでおいしそう。

見つけるなりずんずん入って行く友達の後ろについて、私も朝ごはん用のドーナツを買

いました。晴れた日にここでドーナツを買って、お隣りで豆乳ドリンクを買って原っぱで

休憩タイム、なんていいかも。 → はらドーナツ 

実はこの後も駅へ行くまでの道の途中でいろいろ面白そうな店をみつけて、実に種々

雑多な吉祥寺の多様性、吉祥寺の今の勢いなんかを感じたのでした。

というわけで、これからも折りに触れて吉祥寺探索は続きそうです。

|

« 小さなクレア・オースティン | トップページ | Windows »

今日のおいしいもの♪」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

シヴァ・カフェ、なかなか感じがいいですね。五日市街道沿いなんですね。
しばらく吉祥寺には行っていないけれど、年内にはカメラを持って行ってみようかと
思います。路地裏などにもおもしろい店ができていたりして、楽しいんですよね。
久しぶりにアヴリルにも行こうかとも思うんですが、あそこはステキな糸がたくさんあって
ちょっと危険地帯でもあります(^.^;)

私はほとんど相談事というものをしないんですが、話の流れでそれに近くなったことは
何度かあったように思います。
が、気付けば自分なりに結論はすでに出ていて、それでよし!と確認したいだけなんだ
なぁと・・・そんな感じですかね。
だから友人などから相談事をもちかけられても、ただ聞いてほしいだけかな、なんて思い
こちらの意見はできるだけ言わないようにしています(いいたくなることもありますが)。

このところ天気が不安定で、今日は雨ですね。
写真を撮ることを考えなければ、こんな日の散歩もいいなぁと思いつつ窓の外を眺めて
います。

投稿: すみごん | 2010年10月21日 (木) 08:12

すみごんさま、
そうなの!
裏道、見たこともない新しい店がいっぱいできてて、それ見て歩くだけでも楽しかったです。そしてアヴリルも、「あ、こんなところにアヴリルがある!」と言って思わず入りました。中はかわいい糸がいっぱい!
私はあんな高い糸で編むほどの力量じゃありませんので買いませんけど(^-^)

私もいいのか悪いのかは別として自己完結型の人間なので、相談はしないなあ。
で、類は友を呼ぶなので、友達もそんな感じですね。
相談、という形でしてくるのは年下の女の子くらいかな。
でも私はいたってオープンなほうなので、常日頃から思うのは「みんなもっとオープンになればいいのに」ってことです。
自分で勝手に心に壁作って1人で背負い込んでる(気になってる)人って多いですね。
別に「HELP!」と言いたいときは言えばいいのにと思うんだけど。
みんな1人で生きてるわけじゃないんだから。

個人的には、去年初めて仕事で相談できる相手ができたときは嬉しかったです。
自分1人の頭だけで考えてるより、なんてパワフルなんだろう! って思いました。
プライベートではチームプレイって苦手なほうですけれど、仕事のプロジェクトともなると人の力って大きいなあ! と。
この歳になって今さらながら知った次第です。

雨の日の散歩。
そんなものをゆっくりできたのはいつかなあ?
心と時間にゆとりがないとできないですね。

投稿: soukichi | 2010年10月23日 (土) 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなクレア・オースティン | トップページ | Windows »