« フルムーン | トップページ | 晩夏のバラ »

2010年8月26日 (木)

梅干しくらべ

10umeboshim

先日、calligraphyさんに会ったときに、今年もちょこっとお味見用に、お互いが作った

梅干しを交換しました。上の写真はcalligraphyさんからもらったもの。

今年は小梅も漬けた彼女。左の小さな瓶は小梅ちゃんです(^-^)

さて、同じところから買った同じ梅ながら、漬けた人が違うとやっぱり見た目も何やら

違う。左が私で、右がcalligraphyさん。

10umeboshi_ms

去年は彼女の梅のほうが赤かったのに、今年は私のほうが赤い。

して、お味は?

・・・ と、ここで娘と試食してみると、娘いわく「右のほうがしょっぱくない。で、左のほう

濃厚な味でトロっとしてる」だそうです。ほー、なるほどー。

自分のだけを食べてみたときは今年の梅干しは塩っぱくないと思ったのだけれど、確

かに2つをくらべるとcalligraphyさんのほうがさらに塩っぱくない感じです。

calligraphyさんのほうが気持ち乾いていて、私のほうがしっとりしている感じ。

この違いは最後にスプレーしたアルコールのせいでしょうか・・・

でも、どちらにも言えるのは去年のような、食べた瞬間に塩っぱさを強く感じることがな

くなったところ。2人とも去年、家族に散々に言われて学習した成果ですね(^-^)

そして、小梅。

杯様の小鉢に入れたら、これまたかわゆらしい。

10koumem

calligraphyさんは赤くならなかったと言っていたけれど、色も自然だし味もちょうどいい

感じ。

・・・ というわけで、今年は2人ともおいしい梅干しができあがったようです。

来年は気を良くしてお互いに増量か???

ちなみに、calligraphyさんは「めざせ!梅干しばあちゃん!」と言っていますが、私は

まだ、それには早いだろー と思っています。

ばあちゃんはとうぶん、というかずっと、私はパスです  やなこった。

|

« フルムーン | トップページ | 晩夏のバラ »

梅雨の梅しごと」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん、こんにちは!

毎日暑い日が続きますね。
こういうときは、梅干で塩分補給ってのがいいかもしれないですね。

お盆に実家に帰って、畑の手入れをしていたら、大きな梅の木があるのを思い出しました。ということで、親に、来年の梅ができたときに送ってくれってお願いしておきました!

これで、梅を買わずに、梅干と梅酒をつけられそうです~

無農薬ですからね!

もし、いっぱい実がなったら、そうきちさんとこにも送りましょうか!
実家じゃ、今では梅酒も梅干も作る人手がいないんです。。。

投稿: qharada | 2010年8月28日 (土) 09:03

haradaさん、こんばんは!
相変わらずharadaさんはいい人だな!(^-^)
では、お言葉に甘えまして、たくさんできて余るようでしたらお願いしますm(_ _)m
でも梅って全然薬(農薬)使わないで育てるのはけっこう至難の業だって聞いてますよ。
虫食いになっちゃうし。
さらに梅干しにするには青梅じゃなくて完熟した黄梅がいいのだけれど、ますます虫食いになりやすい。
だから、もしかしたら梅干し用には難しいかもしれないですね。
娘が学校の果樹園からもらってきたのは青梅だけでした。
でも、それで梅酒も梅シロップも梅酢も作れますから。
せっかく実家に成った梅、ぜひぜひ活用してください♪

投稿: soukichi | 2010年8月29日 (日) 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルムーン | トップページ | 晩夏のバラ »