« 笹の葉と梅の本漬け | トップページ | 空前絶後の!/オルセー美術館展 »

2010年7月 9日 (金)

2番花

10jude_the_obscure

バラは、ちょっと忙しくしていて、心の余裕もないまま数日見ていなかっただけでひど

いことになってしまう。この時期は取っても取ってもアブラムシ、それ以上に性質が悪

いのが葉裏にびっしり付いた葉ダニ。あっという間にきれいだった緑の葉っぱを駄目

にしてしまう。バラの根は乾燥と吸水を繰り返すことで成長するのに、断続的に降る

雨で常に根が湿っている状態は根腐れを起こす。日が照ればうだるような暑さと湿度

は人だけじゃなくバラにも相当こたえるようで、毎年この時期に枯れるバラあり。

今年も枝の先が黄色くなり始めたものや、黒く枝枯れ病が広がり始めた株があって、

どうしたものかと考える。これだけ暑いともう肥料も吸収しないから、暗くなってからの

バイタル散布、それと雨で流れてしまった苦土石灰を土に混ぜての中耕、かな。

今日、散った花弁や枯れて落ちた葉が散乱したベランダを片づけていて、濃い黄色の

かわいらしいバラが葉の間で咲いているのを見つけた。名札を見るとジュード・ジ・オ

ブスキュア。ジュードとは思えないような花型と小さな花。

この時期、四季咲きのイングリッシュローズは日に日に花を小さくさせながら咲く。

いっそこれなら咲かせずに秋まで体力をつけさせたほうがいいかな、とも思うのだけれ

ど・・・

10english_rose_01

今日、コマツガーデンから早々に今年のローズリストが届いた。

表紙と裏表紙、最初の数ページをルドゥテのボタニカルアートで飾るという、後藤みど

りさんのこだわりを感じさせる美しいローズ・カタログ。

今年初お目見えの、ブログ『匂いのいい花束』のブノワ。さんでお馴染みの岩下さん作

出のバラに加えて、今年のイングリッシュ・ローズの新作まで。

素敵なバラがいっぱい載っていました。

Komatsu_garden_2

|

« 笹の葉と梅の本漬け | トップページ | 空前絶後の!/オルセー美術館展 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笹の葉と梅の本漬け | トップページ | 空前絶後の!/オルセー美術館展 »