« 5月の晦日 | トップページ | ようやく開花 »

2010年6月 1日 (火)

スカボロ・フェアーが咲いた。

10scarborough_fair

Are you going to Scarborough Fair ?

Parsley, sage, rosemary and thyme

Remember me to one who lives there      

For once she was a true love of mine.   


幻想的なサウンドで始まるサイモン&ガーファンクルのScarborough Fair

原曲はイギリスの古い民謡だそうだ。

それでイングリッシュローズの名前に? とも思うけれど、デヴィッド・オースチン氏の

ほんとのところの意図はわからない。


爽やかに晴れた6月初日の今朝、ルイさんからもらったスカボロ・フェアが咲いた。

大輪ぐるぐる・巻き巻きの花が多いイングリッシュローズにあって、セミダブルのシン

プルな花形。淡い香り。鮮やかな金いろの蕊。原種にもありそうなくらい素朴でかわい

らしい、フレッシュな印象の花だ。こういうバラって、鉢植えなんかにするより庭に植え

て大きく群生させて、修景バラとして扱ったほうがきれいなんじゃないかなあ。そう思っ

てちょっと調べたら、でも樹高70センチくらいにしかならないコンパクトなバラで、ポット

植えに最適、とのことだった。

しなやかに伸びた枝の先にたくさんついたつぼみ。

10scarborough_fair_01

鉢いっぱいに咲かせて足元を埋めたら、それこそスカボロ・フェアみたいな幻想的な

景色ができるかな?

思わずいつもの癖でCDを聴こうとCDラックの前に立って、アンプが無いことに気づい

た。そうだ、昨日送ってしまったんだっけ。しかたがないのでデスクトップのスピーカー

からインターFMなんか聴いている。私がCDラックの前に行った直後に息子が自分と

同じことをしていて可笑しかった。いったいどこまで親子なんだ。

10scarborough_fair_02_3

それにしても、もう6月。

梅雨までにこの髪をなんとかしないと。

それと思考も行動もちょっと巻いていかなけりゃ。

追いつかなくなるぞ。

先日、遊びにきたYちゃんが、「それにしてもバラの写真ってどうして花のアップの写真

ばかりなの?」と言っていたので、株全体の写真など・・・

10scarborough_fair_03

|

« 5月の晦日 | トップページ | ようやく開花 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

スカボロー・フェアは、高校生のとき歌っていました。
フォークバンドをやっていたんです。
懐かしいな、、。

投稿: 夢の中へ | 2010年6月 2日 (水) 18:08

スカボロ・フェアと言うんですね。
知りませんでした。

しなやかな感じのいい薔薇ですね。

そうきちさんと同じ感じかな?

と、ヨイショを言ってみる(笑)

で・・・・・・・

「どうして、薔薇の写真てアップばかりなの?」

ギクッ、ギクギクッ

反省・・・・・・・!!

投稿: 四季歩 | 2010年6月 3日 (木) 20:45

夢の中へ、さま
なんだかすっごくお久しぶりですね。
お元気でしたか?

サイモンとガーファンクル、私も懐かしいです。
先日のCecilia とか、高校の教室の机叩きながら友達と歌った。
歌詞は全部おぼえてないけど、今でも歌えます。
でもサイモンとガーファンクルって昔から懐かしかった。
何故だろう?
永遠の青春の光と影って感じかな?
あ、そんなこと書いたら今度はチューリップの『青春の光と影』思い出しちゃった(^-^)
あれもいい歌だったなあ・・・

投稿: soukichi | 2010年6月 3日 (木) 23:24

四季歩さま、
どうもです(^-^)
でも私、ヨイショされて乗るタイプじゃないの。
水瓶座のA型なもんですから smile

このバラのいいところは、そう、しなやかなところかな。
穏やかで優しい波動・・・

投稿: soukichi | 2010年6月 3日 (木) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月の晦日 | トップページ | ようやく開花 »