« スカボロ・フェアーが咲いた。 | トップページ | 夏のきざし »

2010年6月 2日 (水)

ようやく開花

10ames_de_chenonceau

去年の冬、ナーサリーから大苗で届いたこのバラを見たとき、株の大きさといい太い

枝にいっぱいついた刺といい、その強健さに思わず恐れをなしたダム・ドゥ・シュノン

ソー。今頃になってやっと小さな花芽が上がってきた超スロー・スターターのジュード・

ジ・オブスキュアとは正反対に、冬の間から四方八方にめきめき枝を伸ばし、伸ばし

た枝の先にたわわにつぼみをつけたその姿は、それこそ、これがぜんぶ咲いたらど

うなっちゃうの?! と大いに期待させられたものだけど、結果は雨と強風、何度とな

くやってくる寒の戻りの寒さで黄変して咲かないまま、ほとんど切り落とすことに。

なんとも無念な結果で、今季このバラが咲くところは見られないかと思っていたら、よ

うやく今日になって一輪咲きました。まだ、このバラ本来の咲き方としては今ひとつか

な、というところだけれど、貴重な一輪。旺盛な生育力からすると、春の1番花がダメ

でも次から次へとつぼみをつけてくれそうな予感がします。

そう、四季咲きの場合は春ちゃんと咲かなくても次があるからまだいいけれど、一季

咲きのオールドローズともなるとそうはいかない。また来年の春まで1年待たないとな

りませんから。

というわけで、こちらもやっと咲き始めた一季咲きのオールドローズ。

私の好きな、しましまストライプのお菓子みたいなバラ、ペルル・デ・パナシェ。

10perle_des_panachees_06

10perle_des_panachees_03 

Perle des Panachees 

名前のペルル・デ・パナシェとは、『まだら模様の真珠』の意、だそうです。

まさしく言い得て妙。

10perle_des_panachees_04

10perle_des_panachees_05

このバラですっかりストライプのバラが好きになった私は、もうひとつの代表的なストラ

イプのバラ、バリエガタ・ディ・ボローニャも欲しいと思ったりするのだけれど、限りある

狭いベランダに一季咲きのバラをいくつも置くのもどうかと思ったりして ・・・

10perle_des_panachees_4

つまり、そうやって延々と私のバラの日々は続くのです。

|

« スカボロ・フェアーが咲いた。 | トップページ | 夏のきざし »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカボロ・フェアーが咲いた。 | トップページ | 夏のきざし »