« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月27日 (日)

白梅酢

10umeboshi

よかった!

梅を漬けてから3日で無事に白梅酢が上がってきました。

塩をふられて重しを載せられた梅は水分が出るとともに体積が減ってきたので、先日

このガラス瓶に入り切らなかった梅もここに戻して重しを少し軽くしました。

瓶の中の梅のアップ。

10umeboshi01

ぷにぷにです(^-^)

自分で梅を漬けたりするまで、梅がこんなにかわいいものとは思わなかった。

スーパーで買ってくる梅干しは、なんの思い入れもないただの梅干しだった。

つまり、これが自分で手をかける良さだよなあ、と思う。

先日漬けた青梅も約10日にしてこのとおり。

10ume_syrup

だーいぶ、お砂糖が溶けてきました。

溶けたお砂糖のなかで青梅がシワシワになったら、青梅を取り出して鍋で少し煮詰め

ます。あともう少し!

10ume_syrup01

それでは以下、簡単に梅シロップの作り方。

(作ったのが夕方なので、電球色になってしまった写真もはさみつつ・・・ )

≪材料≫  

  青梅 1キロ  砂糖1~1.3キロ  消毒したガラス瓶

  (ちなみに私が使った砂糖はこれ! すんごくうまいの!)

10ume_syrup03

≪作り方≫

①青梅はひとつひとつ丁寧に洗い、たっぷりの水につけて2~4時間アク抜きをする。

②アク抜きした青梅を水分が残らないように拭き、丈串でおへそを丁寧に取り除く。

③青梅をジップロックに入れて一晩冷凍庫で凍らせる。

 (凍らせた梅はこんな感じです。)

10ume_syrup04

④消毒したガラス瓶に、砂糖・梅・砂糖の順番で入れ、最後は梅が砂糖から出ないよ

 うにする。(梅が砂糖から出ているとカビる。)

 (できあがりはこんな感じです。すごい砂糖の量!! )

10ume_syrup02

⑤④を冷暗所で保存し、毎日2回くらい瓶をゆすって梅と砂糖を混ぜ合わせる。

 梅シロップを作る最大のポイントはできるだけ早く砂糖を溶かすことにあるそうで、

 それに時間がかかると発酵してしまうそう。梅を凍らせたのも解凍と同時に梅のエッ

 センスを出やすくして砂糖を溶けやすくするため。私は最初に瓶をゆすったら梅が砂

 糖から出てしまったため(アルコールも塩も使っていない梅シロップは)、カビがこわ

 いので冷蔵庫の野菜室で保管しています。なので砂糖の溶け方が遅い&梅のエキ

 スが出るのが遅い。

⑥⑤の状態からすっかり砂糖が溶け、梅がシワシワになったら取り出して、梅の果汁

 を鍋に移し、弱火にかける。白いアクを丁寧にすくいとり、弱火でゆっくり煮詰める。

 アクが出なくなったら火を止め、一晩冷ましてガーゼでこし、保存ビンに入れる。

 あま~くて冷たい冷やし飴のような梅シロップのできあがり!

| | コメント (2)

2010年6月25日 (金)

暑い日のぶっかけうどん

10bukkake

うちの息子は大のパスタ好きで、1日3食パスタでもいいと言うけれど、いくら好きでも

私はそれは嫌です。日本にいてまず何がいいかって、食のバリエーションが豊かなこ

とじゃないですか? 麺類ひとつ取ったっていっぱいある。

選べるって素敵! と思います。

特に暑い時期に冷たく冷やした新蕎麦とか、しこしこ・つるつるのまっ白いうどんに冷

たいつゆをかけてスダチをぎゅっと絞って食べるときとか、あー、日本人でよかった!

と思う。

・・・ というわけで、今日のお昼はゴマだれぶっかけうどんです。

鰹だしの効いたつゆに濃厚な擂りゴマ、さらに金ゴマを入れて、刻みネギ、塩して細

切りにしたキュウリ、みょうが、おろしショウガをトッピング。

この蒸しぃ!っと暑い梅雨の時期に食べるみょうがの味は、物忘れがひどくなるどころ

か、頭がしゃきっとして目が覚めるようです。

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

今年も梅雨の梅しごと

10nankouume

WAYS SHOP さんから今度は完熟南高梅が届きました。

ハイ、今年もやります。梅干し作り。

去年発足した梅干し同好会(現在会員2名)の唯一の相棒であるcalligraphy さんの

もとへも今頃は同じように届いたことでしょう。

今年は天候不順で梅の収穫もままならなかったよう。

少ない限定数で販売された貴重な梅は、去年にくらべるとやっぱり少し見劣りするか

な。大きさにもずいぶんバラつきがあるし。

でも、去年感動した桃みたいにフルーティーな完熟黄梅の香りは去年と同じ!


さて、今年は2キロの梅。

去年作った梅干しが初心者向けの塩分濃度だったらしく、しょっぱ過ぎる! と子

には不評だったため、今年はお味噌と同じくヒマラヤ岩塩で漬けることに。塩分濃

度も去年の半分以下に減塩。

・・・ と、プリントを見ておさらいしてから作り始めたら、が~~ん!!!

去年漬けたガラス瓶にはぜんぶ入らない! bearing

・・・ そっか。そうだよね。去年の倍の梅だもんね。

と、しかたなく急きょ余ってた小ぶりのガラス瓶をアルコール消毒して移すことしばし。

実はこれ、このあいだもやったのよね。梅シロップ漬けるとき。

で、娘にお願いしてそれより大きなガラス瓶を買いに走ってもらったんでした。

最近、何かがちょっとずつうまくいかなくて疲労感を感じてる私。

自分の中で何かがズレてる感じなのです。

まぁ、早く寝ろ! ってことなんでしょうけど。

(娘はすいみんぐ不足じゃないの? って言ってますけど。たしかにそれもあり!)


う~ん・・・、これでうまくいくんでしょうか??? (白梅酢は上がってくるのか?)

ちょっと心配。

10nankouume_02_2

| | コメント (2)

2010年6月23日 (水)

雨のあさ

10alnwick_castle01

雨のあさ。

昨日までの耐えがたい蒸し暑さが嘘のように涼しい。

ベランダでバラバラと降りかかってくる雨に肩を濡らしながら風を受けていると肌寒い

くらいだ。

雨の中で色彩のコントラストが際立つ。

音の聴こえかたが一気にクリアーになる。

こんな日は人も植物もホッと息をつくようだ。

ルイさんにもらった2本目のアルンウィック・キャッスルが咲いた。

暗い雨のあさの鮮烈なピンク。

頭上では、おととい娘が作ってくれて昨日お役ご免になった照る照る坊主が2個、楽

しげに揺れていて。

10alnwick_castle02

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

まさにビューティー!Jose James / BLACKMAGIC

Jose_james_3   

私に音が還ってきた。

BOSEのアンプが壊れて、修理センターの受けつけの女性に「もし前回と同じ故障内

容で部品が必要になったとしたらもう修理できない」と言われたときには、本当にどう

しようかと思った。壊れたからといってすぐに同じようなグレードのアンプを買い替える

経済的余裕はないし、かといってもうすっかりウェストボローの音に慣れてしまって、

アンプならなんでもいいってわけじゃない。だいいち全く音のない生活なんて考えられ

ない。しかたなくYahoo!オークションを検索してみたら、私のアンプと同じものや後継

機を出品している人がいるではないか。しかも、出品者の書いたコメントをよくよく読ん

でみると、きちんと部品を交換してメンテナンスしてから出品している人がいて、「同機

種をお使いの方でピックアップ不良にお困りの方はご相談ください」とある。いざとなっ

たらこの人に問い合わせてみるしかない。それでも、とりあえず修理センターにアンプ

を送った後、楽天的な私は心のどこかで直って帰ってくるような気がしていた。先々週

の土曜日、『未修理返却』と書かれたBOSEの箱が戻ってくるまでは。

結局それからすぐに件の出品者とメールで何度かやりとりして修理品を送り、それが

やっと直って手元に戻ってきたというわけ。

私のアンプは知らない人の手によってピックアップとトレーベルトを交換され、分解清

掃にグリスアップをしてもらい、さらにディスプレイが前に傾斜していたということで分

解ついでにフロントパネルのオーバーホールまでしてもらって、前よりトレーの動きが

スムースになって見た目もピカピカになって戻ってきた。しかも3か月間の動作保証

付きで。その詳細な修理内容を見て、今ってメーカーができなくなったことを個人レベ

ル(しかも、その道の専門家ではなく1オーディオマニア)がやってしまえる時代なんだ

とつくづく実感。おそるべし(そして、ありがたき)、オーディア・マニア!

・・・ そんなわけで、修理をしていただいた方から「もういつでも送れる状態です」との

メールを受けて、ふたたび愛機ウェストボローで音が聴けるとなって、さて最初に何を

聴こうかと考えた。できれば新しい音源が聴きたい。

それで、相変わらず12カート分くらいいっぱいのAmazonに行ってチョイスしたのがこ

れ! ホセ・ジェームズのブラック・マジック。

私がこのアルバムを知ったのは、その中の1曲である『BEAUTY』がラジオでオンエア

されたとき。ちょうど朝ラジオをつけた途端に聞こえてきた曲で、まだ息子は起きてい

なかったにもかかわらず思わず音量を上げて聴いた。声の主がホセ・ジェームズであ

ることはすぐにわかったけれど、デリケートな朝の気分にふさわしいピュアな歌声で、

私はホセが変わった、と思った。

ホセ・ジェームズというとどうしてもニコラ・コンテのアルバムの中での、ダークでラグジ

ュアリーでグラマラスなイメージが強かったのだけれど、よりナチュラルに肩の力が抜

けた感じがした。すぐに曲名を調べると『BEAUTY』と出てきた。BEAUTY。

まさにビューティー。

その印象からするとアルバム最初の曲からして私の圧に弱いお耳にはちょっと厳しい

中低温がモゴモゴしたサウンドではあるのだけれど、ホセの意欲作であることには違

いないようだ。この2年の間に世界30カ国以上でパフォーマンスしたという旅の成果

とも言える。フライング・ロータス、ムーディーマン、ベンガ、ミツ・ザ・ビーツ、ベン・ウエ

ストビーチ、TKワンダーなど様々な出会いとコラボレーションから生まれた多様な曲た

ち。時にトランスチックだったり、エレクトロニック・ミュージックだったり、ソウルだったり

ポップスだったり、ラップだったり、ジャジーだったり・・・

ホセってそのVOICEだけで充分に魅力的だから、今の明るいクラブ活動なんかとは無

縁の私には少々サウンド的に凝りすぎなんじゃないかと思ったりもするけれど、これが

旬のクラブ・サウンドなのかもしれない。

ちなみにこのアルバムの中で息子が1番好きなのは『Promise in Love』だそうです。

ホセにしてはめずらしい明るいポップスのラヴソングなのだけれど、この手は必殺の

メロなのだとか。そして私が好きな『BEAUTY』はホセ自身によるものでした。

全体的には私が家で聴くにはちょっとだるいけど、でもいつか仕事帰りに仲間とカナル

カフェで食事をしているとき、素晴らしく音がきれいに聞こえたことなど思い出して超ミ

ーハーなことを言えば、ラブラブのカップルがカナルカフェのデッキテラスで夜風に吹

かれながらワインを片手に聴くにはぴったりの1枚。・・・ 幸福感にひたれます。

最後に何気なく英語のライナー・ノーツを読んでいたらホセの言葉で『このアルバムを

僕の人生を毎日マジックで満たしてくれる僕の妻とニコラに捧げます』と書いてあっ

た。素敵ですね(^-^)

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

東京は梅雨入り。

10la_france_02_2

雨の月曜日。

雨の朝にだっていいとこはある。

バラがしっとり美しく咲く。

娘が接いだラ・フランスがようやく一輪だけきれいに咲いた。

昨日、仕事に行く前に見たときは、まだ開きかけで風に煽られていた。

開花するまでにあまりにも長い時間がかかったため、もう外側の花弁が痛んで、いさ

さか乱れた花姿だったけれど、今朝見たらこんな風。

細いステムの先についた大輪の花。

モダンローズ第1号となった剣弁高芯のクラシカルな花型。ものすごくいい香り。

今季はこれ一輪だけだったけど、鉢増ししたら秋にはもっと咲いてくれるかな?

それから、これはルイさんからもらったアルンウィック・キャッスル。

ピンクにアプリコットが混じる魅力的な花いろ。

10the_alnwick_rose

そして、やっと咲いたナエマ!!!

柔らかな明るいソフトピンク、整った花型、フルーティーな香り!

完璧なフレンチローズ。

10nahema

外に出れば、ミストのような雨を浴びて深呼吸しているような6月の緑が美しい。

樹木にとっては連日過酷な太陽に灼かれる真夏の前の、ひとときのオアシス。

東京は今日、梅雨に入ったそうだ。

雨の日にも感謝、晴れた日にも感謝。

雨にも感謝、お陽さまにも感謝。

| | コメント (2)

2010年6月12日 (土)

青梅

10aoume

プールから帰ってきたら今年もWAYSさんから届いてました。

中本さんの無農薬の青梅。

去年作った梅酒もそろそろ熟成されていい味になる頃。

梅酒はガラス瓶に2つぶん、たっぷりあるから、今年はこれで梅シロップを作る予定。

冷たくて甘い梅シロップは、冷やし飴みたいなんだそう。

『冷やし飴』って響き、どこかレトロで懐かしく、サウダージじゃないですか?

夏のおばあちゃんちの縁側を思い出す。

・・・ 楽しみです。

写真は洗った青梅を水に漬けてアクを抜いているところ。

午後の光を浴びて気持ちよさげに水に沈んでる青梅は、まるでさっきまでプールに

浮かんでた私たちのよう。

| | コメント (0)

2010年6月11日 (金)

玄米粥を食す。

10genmaigayu_01

ともすると飽食傾向になってしまう現代人の私たち。

40過ぎたらもう食事は腹8分目のほうが良いそうなのだけれど、気づくと我が家は朝

食を抜かしたらいつでもお腹いっぱい食べてるような気がします。

で、たまーにお腹の調子がイマイチなときなんかには、お粥とかうどんを作る。

昨日お昼に初めて作った玄米粥があんまりおいしかったものだから、今日のお昼も作

ることにする。昨日のトッピングはおかか昆布にショウガとみょうがの千切りに小葱。

あっさり食べようと思っていたのに、うっかり鶏のから揚げなんか付けてしまい。

今日は炒ったゴマと玄米を炊く。

できあがりは昨日より水分少なめ。これまたおいしい。

10genmaigayu

今日はこれにはんぺんのバター焼きにほうれん草の胡麻和えとヘルシー。

お昼なんてこんなんで充分じゃないですか? 

と思うのだけれど、まいにち玄米粥でもいい! という下の女の子と違って息子は何

やら不満そうなのだ。でも近々もう1回はやる。

だって、玄米を洗わずにフライパンで炒って少し焦がしてから炊く、というのをどうして

もやってみたいのよ。めちゃめちゃうまそうじゃないですか?

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

またまたピクルスを作る。

10pickles01

わりかし凝り性なもんで、何かを作り始めるとしばらくは作り続ける癖があるみたいで

す、私。

たとえば、編み物や縫いもの(滅多にやらないけど)なんかは、似たようなものを最低

3つは作る。料理なんかは味が決まるまで短いインターバルで作り続ける。で、家族

には(特に息子には)嫌がられる。でも、そんなことはいたって気にしない。だってここ

は私が主なのよ、いったい誰に気兼ねがいりましょう?

○○スーパーに行ったらカリフラワーが安かったから、大きくて新鮮なパプリカが1個

98円だったから、と言っては作るのだ。


先日作ったピクルスは、参考にしたレシピの酢と砂糖の分量が多いのが気になったの

だけれど、できあがったのは案の定スウィート・ピクルスだった。

それでも充分に買ったの並みにはおいしかったけれど、できればもっと酸っぱくなくて

甘くないのがいい。そうだ、アミノ酸系の味が欲しい!

・・・ ということで参考にした別のレシピ。

今度のはなかなかだったので、ここにレシピを載せておきます。

****************************************************************

≪材料≫

 カリフラワー 1個  赤パプリカ 1個  黄パプリカ1個  きゅうり3本

 かぶ 3個

 (野菜はほかにお好みでセロリとかレンコンとかアスパラとかプチトマトとか適宜)

 ガラス瓶やホーローなどの酸に強く、密閉できる保存容器。

≪漬け汁≫

 りんご酢 1カップ半  白ワイン1カップ半  水 1カップ半

 白だし 大さじ4  はちみつ 大さじ4  塩(私はヒマラヤ岩塩) 小さじ1

 粒コショウ 10~20個くらい  ローリエ 3~4枚  お好みで鷹の爪 2本

≪作り方≫

 ①野菜は洗ってよく水をきり、カリフラワーは小分けに、パプリカは細切り、きゅうりは

  縦半分に切って4~5センチの長さにして、お皿に載せておく。

 ②鍋に漬け汁の材料をぜんぶ入れて火にかける。

 ③沸騰してきたら固い野菜から順に鍋に入れてゆでていく。

   カリフラワーは約1分、その他の野菜は30秒くらい。(ゆですぎないこと。)

 ④ゆであがった野菜から順番に保存容器に入れてゆく。

 ⑤野菜をぜんぶ保存容器に移し終えたら最後にゆで汁を香辛料ごと保存容器に流

  し入れる。(これで大体、900ミリリットルのガラス瓶2つぶんくらい。)

 ⑥⑤の粗熱がとれたら蓋をして冷蔵庫で冷やす。

  できあがり!

10pickles02

一晩寝かした翌日から食べられ、3週間くらいは保存がきくそうです。

ただし、頻繁に蓋をあけて中身を取り出す場合は菜箸も熱湯消毒するか、すぐに完食

してしまうのがよさそう。

簡単に作り置きできて、メニューにちょっと野菜が足りないときやサッパリ系を加えた

い時、これからの暑い季節をクエン酸サイクルで乗り切るには重宝しそうなピクルス。

お試しあれ!    

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

ピクルスを作る

10pickles

暑くなってきたので久しぶりにかっらいチキンカレーが食べたくなって、それにはちょこ

っと酸っぱいピクルスなんかもあるといいなぁ、と思って、お昼を作ったついでにピクル

スを作る。ちょうど酵母用に消毒したビンが冷蔵庫にいっぱい入ってることだし。

漬けた野菜はカリフラワーにパプリカにキュウリ。

りんご酢をメインに、ボンゴレ用に買った白ワインと、はちみつも入れて。

いつか友人の同級生がやっているという百人町の洒落た小料理屋で食べた、奥さん

お手製のピクルスがすごくおいしかったことなんかを思い出しつつ。

いつものごとくレシピはいい加減で、これがおいしいかどうかはまだわからないので、

今日はレシピは載せません。

| | コメント (0)

やわらかな白のポテンシャル

10madame_figaro_2

この透明感のある白とふわふわ感がなんともいえず好み! のバラ。

マダム・フィガロ。

それから、これはおいしそうなバニラ・アイス。

10rosemarie_05

ヘリテイジの白バージョン。

ローズマリー。

白って何にも変え難い色だと思う。

10rosemarie_04

| | コメント (4)

2010年6月 3日 (木)

夏のきざし

10vongole_rosso_01

陽射しが熱くなってきました。

外に出るとアスファルトの地面が放熱してる。

ゆらゆらと風にそよぐ木の枝が緑のカーテンみたい。

空は晴れてどこまでも青い!

いい感じだな。いい感じです。

いっそこのまま梅雨なんか飛び越して、ひとっ飛びに夏になればいいのに、と思う。

こころなし目の前の高い木々もトロピカルに見えて、私はこれがヤシの木だったらっ

て想像する。


彼に惹かれているのはどんなとこなんだろうと歩きながら考えていて、イルカみたい

にきれいなフォームで泳ぐとこや、こども好きそうなところ、小さなこどもに向けられた

優しいまなざしや、シャイな笑顔なんかかな、と思う。

でも、それくらいにしておこう。

ただ惹かれているだけのことなら何の罪もないから。

彼はとてつもなく(クラクラ目眩がしてしまうくらい)年下でもあることだし。

(「ほんとにそれだけでいいんですか?」というJ君の声が聞こえそうだけど。)


今日のランチは大粒のいいアサリをみつけたのでボンゴレ・ロッソ!

|

2010年6月 2日 (水)

ようやく開花

10ames_de_chenonceau

去年の冬、ナーサリーから大苗で届いたこのバラを見たとき、株の大きさといい太い

枝にいっぱいついた刺といい、その強健さに思わず恐れをなしたダム・ドゥ・シュノン

ソー。今頃になってやっと小さな花芽が上がってきた超スロー・スターターのジュード・

ジ・オブスキュアとは正反対に、冬の間から四方八方にめきめき枝を伸ばし、伸ばし

た枝の先にたわわにつぼみをつけたその姿は、それこそ、これがぜんぶ咲いたらど

うなっちゃうの?! と大いに期待させられたものだけど、結果は雨と強風、何度とな

くやってくる寒の戻りの寒さで黄変して咲かないまま、ほとんど切り落とすことに。

なんとも無念な結果で、今季このバラが咲くところは見られないかと思っていたら、よ

うやく今日になって一輪咲きました。まだ、このバラ本来の咲き方としては今ひとつか

な、というところだけれど、貴重な一輪。旺盛な生育力からすると、春の1番花がダメ

でも次から次へとつぼみをつけてくれそうな予感がします。

そう、四季咲きの場合は春ちゃんと咲かなくても次があるからまだいいけれど、一季

咲きのオールドローズともなるとそうはいかない。また来年の春まで1年待たないとな

りませんから。

というわけで、こちらもやっと咲き始めた一季咲きのオールドローズ。

私の好きな、しましまストライプのお菓子みたいなバラ、ペルル・デ・パナシェ。

10perle_des_panachees_06

10perle_des_panachees_03 

Perle des Panachees 

名前のペルル・デ・パナシェとは、『まだら模様の真珠』の意、だそうです。

まさしく言い得て妙。

10perle_des_panachees_04

10perle_des_panachees_05

このバラですっかりストライプのバラが好きになった私は、もうひとつの代表的なストラ

イプのバラ、バリエガタ・ディ・ボローニャも欲しいと思ったりするのだけれど、限りある

狭いベランダに一季咲きのバラをいくつも置くのもどうかと思ったりして ・・・

10perle_des_panachees_4

つまり、そうやって延々と私のバラの日々は続くのです。

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

スカボロ・フェアーが咲いた。

10scarborough_fair

Are you going to Scarborough Fair ?

Parsley, sage, rosemary and thyme

Remember me to one who lives there      

For once she was a true love of mine.   


幻想的なサウンドで始まるサイモン&ガーファンクルのScarborough Fair

原曲はイギリスの古い民謡だそうだ。

それでイングリッシュローズの名前に? とも思うけれど、デヴィッド・オースチン氏の

ほんとのところの意図はわからない。


爽やかに晴れた6月初日の今朝、ルイさんからもらったスカボロ・フェアが咲いた。

大輪ぐるぐる・巻き巻きの花が多いイングリッシュローズにあって、セミダブルのシン

プルな花形。淡い香り。鮮やかな金いろの蕊。原種にもありそうなくらい素朴でかわい

らしい、フレッシュな印象の花だ。こういうバラって、鉢植えなんかにするより庭に植え

て大きく群生させて、修景バラとして扱ったほうがきれいなんじゃないかなあ。そう思っ

てちょっと調べたら、でも樹高70センチくらいにしかならないコンパクトなバラで、ポット

植えに最適、とのことだった。

しなやかに伸びた枝の先にたくさんついたつぼみ。

10scarborough_fair_01

鉢いっぱいに咲かせて足元を埋めたら、それこそスカボロ・フェアみたいな幻想的な

景色ができるかな?

思わずいつもの癖でCDを聴こうとCDラックの前に立って、アンプが無いことに気づい

た。そうだ、昨日送ってしまったんだっけ。しかたがないのでデスクトップのスピーカー

からインターFMなんか聴いている。私がCDラックの前に行った直後に息子が自分と

同じことをしていて可笑しかった。いったいどこまで親子なんだ。

10scarborough_fair_02_3

それにしても、もう6月。

梅雨までにこの髪をなんとかしないと。

それと思考も行動もちょっと巻いていかなけりゃ。

追いつかなくなるぞ。

先日、遊びにきたYちゃんが、「それにしてもバラの写真ってどうして花のアップの写真

ばかりなの?」と言っていたので、株全体の写真など・・・

10scarborough_fair_03

| | コメント (4)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »