« いとしのセシリア | トップページ | バラの異変 »

2010年5月21日 (金)

ジェーン・オースティンの香り

10a

5月のバラの期間は、とにかく朝起きたら顔にUVクリームを塗ってラフィアの帽子を

かぶってベランダに出る。毎朝、何かしら新しいバラが咲いているから。

私のバラは冬に植え替えるたびにうっかりどこかにやってしまってネームタグが付い

てないものが多い。それでも花が咲いたら何かわかるから別にかまわないと無精に

も思っているのだけれど、好きほうだい枝を伸ばして変な樹形のバラがいると思って

いたら、花が咲いたらジェーン・オースティンだった。

このバラが変な樹形になってしまうのには訳があって、冬場に剪定するときに枝を見

ると、内芽・外芽どころかつるっとした枝にはどこにも芽が無くて、どこで剪定したらい

いかわからないからだ。それで適当なところで切ってしまうと、伸びてきた枝は細くて

よくしなう枝なので、ますます恰好がつかなくなるわけ。

でも、このバラの色と香りは素晴らしい!

私がイングリッシュローズで最も好きな香りのバラは、このジェーン・オースティンとイ

ヴリンかもしれない。どちらも甲乙つけがたい。なんともいえないティーの香り。

つぼみのときから優雅さを感じるバラ。

10a_01

下は先日、外出から帰ってきたら咲いていたイヴリン。

ジェーン・オースティンとは血族だけあって、この2つのバラはとてもよく似ている。

10evryn_2

そして今朝咲いていたもうひとつのバラはローズマリー。

こちらはヘリテイジの色変わりだけあって、白というほかは全て、その優しい雰囲気ま

でヘリテイジにそっくり。

10rosemarie

そして低く、足もとにたわむように咲いていたシャンタル・メリュー。

完璧な花型。

10chantal_merieux_02

|

« いとしのセシリア | トップページ | バラの異変 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

どれも みんな素晴らしい、綺麗ですね。
それにしても凄い量のバラですね。

投稿: jose | 2010年5月24日 (月) 20:32

そうきちさん、こんばんは!

僕はこのジェーンオースティンは育てたことがないですけど、エブリンの香ならわかります!あの薔薇の香はすごく美味しそうな香ですよね。
僕も大好きですよ。

今は手元にないので、また育ててみたいバラの一つです!

投稿: q-harada | 2010年5月25日 (火) 21:03

joseさん、
お久しぶりです。
お元気でしたか?
今年も国際バラとガーデニングショーの設営には行かれたんでしょうか?
ちなみにMちゃん、引っ越しちゃったの。
なんとマイホームを手に入れて。
それで今年は庭に力を入れたいからガーデニングショーにも行きたいと言っていたのだけれど、結局(引っ越してから)なんの連絡もないので行けず終いでした。

私はもうこれを10数年やってるのですっかりこれが普通になってしまったのだけれど、たしかにふつうの人から見たらすごいバラの量でしょうね。
なんたって『バラきち』って言われてたくらいですから(^-^;
地植えにしたら小さな庭ならいっぱいになるくらいあるんじゃないかと思います。
そうできないのがなんとも残念ですけれど。

投稿: soukichi | 2010年5月30日 (日) 18:17

harada さん、やっほう!
イヴリン、いいですよね。
私も大好き!
うちのは古いので、もう一株あってもいいくらい。
香りでは私はやっぱりこのふたつかな。

でも、そろそろうちのベランダはバラのピークを過ぎました。
バラは咲き始めると本当にあっという間だし、それに5月はお天気のいい日のほうが少なくて、例年にくらべるとパッとしなかったような気がします。残念。

梅雨はあっという間に過ぎて早く夏が来てほしい!
と思うのは私だけかなあ・・・

投稿: soukichi | 2010年5月30日 (日) 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いとしのセシリア | トップページ | バラの異変 »