« フェアリー・ピンク | トップページ | スカボロ・フェアーが咲いた。 »

2010年5月31日 (月)

5月の晦日

10spirit_of_freedom_02

5月も今日で終わり。

毎月、月末になると『陰陽師』の中で真葛が言った「晦日じゃ」という言葉を思い出し、

月末までに家賃を払わないと翌朝必ずドアのポストに「おついたちですよ!」と書かれ

た大家の手紙が入っていると言った、昔の女上司の言葉を思い出す。

私の頭のなかっていつもそんな風だ。断片のフラッシュ。それに意味があってもなくて

も。去年の夏あたりから飲み水はブルー・ソーラー・ウォーターだけだから、頭の中は

いたってシンプルなのだけれど。


元気だったスタンダードロースが一瞬にして枯れ始め、新しいコンピュータをやっとセ

ットしアップし終えてホッとしたと思ったら、今度はBOSEのアンプが壊れた。厳重に梱

包して早々に修理センターに電話すれば、製造からすでに8年以上が過ぎた機種で

あるため、もし部品交換が必要な修理であればできない、と言う。

生涯の音 “WestBorough”』がコンセプトだっていうならもうちょっとフォローしてくれて

もいいのに、と思うけれど「8年というのはあくまで行政が決めた規格範囲内なので」

と受付の女性はどこまでもスクエア。それでも故障したものをそのまま持っていてもし

かたないので、とりあえず直ることを祈るしかないですね、と言って送ることにする。

やれやれ! それにしてもまいったな。

明日から音楽なしでどうすりゃいいっていうんだ。

・・・ つくづく、日常は小さなトラブルで満ちている、と思う。

といって、ネガティブになっているつもりはさらさらなくて、些細な人の温かさにウルウ

ルしているときだってあるのだから、日常は小さなトラブルと小さな救い(しあわせ)で

満ちている、と言ったほうが正確なのかもしれない。

10jayne_austin_02_2

晦日なので、朝おきてすぐごはんも食べずにベランダの鉢の配置替えと掃除をする。

博愛、平等主義の水瓶座としては家にある全てのバラに平等にお陽さまの光を当て

てあげたいところだけれど、私の狭いベランダではそうもいかないから、こまめに配置

変えして、なるたけ小さなバラにも陽が当たるように細心する。

5月も終わりになって私のベランダはすっかり落ち着いた。

でも、この時期になっても花が咲くどころか花芽さえついてないバラもあるし、枝がしな

だれるほどたくさんの蕾をつけながらまともに咲くことなく終わったバラもずいぶんある

から、この春の日不安定な天候がもたらしたダメージはそれなりに大きかったのだろ

うと思う。例年にくらべても今年の春バラは今ひとつ、といったところ。

上の写真のスピリット・オブ・フリーダムもきれいに咲かなかったバラのひとつ。

・・・ というわけで、ここから下は私の個人的なバラ覚書にして記事にあらず、です。

10stcecilia_04

●去年の植え替え時に使ったアイリスオーヤマのバラ用のゴールデン粒状培養土

 は既成のバラ用の土にありがちなピートモス主体の軽い土じゃなくてそれなりに重

 さのある粒状の土なので根が落ち着き、水はけがよくとてもよかった。鉢底に炭を

 入れたことと肥料を控えめにしたことがよかったのか、今年は雨が多かったにもか

 かわらずウドンコがほとんど出ない。バイタル×ニーム液の効果か低気温のせいか

 2年続けてアブラムシは少なめ。ただ花が開き始めてからやや肥料切れした感あり

 なので、蕾がついたあたりで即効性のある液体肥料を使うのがいいかもしれない。

●今季まだ咲いていないバラ

 コンスタンス・スプライ、ジュード・ジ・オブスキュア、アルンウィックキャッスル、ジャッ

 ク・カルチェ、ナエマ、マダム・フィガロ、ソニア・リキエル、ペルル・ド・ジャルダン、

 ラ・フランス。

●たくさん蕾をつけながらきれいに咲かなかったバラ

 ダム・ドゥ・シュノンソー、オルソラ・スピノーラ、クレア・オースティン、フェリシア。

●今季不調だったバラ

 グラミス・キャッスル、イヴリン、ジェーン・オースティン、ドュセス・ドゥ・ブラバン、

 ライラックローズ、ミニチュアのいくつか。

●冬剪定のときに思い切った仕立て直しが必要なバラ

 ドュセス・ドゥ・ブラバン

 一本松状態に伸びた枝の先がたくさん枝分かれして、まるでスタンダードローズの

 よう。これだと枝が細すぎて花が小さく弱く、ちゃんと咲くに至らない。一か八かで

 ゲンコツ剪定なみの思い切った剪定をしてみるのも手かもしれない。

|

« フェアリー・ピンク | トップページ | スカボロ・フェアーが咲いた。 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

すごいなあ!

ほんとに、たくさんの薔薇をお持ちですね。
そしてたっぷりの愛情、敬服です。

ありがとう、と思わず言ってしまいます。

ほんとに、今年の気候は薔薇さんたちには可哀そうでしたね。

で、音楽なしのそうきちさん。

可哀そう過ぎではないですか。

いつも音楽で、パワーを取り込んでる感じなので、
ちと心配です。

投稿: 四季歩 | 2010年6月 3日 (木) 20:52

四季歩さま、
・・・ そうなんですよ。
困ったなあ。
聴けないとなるとよけい聴きたくなったりしてね。
しかたがないのでキッチンで自分で歌ったり、口笛吹いたりしてます。
修理依頼伝票にはこのBOSEのアンプがどれだけ大事か、直ってくれないと困るか書いたんです。
心ある職人気質のエンジニアが直してくれることを祈ります。

バラはときどき人にあげたりして減るんだけど、またもらったりして、いつの間にか元通りです。
でももはやバラと共存してる感じなので・・・

投稿: soukichi | 2010年6月 3日 (木) 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェアリー・ピンク | トップページ | スカボロ・フェアーが咲いた。 »