« ジェーン・オースティンの香り | トップページ | 本日のスペシャル♪ »

2010年5月22日 (土)

バラの異変

10izabella_03

実はこの3日、頭を離れないショックなことがある。

3日前には生き生きとして大きなつぼみをたくさんつけていたスタンダードローズ(そう

株元から台木のノイバラが元気よく繁ってしまった例のバラです)が、一気に萎れてし

まったのだ。

天気だった3日前、今にも次々開きそうな大きなつぼみを見ていて、やっぱりこのまま

だとノイバラに栄養を取られてつぼみがきれいに開かないかもしれないと思い、株元

からノイバラをぜんぶ切り取ったのでした。

でも、どうやらそれがいけなかったらしい。

ノイバラを切り取った翌朝にはつぼみが全部しなだれ始め、次いで葉っぱが萎れ始め

ついには枝までシワシワになってきました。鉢をと見れば、3日前は1日中晴れて気

温が高かったにもかかわらず、まったく乾いてない。つまり、まったく水分を吸い上げ

ていないのです。

この状況で考えられることは、もしかしたらノイバラがスタンダードローズの給水ポンプ

の役割をしていたんじゃないかということ。それを一気に切ってしまったものだから、い

きなり水を吸い上げなくなった。

少なくとも切るタイミングがまずかったんだろうなあ、と思うのです。

切るんであればもっと芽が小さいときだったら問題なかったろうし、それを逸してしまっ

たのなら、少なくとも花が終わるまでは待つべきだったのか、と。

・・・ まいりました。十数年バラをやっていて、こんなこと初めて。

いつも、ただ『バラは難しい』と言う人には、バラは人が想像しているよりずっと強いと

いうことを言い続けている私であって、実際本当にそうではあるのだけれど、でもたま

に何が原因かわからないまま突然あっさり枯れてしまうこともあるわけで。それはバラ

に限ったことではないだろうけど、生きものの難しさだなぁ、と思います。

こうなるともう今さら即効性のある液体肥料をやったところで吸収もしないだろうから、

せめてと思いつつバイオゴールドのバイタル液を根元に撒き、全体にも散布する。

それでも日に日に枝がシワシワに萎れてゆくのを見ていると、このまま枯死するかもし

れないなあ、と思う。まいりました。

それにしても、たった3日でこんなになってしまうとは!

10izabella

10izabella_04

|

« ジェーン・オースティンの香り | トップページ | 本日のスペシャル♪ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

心配ですね。鉢ごとどぶんとバケツの水に漬けておいてもダメでしょうか?
もう遅いかな・・・

投稿: 美也子 | 2010年5月31日 (月) 08:06

おお、美也子さま♪
なんだか体調悪そうで、しばらくブログお休みされてたみたいだけれど、もう良くなりましたか?
私、禁煙がそんなにツライものだとは知らなかった。
私が一緒に仕事をしているドクターは耳鼻咽喉科がご専門で、クリニックで禁煙指導もしているので、私も何か書くべきかなぁ~と思いつつ見てました。
もし何かアドバイスが必要であれば言ってくださいね!

それで、ご心配どうもありがとう♪
でも、多分それやると根腐れするだけだと思います。
今でもじゅうぶん土は湿っているので。
いま、バラはバイタル散布した状態で上の部分だけ蒸散しないようにビニールかけてあります。
単なる気休めかもしれないけれど。

投稿: soukichi | 2010年6月 2日 (水) 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェーン・オースティンの香り | トップページ | 本日のスペシャル♪ »