« 世間は『母の日』らしいけど | トップページ | ルイーズ・オディエ開花 »

2010年5月11日 (火)

バラのつぼみがほどけるように

10duchess_de_brabant02

いつかもこのタイトルで書いたことがあったっけかな、と思う。

私はこの表現が好きです。

バラのつぼみがほどけるように


 誰かの頑なな心がほどけたら

 こんぐらがった人生の糸がほどけたら

 病の根源が四散したら

 そして、愛の謎が解けたら


どんなにいいでしょう。

雨のあさ、私のベランダは太陽の在り処に向かって顔をあげる

バラのつぼみでいっぱいです。

*************************************************************

いちばん上の写真はコロンとした蕾のドュセス・ドゥ・ブラバン。

これは、つぼみからしてなんともいえない気品を感じさせるフローレンス・ディラットレ。

10florence_delattre

ミニバラながら濃厚な香りを持つスウィート・チャリオット。

こんな房咲きの枝が四方にたくさん広がっています。

10sweet_chariot

そして、これは去年買ったスタンダードのイングリッシュローズ。

10_3   

|

« 世間は『母の日』らしいけど | トップページ | ルイーズ・オディエ開花 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん、こんばんは!
どの薔薇も、今にも開きそうな感じがいいですね~
しかも、葉がすごく綺麗ですね!

この季節、週末の昼間に庭でのんびり過ごすのが楽しみになんですよね。
まだ、うちの庭は完成していないですけど、家にいるときのほとんどの時間を庭で過ごしている状態です。

投稿: q-harada | 2010年5月14日 (金) 20:39

harada さん、こんばんは!

>どの薔薇も、今にも開きそうな感じがいいですね~
>しかも、葉がすごく綺麗ですね!

どうもありがとう!
バイタル散布でずいぶん良くなったけれど、それでも無残な葉を付けたバラもあるし、
新芽を全てやられてブラインド状態でこの時期に全然つぼみをつけてないバラもあるし,いろいろです。
それにこのたった2日で元気でいっぱい蕾を付けていたバラが一気に駄目になるというとてもショックなことがあって、10年以上やっててもバラはまだまだわからないことがあるなーと思っているところです。

haradaさん、良い趣味だとは思うんだけどさ、ルイさんとか私くらいの年の人間にはちょっと渋すぎるんじゃないの、と思えるわけです。
だってharadaさん、独身貴族だしね wink

投稿: soukichi | 2010年5月22日 (土) 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世間は『母の日』らしいけど | トップページ | ルイーズ・オディエ開花 »