« 曇り空に似合う | トップページ | 今年の枝垂れ桜 »

2010年4月 8日 (木)

さくら舞い散る午後の

10chidorigafushi01   

春はそうじゃなくてもなんだか落ち着かないのに、桜も咲いて、こうも目まぐるしく天気

が変わりやすいと、ますます落ち着かない。今日は久しぶりにきらきらの天気が戻っ

てきた。朝からこんなに晴れるのは、東京ではなんと9日ぶりのことだそうだ。桜の時

期はいつも晴れても白っぽい空が多いのに、今日は輝くばかりの青空!

・・・ となったら、1日中コンピュータの前に座ってばかりもいられない。午後遅く、用事

を見つけてちょろっと家を出た。目指す駅を降りて階段を上がって外に出ると、そこに

はすでにたくさんの人の列。湖面を見降ろして「うわぁ~、きれい~!」という女の人の

声。開けた視界の先には花吹雪の舞い散る景色。

まにあった。たぶん、この景色はこれが見納め。

湖面にはすでに大量の桜の花びらが落ちて、明日は同じものは見られない。

さくら舞い散る午後の千鳥ヶ淵。

10chidorigafushi02

今日は陽の当たるところを歩いているぶんには暖かいけれど、ちょっと日陰に入ると

風が冷たく、湖面はずいぶん寒かろうと思うのに、ボートを漕ぐ人がたくさんいて。

デート中のカップルばかりじゃなくて、1人だったり、はたまた男同士だったり。

10chidorigafushi03

10chidorigafushi04

10chidorigafushi05 

10chidorigafushi07_2

そして、本日1番お気に入りの1枚。

10chidorigafushi

制服姿でボートに乗る女子高生の姿も。

10chidorigafushi09

千鳥ヶ渕全景。

10chidorigafushi08

千鳥ヶ淵を一巡した後、九段下から早稲田通りの坂を下って飯田橋に出る。

と、ここでも斜陽に照らされながらボートに乗る人が。右手に見えるのはカナルカフェ

のデッキ。この時期、東京はどこに行っても桜だらけ。前に聞いたことがあるけれど、

東京は世界でも類を見ない、最も緑の多い都市なのだそうだ。美しい都市だと思う。

東京都心にいると季節の移ろいを感じられないなんて言う人、私には信じられない。

10iidabashi

そしてラストはおまけ。

I、この景色、懐かしくないですか?

私たちが花の(??)女子高生だった頃、見ていた景色です(^-^)

10sekimachi03

10sekimachi01

あれから、なんて月日が過ぎたんでしょう。

|

« 曇り空に似合う | トップページ | 今年の枝垂れ桜 »

'2010KIYORA・SAKURA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曇り空に似合う | トップページ | 今年の枝垂れ桜 »