« '2010立春 | トップページ | ケーキ三昧の日 »

2010年2月 6日 (土)

夢の内・外

Narutokintoki

見慣れた近所の道を歩いていて、ふと前から来る人がSに似ているなあ、でもあの人

はもう東京にいないんだからSなわけない、と思うのだけれど、近くまで来たらやっぱ

りSなのだった。

それで驚いて、でも思わず何やらにこにこしながら「どうしたの?」と聞くと、「チビ(だ

かなんだか名前は忘れてしまったけど)が飼えなくなったので」と、相変わらずぼそっ

という。チビっていうのはたぶん猫で、自分が飼えなくなったので私に飼ってもらえな

いかと家まで行ってみたものの、私が留守なのでしかたなく帰るとこだったらしい。

とわかるのだけれど、といってSが猫を連れてる風でもないので、猫はどこにいるの

か聞けば、知り合いのところに預けてきた、という。なら、ともかくその猫を見に行こう

ということになってどこかの店の厨房のようなところに行くと、そこで働いている子か

若い女の子が「かーわいいー♪」と言って猫を抱いている。(実際には抱いているとい

うより、ふたつの手でつかんでいる。)

その手もとを見れば、そこにいるのはまだ生まれてそれほどたってない子猫で、私は

その頼りなくもふにゃふにゃした生きものを眺めながら、私にこれが飼えるのか? と

思うのだ。でも、Sがわざわざ自分に頼みにきた以上、他人には預けられない。

子猫を飼うのに必要なのは何だったっけ? ・・・・・・ と考えているうちに目が覚めた。

それが今朝の夢。

おかげで目覚ましが鳴ってから2時間オーバーでやっと起きれた。

滅多に夢に出てくることなんかないのに、よりにもよって人の誕生日の前日に夢に出

てくるとは。何かいいたいことがあるのなら、夢になんか出てこないではっきりいいな

さい、と思いながら急いで朝食の支度を始める。

でも、夢の中でSは(昔みたいに)穏やかで優しい目をしていた。身なりもちゃんとして

いて、それなりにお洒落な格好をしていた。前に会ったときより少しは太ったのか、前

より健康そうに見えた。ということは、現実もそうなのだろうか?

そうだといいけれど。と思って、いったい私はどこまで(いつまで)心配性なんだ! と

思う。新しく買った炊飯器はご飯を炊く以外にもいろいろなことができるみたいなのだ

けれど、まだ炊き込みご飯と玄米ギャバ増量しかやったことがなくて、今日は初めて

なると金時を蒸かしてみた。それがとってもおいしくできたのに気をよくして、今は別

のコースに行ってしまったけれど、かつて同じクラスで泳いでいた私と誕生日が一緒

のおばあちゃんにも持っていこうと、ふたたび炊飯器にお芋を投入。出がけに、でき

たてのお芋をラッピングして、こころばかりのプレゼントとともに持って出た。


外へ出ると今日も厳しい寒さで、自転車置き場にはまたもやうっすら雪が積もり、分

厚く霜が降りている。おまけに今日は激しい強風で、向かい風にニット帽を飛ばされ

そうになりながら重い自転車をこいでスイミングクラブに向かった。

いったいぜんたい、日常的にスポーツをしない人にとったら何を好んでこんな真冬の

寒いときにプールに行くんだろうと思うだろう。でも、そんな風に一瞬つらく感じるのも

行きだけで、泳いだ帰りは、たとえ雪のなか濡れた髪で自転車をこいでいたって全然

平気なのだ。

泳いだ後フロントで「体操クラスのHさんは今日は来てますか?」と聞くと、「奥のガラ

ス張りの部屋でやってますので、見に行っていいですよ」といわれる。

そういわれて初めてジムの中に入っていくと、ちょうどガラス張りの部屋から大きなバ

ランスボールを抱えたHさんが出てくるのが見えて手を振った。

「明日、誕生日でしょう? プレゼント持ってきたよ」というと、「あーら、私は明日と思っ

てたのに」という。そんなのいいよといって小さな包みを渡し、「これも。出がけに蒸か

してきたの、なると金時。おいしいよ! できたて」と差し出せば、まだ包みは温かい。

Hさんは目を細めて本当に嬉しそうににこにこしながら、「ありがとう。嬉しい。これも」

といってお芋の包みを受けとった。そして、「あたし、明日で後期高齢者よ」というから

後期高齢者っていくつ、と聞けば「75!」とすぐに答えが返ってくるのだけれど、彼女

はとても75には見えない。だって私の母は67でとうに亡くなってしまったのに、こんな

真冬でも毎日のようにジムに通って身体を動かし、日曜日にはゆっくりだけれど1キロ

は泳ぐという人が75とは、私にはとても思えないのだ。どうやったって自分がその年

になって彼女と同じことができようとは思えないし、だいいち私は75まで生きられると

も、生きたいとも思ってないから。それにお茶の先生でもあるHさんにはどことなく粋

筋の風情があって、まだほのかに色気さえ感じられる。

そんなことを話していて、「それで、あなたはいくつになるの」と聞くので正直に答えれ

ば、「えーっ! そんな年なの、信じられない!」と大声で言うから、ジムのコーチに笑

われてしまった。そんな若い女の子となんら変わらないような賑やかなお喋りをしてす

っかりしあわせな気持ちになり、また手を振って別れた。このつぎ会うとき、彼女はお

いしい和菓子を持ってきてくれるのだそうだ。なんたってお茶の先生だから。

私はふだんこういういうことを思ったり言ったりするほうじゃないけれど、どうやら彼女

とは誕生日が一緒というだけじゃなくて前世でつながりがあったみたいだな、と思う。

じゃなかったら、このまるで身内みたいな馴染み方は説明がつかないもの。

あの後、運動をしてお腹が空いたHさんはロビーのテーブルで包みを開いただろう。

あったかいなると金時。ヒマラヤ岩塩をかけて。

|

« '2010立春 | トップページ | ケーキ三昧の日 »

ある日のこと」カテゴリの記事

コメント

ということは、今日がお誕生日!
おめでとうございます。
幾つになりました?なんてことは聞きますまい。
ぶん殴られるに決まっているから(笑)

それにしても、水泳ですか。
それは若々しく保てること間違いありませんね。
いいなあ。
私はテニスやってるけど、かなりお腹が
出てしまっている(泣)
まずいのです(笑)

投稿: 四季歩 | 2010年2月 7日 (日) 20:21

おめでとうございます。

しかし寒い日が続きますね・・・・
奥多摩の山の中に仕事で行くときは
鼻水と涙が出ます。

投稿: ルイ | 2010年2月 8日 (月) 22:15

 誕生日おめでとう!!
来年は・・・・むふふ。わたしもですから~。
 私はよく夢を見ます。しかも結構当たる。
いい夢、悪い夢断片的にしか覚えてなかったりするけど
気になる時は本屋で夢判断を立ち読みします。
私の場合は富士山は凄くいい夢。初夢じゃなくてもいいことあります。
 最近見て気になってる夢があって、調べてみたらかなりいい夢なんだけど
本当かな?と思ってます。
 夢日記でも付けようかな~なんて思ってたら、
あなたが夢のことをかいてたので驚きました。
 私はとうとう夢判断の本買ってしまいましたよ。

 水泳は続いてますね~。私も走ってますよ。
あんまりダイエット効果はないけど・・・
大会が終わったら、ゆっくり長く走るようにしようと思ってます。
 食べ物も気をつけないとね~。
お芋美味しそうだな~

投稿: angelseed | 2010年2月 9日 (火) 13:08

四季穂さま、

どうもありがとうございます。
そして。
その通り!
「ふん。女性に年齢聞くなんて、なんて無粋な男なの!」パーンチ!
終了、です。

幼少の頃から今まで実年齢に見られたことがほとんどないので、ふだんはそれほど年齢のことは考えないんですが、しかし、さすがに言いたくない年になってきました。ふー

そして、四季穂さんは誤解してらっしゃるみたいだけれど、水泳やってても太ってる人は多いですよ。
水泳は浮力が必要なのでそこそこ脂肪がついてたほうがいいくらいだし、太ってるくらいの人のほうが身体の力が抜けた泳ぎをします。(よく浮くからでしょうね。)
それに冬は温水プールといっても水が冷たいので、脂肪がつきやすい。
(冬に脂がのってる寒ブリしかり!)
むしろテニスプレイヤーのほうが筋肉質なんじゃないかなあ。
お腹は毎日、腹筋と背筋やれば、すぐにそれなりにへこみますよ。
腹筋と背筋が鍛えられれば腰痛に悩まされることも減ると思うし。
私はテニスコートのフロントで働いてたこともあるのでこれは断言できるんですけれど、
テニスプレイヤーは間違いなく男も女も若いです!!(^-^)
ただアウトドアコートの場合1年中紫外線を浴びているので、肌には良くない。
屋内プールも天井がガラス張りなので毎日泳いでる人は冬でもどこに行ってきたの?ってくらい日焼けしてますけど、基本的に肌はきれいな人が多いですね。
でもなんたって、スポーツやってる人はやらない人にくらべて格段に若いです!
お互いにがんばりませう♪

投稿: soukichi | 2010年2月10日 (水) 23:59

ルイさん、どうもありがとう!
奥多摩・・・ですか。それは寒そう
そんなときはヒートテックにプレミアムダウンに靴下の二重履きですよ!
私も今年はヒートテックにダウンが活躍してます♪

投稿: soukichi | 2010年2月11日 (木) 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« '2010立春 | トップページ | ケーキ三昧の日 »