« 鏡開き | トップページ | 主婦と生活 »

2010年1月12日 (火)

'20010お聴き初め@SOMETIME♪

10okikizomesometime

一緒に行くはずだった(気紛れな)息子にドタキャンされて、駄目もとでメールを送った

友達から、めずらしく「行けます!」と即答がきてラッキーな日♪

今年のお聴き初めが竹内直さんとはめでたい!

思えば直さんのライブに行くのはなんと9ヵ月ぶり。信じられない。

毎月1度は行こうと思ってたのに ・・・

『いい音楽聴いてりゃ病気にならない』が私の持論なのに、これじゃいけませんね。

さて、今夜のメンバーです。

昨日サムタイムのブッキングで調べたときにはたしかベースが井上陽介さんだったと

思ったんだけど、高瀬裕さんになってます。

10okikizomesometime01

コートを脱いで、予約していたいつものステージ真後ろのカウンター席に着くと、すで

に2人はリラックス・モード。それもそのはず、店に来るまでの道すがら「日本の年末

年始なんて主婦にはちっともお休みじゃない!!」なんて言いながら来たんだもの。

たまにはこんな息抜きもなきゃね。と、まずは Happy New Year!の乾杯。

今夜の直さんはロゴの入った黄色のTシャツに巻き物ぐるぐるのスタイルでした。

右横はベースの高瀬さんです。

10okikizomesometime02

ファーストステージは、ルイーザ、HOME、Like A Someone In Love、A Time For

Love、そしてラストはオリジナルの39、の5曲。

直さんオリジナルのHOMEは聴くたびにまさしく『またここに帰ってきたぜー♪』という

気持ちになれる曲。直さんの真骨頂ともいうべき、もはやライブの定番的曲です。

3曲め4曲めは清水翠ちゃんでお馴染みのナンバーで、特に A Time For Love は

この日最初の一音でハートをズギュンと射抜かれた瞬間でした(^-^)

けれどけれど、この日最もよかったのがセカンドステージでやったピアソラのオビリヴ

ィオン(Oblivion 忘却)という曲! 高瀬さんの暗くて重い印象的なソロで始まり、メロ

はもう超メロメロメロドラマなんだけど、それだけに直さんの男っぽいブローが際立っ

てサイコーでした。また聴きたい。友人のMちゃんいわく「直さんのあの聴こえない音

がいい。ずっと聴いていたい」だそうです。直さん本人に訊いたところによるとそんな

音が出せるのも、30年以上連れ添ってすっかり自分の癖が染みついたサックスが

あるからだそうで、仮りに同じものを買ったところでそんな音にはならないのだとか。

そして今夜、特に39、コールド・ダックにおいて強烈だったのは江藤良人さんのドラ

ム!! もう火を吹きそうなほど熱かったですね。この人のドラムを聴いて毎度思う

のは、どうしてこんなに思いきり叩いて音を出しているのを目の前で聴いていてもちっ

ともウルサクないのか(耳がおかしくならないのか)ということ。ほんと不思議です。

息子に言わせると「たぶん、空気を孕んでいるからじゃないか」ってことなんだけど。

たしかに手首がすごくやわらかそうで、どんなに激しく叩いてもスティックの軌跡が見

えるようなんですよね。いつも江藤さんがソロを叩き始めると釘づけになってしまう私

たち。いいドラムです。今夜の江藤さんもロックでした。虎年の幕開けにふさわしい、

熱をもらいました。

10okikizomesometime03

昨日は成人の日で祝日ということで、いつものごとく終電の早い私は後ろ髪引かれつ

つセカンドで帰ることにしたのだけれど、終始たのしそうに弾いていた高瀬さん、去年

は突発性難聴になって耳が聞こえなくなり、音感が狂ってずいぶん苦しんだ清水絵理

子さんも、なんだかすっかり華奢になってしまったものの相変わらず男前なピアノは健

在で、もうすっかり回復されたようで、よかった

10okikizomesometime04

暑いくらいだったライブハウスを出ると東京は久々の真冬モードで凍えるようだったの

だけれど、そんな寒さをもろともせずに2人駅前で元気に手を振って別れたのでした。

Mちゃん、また行こう! See you soon !!

|

« 鏡開き | トップページ | 主婦と生活 »

no music,no life!」カテゴリの記事

コメント

すこぐ楽しそうなライブの様子を読んでいて、
こっちも幸せな気持になりました。
絶対ライブはいいですよね。
音を肌で感じられるから。
演奏者の熱気が伝わってくるものね。

いまは、事情があって、私だけ外出して楽しむの
気が引けて、自粛しているので、
こんなふうに楽しめているそうきちさんが
すごくうらやましいですね。

幸せのおすそ分け、ありがとう。

投稿: 四季歩 | 2010年1月17日 (日) 11:33

四季穂さま、
そうですか。
家庭にはその時期ごとにいろいろなことがありますものね。
私だって今みたいにライブに行けるようになったのはたかだかここ数年のことです。
私が再びライブに行き始めたのは2000年を過ぎた頃からだけど、その頃は年に2、3回行けるかどうかというところ。
息子が音楽(JAZZ)をやることになって、息子の課外授業と思って行き始めたのがここ3年のことです。

いま四季穂さんが抱えておられる状況がいつになったら解決されるのかわからないけれど、またきっと行けるときがきますよ。
それをほんとに望む心があれば。
そのときは心ゆくまで享受してください♪

投稿: soukichi | 2010年1月19日 (火) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鏡開き | トップページ | 主婦と生活 »