« ecoな風呂敷* | トップページ | 娘が接いだバラ »

2010年1月22日 (金)

そうだ、クドウに行こう!

Cake

昨日、表参道で仕事の打ち合わせを終えて外に出ると、外はすっかり暗かった。

それに夕方から天気は徐々に下り坂という予報通り、昼間の暖かさはどこへやら、一

気に風が冷たくなっている。スパイラルビルの前でみんなと別れて、自分もまっすぐ家

に帰ろうと地下鉄の駅に降りようとしたとき、ふいにクドウのことが頭に閃いた。

去年のいつだったかやっぱり外苑前でミーティングを終えて帰る途中、246を歩いて

いてたまたまクドウを見つけて、ああ、ここに移転したんだと思ったのだった。

ちょっと不便なとこになっちゃったな、と思ったきり、移転してからは行ってなかった。

そうだ、クドウに行こう!

こんなときでもなけりゃ滅多にわざわざ行ったりできないもの。

踵を返して、冷たい強風に髪もコートの裾も舞い上げられながら246を外苑方向に歩

く。表参道の交差点を渡って、それほど先でもなかったと思っていたのになかなか見

えてこない。うっかり見過ごして歩いてきちゃったかな、と振り返りながらさらに歩いて

いたら憶えのあるクドウ独特の匂いがしてきて、あった! と思った。

場所こそ変われど相変わらずのたたずまい。

もう6時過ぎとあってガラス越しに見えるショーケースのお皿の上にはほとんど何も残

ってなかったけれど、私のお目当てのケーキはちょうど3つ残っているではないか。

ラッキー♪

もう何度かこのブログにも登場しているけれど、私にとっての元祖ロールケーキ。

 ショコラ ↑ 

ちょっとビターなココアの重めのスポンジに、このうえなく新鮮な生クリーム。

なんの飾り気もないシンプルなケーキだけれど、いつ食べてもおいしいと思う絶妙な組

み合わせ。

そして、昨日はこんなのをみつけた♪

Cake_01

木曜限定スペシャル(?)の210円のケーキ!

その姿はまるで枯葉の上に初雪がうっすら降ったかのよう。

210円のケーキなんて、近所の不二家にだってありません。

青山なんていうハイエンドな街で洋菓子屋をやっていて、いまや500円以上のケーキ

も当たり前の時代にこの価格、信じられません。

希少なジャージー乳を使ったというフルーツロールケーキもフルサイズで1400円とい

う手頃さ。高品質な素材を使いながら、すごく良心的な仕事をしているのがクドウさん

なんだなあと思う。店構えもケーキも全然媚びたところがなく今の世の中では地味なく

らいだけれど、長年変わらぬその味はまさに老舗の風格。

もちろん、うちの子供も絶賛の味です。

私は大の珈琲党なので珈琲に合うケーキはたまに欲しいけれど、実はそれほどすご

く甘党というわけではなくて、出先でこんな風にケーキを買うのはもっぱら子供のため

だったりする。先日、久しぶりに会ったMちゃんがTVで見聞きした最新の脳医学によ

ると、女性の脳には母親にならないと分泌されないホルモンがあるのだそうだ。

たしかに。そんなものがあってもおかしくなかろうと思う。

うちには甘いものさえ食べていればしあわせっていう女の子がいて、私の甘露はむ

しろ、その子がそういう顔をしているのを見ていることなのです。

寒風に煽られながらケーキ屋まで歩いたことも、ラッシュアワーの電車でケーキが潰さ

れないように神経をつかったことも報われるひととき。

|

« ecoな風呂敷* | トップページ | 娘が接いだバラ »

しあわせの力♡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ecoな風呂敷* | トップページ | 娘が接いだバラ »