« 蜜入りリンゴ | トップページ | White Birthday??? »

2010年1月31日 (日)

のらぼうとカリフラワー

10yasai

金曜日の夕方、学校から帰ってきた娘が久しぶりに学校の校章の入った白いビニー

ル袋を持ってキッチンにやってきた。

いつも娘の白いビニール袋を見るとパブロフの犬のように条件反射で期待してしまう

私なれど、この日袋から出てきたのはカリフラワーと菜っ葉!

「カリフラワーかあ。カリフラワー、あんまり好きじゃないんだよなぁ」と思わず正直に

言ったら、「だと思ったから、もっと大きいのもあったけど、小さいのにしてきた」と娘。

さらに、カリフラワーで何作ろうかなあ? と言っていたら「クリームシチューは?」と聞

くので、思いきり「やだ!」と言ってしまいました。何やら年々駄目になってます。こっ

てりクリーム系の食べ物。食べるのも作るのも嫌。特にクリームシチューにおけるカリ

フラワーは舌に残るザラザラがもう駄目。(ちなみにこれは母の大好物でした。子ども

の私にとってはまるで罰みたいな食べもの。)

それから「こっちの葉っぱは何?」と聞くと、え~と、と考えてから「のらぼう!」と言う。

「のらぼう、何それ」「えー、のらぼう知らないの? のらぼうだよ!」「知らない。ノラ・

ジョーンズなら知ってるけど」みたいな会話をして(ちなみにのらぼうは菜花の一種だ

そうです)、さ~て、どうしたもんかと考えました。

もともと娘は物を無駄にしないエコな人ですが、こと学校からもらってきた野菜をうっか

りでも駄目にしてしまったりすると機嫌が悪くなるのです。たいして好きじゃない野菜

でも完食しなきゃならない。でも、こんなときこそ便利なのがインターネット!

ちょっと検索すると出てきました出てきました、いろいろなレシピが ・・・

というわけで、題して『休日の玄米菜食ランチ』!

10genmaisaisyoku_01

のらぼうはホウレンソウの胡麻和えと全く同じ要領で胡麻和えに。

癖がなく、しゃきしゃきしていておいしかったです。(というか、私は胡麻和えにすれば

なんでもおいしい。)

問題はカリフラワーだけど、どこにあるかわかりますか?

そう! 一見、鶏の唐揚げみたいに見える真ん中のお皿がカリフラワーです。

これ、予想以上においしかったですね。『カリフラワーのかりかり揚げ

以下、レシピです。

*****************************************************************

 <材料> 

 カリフラワー 1個

 (衣) たまご 1個  醤油 大さじ1 オイスターソース 小さじ1.5

     片栗粉 大さじ5 (衣がドロドロすぎるようなら適宜水を入れて調整)

 <作り方>

 ①衣の材料をあわせて、よく混ぜておく。(ドロ~っとした状態が好ましい)

 ②洗って食べやすい大きさに切ったカリフラワーに衣をつけて、160℃くらいの油

   で揚げる。

*****************************************************************

たったこれだけ。超カンタン! でもっておいしい。子どもにもとっても好評でした。

このレシピを書いた方はお好みでソースやケチャップ、めんつゆなどをつけてもおい

しいとあったのだけれど、私たちにはそれはありえなくて、塩が1番でした。

我が家で塩と言ったらこれ! → ヒマラヤ岩塩ブレンドソルト

というわけで無事に完食したのだけれど、写真でもわかる通り和食って地味ですね。

地味な割に意外と時間がかかる。ご飯を炊いている間に、きんぴらごぼう、のらぼう

の胡麻和え、ジャガイモとワカメのお味噌汁、カリフラワーのかりかり揚げ、とたった

4品作るのに、出汁をちゃんととったり、たまたますりゴマがなかったのでゴマを炒っ

て擂ったりしてたら、けっこう時間がかかりました。(ちなみに、この日のご飯は白米

に見えるけど、発芽玄米ご飯です。)

そして、カリフラワーのかりかり揚げは、きっとカリフラワーが好きじゃない人でも食べ

られる。ビールのおつまみにも合いそう! でも、私は自分で買ってまでは作らないだ

ろうなあ・・・

そんな私が唯一カリフラワーで作ってみたいものがあって、それはピクルスです。

いつか友人に連れて行ってもらった百人町のお洒落な小料理屋で食べたそこのピク

ルスがとてもおいしくて、あれは常備食としてはいいなあ、と思う。(同様にお豆腐のチ

ーズも!) うまく作れたらまたレシピをアップしようと思います♪

|

« 蜜入りリンゴ | トップページ | White Birthday??? »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蜜入りリンゴ | トップページ | White Birthday??? »